【対談4】早稲田文理対談 山田×横尾 | 東進ハイスクール千葉校|千葉県

2017年 11月 17日 【対談4】早稲田文理対談 山田×横尾

 

■お二人はそういえば二人とも県立千葉高校出身でしたね

横尾:そうですね。

山田:今思えば県千葉って大学受験より人生全体のための勉強って感じだったね。

横:大学受験のその先のより深い知の創造みたいな。

山:言われた。だから大学受験は放任主義って感じだね。大学受験のこと先生に聞いてもあんまり教えてくれなかったし。

横:だから受験科目以外にもいろんな教科やるしね。

山:でもそれが県千葉の生徒の自由を重んじる感じだよね。

横:自由って言っていいのかな?

山:でも先生も集会でいってたじゃん、「自由ってのは一番怖いんですよ」って。

横:そうだよね~自分で考えて律していかないといけないから。

山:あとうちらって私立組だけど渋幕って結構国公立が多いんだって。

横:へ~

山:やっぱ県千葉は私立多い。私の友達ほぼ私立だもん。

横:確かに国公立行けみたいなこと言われないよね。推してるのは東大くらいだよ。ほぼほぼ指定なし!みたいな。

山:うん。それはよかったよね。自分で悩んで決めた志望に関してとやかく言われるの嫌じゃん。

横:それどころか受験に関する話されないもんね。自主的に友達と話すか、予備校かみたいな。

山:受験期突入してもあんま学校変わらなかったしね。いつも通りって感じで。それは私はよかったな。変に緊張しなくて。

横:しなかった!センターの出願用紙の回収を先生が忘れかける程度だもんね。

山:そうなんだ!こわい()

 

■お二人は高校時代部活をしていましたが今はどんな活動をしていますか?

横:私は下駄でダンスする下駄っぱーずってサークルにはいってます。

山:私はサークル入ってないからあんまり喋れないかも。

横:ノンサー(ノンサークル)ですか!放課後とか何やってるの?

山:基本的に平日東進(バイト)、週2は午後開けといて、友達と遊ぶか溜まった課題宿題を片付けてた。私溜まっちゃうから。だからサークル入ってなくてもそんな暇ではないよ。玲奈はやばいでしょ。

横:やばいけど実はサークル月金しかないし練習も3時間だけなんだよ。

山:したら高校の時のバスケ部の方が大変なの?

横:んーまあそうかもしれないけど、高校の方が早く帰ってこれたっていうのがある。移動時間が長い!あの頃は自転車で10分だったからね…

山:たしかに立地で時間とられる問題はある。自主練して長引いても9時には終わってたのに。

横:10時には確実に家にいたのにサークル終わり10時で帰宅が日付超えたりして。でも課題が終わらなくて更に夜更かししたりして。でも次の日1限だから6時起きで。

山:うわ、きつい、寝てないじゃん。

横:もう電車で寝る術を身に着けたよ。降りる駅で起きられるし、立ったまま寝れる。

山:業を身に着けてる()私寝過ごしちゃうわ。じゃあ高校の部活の方が大変なのかも。

横:でも大学にも部活はあるよね。

山:大学の部活は本気だよね。ホントに大変。毎日なんだろうし。

横:厳しさがサークルとか同好会とは全然違うからやめる人も多いみたい。うちら(下駄っぱーず)は部活じゃないから、サークルを頑張りたい人も他に頑張りたい事がある人も楽しめるよ。その辺、大学の部活とサークルの違いかな。

山:部活に入れる思いがね。早稲田実業とかもいるじゃん。本当にスポーツで来てる人もいるから。野球部はいつも学ランきてるし。

横:え、見たことない

山:野球部は大学ではいつも学ランだよ。

横:え?!しらない!

山:でもそうかも。スポーツで入った人って理系じゃなくてほぼ文学だから文系キャンパスにいるのかも。

横:あーそうなのかも。私普通に難しくて授業ついていけない。

山:経営だったら今この時期楽単(楽に単位が取れること)がたくさんあって。

横:楽単?!りこキャン(理工学部キャンパス)にそんな文化はない。いーなー。

山:でもそんな楽単とってたらなんのために大学入ったの?って話だからね。

横:なるほどね。

山:そっちは暇じゃなさそうだよね。

横:意外と暇がないわけではないよ。

山:そうなの?

横:全然サークルの自主練行ってるし、帰りに友達とご飯食べに行きもするよ。立地的に池袋・新宿が近いから寄って帰ることができてる。あとは大学に入っても頭いい人が勝つね。

山:どういうこと?

横:皆は課題の問題が大学受験してないから分からないんだけど、私は大学受験したからすぐ分かってすぐ帰れるみたいな。

山:みんな受験してないの?!

横:うん。私の周りの女子は皆推薦で入った人しかいないの。

山:マジで!

横:マジで。だから大学受験つらかったけどそれが今活きてるって実感してる。

山:努力したことは自分に残るんだね

横:ホント理工学部は学力第一だから助かってる。出席レポートダメでもテストで百点取ればOKみたいな授業が多い。

山:文系もそういうとこあるかも。先生によってはテストの評価が一番重要なところがあるよ。

横:授業を取る前に調べるのが大切だね。

■早稲田は文系と理系でキャンパスが違いますが他にどんなところが違いますか?

横:キラキラ度かなあ。りこキャン(理工学部キャンパス)はノーメイクで行けるけど文キャン(文学部キャンパス)はノーメイクじゃ無理だな()

山:ふふっ()りこキャンノーメイクでいけるの?びっくりなんだけど

横:結構ノーメイク多い。文キャン行くと女子度高めたいって思う。

山:文キャンはねー、メイクばっちりだから。飯田橋あたりでメイクしてないことに気づいたらギリギリになろうがトイレに駆け込んでメイクする()

横:ノーメイクで行けるけど私はいつもメイクしてますから。私も学校のトイレでメイクしたりはする。 

山:あとキラキラ度っていえばショッカーズっていう男子チア部があるんだけどガチだから見た目すっごいキラキラで統一してて。

横:そうなの?!

山:金髪が決まりみたいな。

横:金髪にしなきゃなの?!

山:まあ一時期ね。そういう人が文キャンにいるからキラキラ度は高まるよね。

横:えーショッカーズさんたちが同じキャンパスとか憧れだわ。

山:めっちゃイケメン。この間授業中でほぼ誰もキャンパスで歩いていなかったの。その時私ちょっと早めに学校来てて。誰も歩いてないキャンパスに一人だけみたいな。で、その時ショッカーズがちょうど文キャンのカフェから大勢出てきて一人で歩いてたから「あの子なんだろ」ってめっちゃ見られてやばかった。写真撮影とかもしだして、危うく背景に映り込みそうだったからもう駆け抜けた()

横:やば!!いいな!あとはなにかな…やっぱり授業数かな。

山:そうね。全然違う。

横:この前文系の人の時間割みてびっくりした。うちら全休なんて幻。

山:木曜全休です()

横:授業が少ないってことは課題も少ないじゃん。それほんとうらやましい。

山:わたし期末テスト期間それらしい勉強しなきゃいけないとかなかった。授業数が違うことでテストの数もテストに対する対策の取り方も違うから多分生活が違う。

横:違う。最終的にはやれることの量の問題。どれだけ要領よくやれるか。

山:だよね。高校のテストとか赤点平均点とかあったもんね。大学は60点未満は単位取れないし。

横:うん。ちゃんと授業聞いてノートとってレポート出してれば問題はないレベルのテストも多い。でもほんとにきついのもあって。

山:どんなの?

横:テストにノートの持ち込みが許されてる授業なんだけど、なんか授業でも扱ってないような数式を解かされた。解答用紙を自分で請求していく方式でちゃんと全部解いたら3枚くらい必要なんだけど、2枚目にたどり着いた人はほぼいなかった。

山:え~

横:私は頑張って2枚目にたどり着いたから評価Aもらえたんだけど皆1枚目が埋まってなくて…みたいな

そうなんだ…全然違う…テストあんまり緊張しないもん…

横:マジでか………

そろそろお時間です。同じ大学でも全く違うんですね。

お二人ともお忙しい中ありがとうございました。

ありがとうございました

ありがとうございました