【高卒生対象】高卒本科生合格体験記 その2 | 東進ハイスクール千葉校|千葉県

校舎からのお知らせ

2017年 2月 20日 【高卒生対象】高卒本科生合格体験記 その2

【東進千葉校 高卒本科生の合格体験記】

昨年、東進の千葉校で高卒本科生として勉強し、志望校合格を果たした生徒の皆さんに体験記を書いてもらいました。どのような勉強をし、東進で過ごし、合格していったか。今年の生徒の様子も受験が終了次第、順次体験記をご紹介していきたいと思います。

 

【第2弾】2015年度在籍  東金高校卒 立教大学現代心理学部合格 

①東進の授業、高速マスター、確認テストなど役立ったこと

英語の高速マスターをセンター直前に復習として一気にやったりすると、単語の感覚を取り戻せるしすごく短い時間で確認できるから便利だった。また世界史とか知識を定着させるためには問題を解くしか覚えられなかったため、担任の先生にさんざん言われて確認テストを全てSS合格にすうのは役にたった。それをやってやっと世界史の感覚がつかめてきたと実感した。

 

②東進の担任・担任助手のアドバイス、面談で印所に残ったこと、役立ったこと

担任助手の人にはとてもお世話になった。私が志望していた大学に通っている人がその中にいて、過去問の傾向から単語がとても重要になることや、長文の読み方、やっといたいい問題集など受験のことをあまり知らなかった私にたくさん教えてくれた。また、勉強だけではなく悩みを聞いてくれたり、教養の楽しさを教えてくれたり、自分の長所を教えてもらうことで自分もこうなりたいとすごく感じた。私が浪人して身につけたことは、勉強面だけではなくそういった部分でも成長できた。

 

③講座の中でオススメの講座

林先生の「センター試験対策現代文」は、どうしてその答えになるのかしっかり根拠を説明してくれるから納得できる。

荒巻先生の「スタンダード世界史」は、ただ受験用の宇行をするのではなく、教養としての世界史を教えてくれる。たとえ話がとても上手で、世界史の流れや出来事を皮膚感覚に近い感じで理解することができた。

 

④東進で参加したイベントで印象に残ったこと

夏期合宿は、ものすごい合宿スケジュールの中で自分の限界を見てみると、普段いかに自分に言い訳をしてやってきたかみえた。周りの人の勉強の仕方、グループでの作戦会議を通して、難関志望の生徒はここまでやるのか!というものすごく参考になったり、刺激になった。一生の経験として参加してよかった。

 

⑤最後に一言

受験が終わって後悔していることもたくさんあるが、すぐには身につかなくても経験として地頭が育つから無駄に思えることも大切にしていくことを感じた。本番までに納得いくようにやっていないと自信にならないし、決めたことはどうにかしてしっかりやるべきだったけど、最後までやれたことは自信になったと思う。大学では、みんなが言っているからそれを目指すのではなく、自分の得意なもの、楽しいと思えるものを突き詰めていって、人に貢献できるようになりたい。

 

勉強法をいろいろと試行錯誤したり、担任助手の先輩に勉強法を相談したりとうまく周りの助けを借りながら進めてきました。ただ点をとるためだけの勉強しかしないのではなく、その後の大学での勉強にも繋がるような勉強というのは、良い勉強の仕方だったと思います。他の志望校など合格者がどのようなスケジュールを辿ったか、校舎にて閲覧頂けます。

今年度の受験生もいよいよ大詰め!1年間高卒本科コースで勉強した生徒の様子も、随時更新していきます!

浪人 浪人生 高卒 高卒生

受付は2月6日~3月31日まで。

この春に決意を固め、一緒に頑張って参りましょう。

高卒生 本科コースの詳しい内容はコチラ

******************************

下のバナーより資料請求・お問合せができます。

または校舎に直接お問い合わせください。(0120-104-564)

↓↓校舎の様子はコチラから↓↓

*学び、将来について考えてみよう*

*200以上ある講座からえらべます*

*大学入試について、ご説明します*

****