インプットの次は…? 齋藤 | 東進ハイスクール千葉校|千葉県

ブログ

2017年 6月 20日 インプットの次は…? 齋藤

こんにちは!!!

齋藤です!

椿担任助手、

ふわふわとか、おだやかとか、

嬉しいこと言ってくれますね!

期待に応えられるように頑張りたいですね笑

近況報告をしますと、

齋藤は先日誕生日を迎え、

無事19歳になりました

いわゆる

ラストティーンというやつですね(イェイ)

10代最後の1年として、

また、20歳への準備の1年として、

悔いのない年にできるよう邁進していきます(^^)

さて、本題に入りましょう!

受験生の皆さん!

いま、耳にタコができるくらい

言われていることがありますよね?

そうです!

7月末受講修了です!

「何で7月末なの?」

きちんと理由を理解している人も

もしかしたら、イマイチ理解できていない人も

いるのではないでしょうか?

なぜ、7月に受講を修了させるのか?

受講はインプットの段階です

では、インプットの次に行うことは…

過去問演習です!!

ということで、

僕のおすすめ東進千葉校活用法は、

「過去問演習講座」です!!

夏休み真っ最中の8月は

主にセンター演習に時間を割くことになります

演習の前に基礎は完璧にしておきたいですよね!

だから、7月末までに

基礎である受講を修了させる必要があるんです!

このロジックには全米も納得ですね

過去問演習講座に話を戻しましょう

今回はセンター過去問に照準を当てたいと思います

センター過去問演習講座では、

センター本番×10年分と、

東進模試(年6回)×10年分を解くことができます!

合わせてなんと、センター70年分です!

センター試験の前身である

大学共通第1次学力試験が始まったのが約40年前の1979年なので

これだけの量を演習できるのは、東進の過去問演習講座だけなんです

東進生なら、これをフルに活用しない手はもちろんないですよね?

しかも、この講座、大問ごとに解くことができるんです!

今週末の日曜日には、センター試験本番レベル模試があります

模試受験によって、自分の現在の苦手な大問が確実にわかりますね

その大問を繰り返しこなせば、効率よく成績を伸ばすことができるんです

国公立志望、私立志望を問わず、

センター試験は多くの受験生にとって

入試の初陣となることが多いです

過去問演習講座で繰り返し演習して

センター試験で結果を残し、

スタートダッシュがきれれば

その後の試験を制することもできますよね!

インプット(受講)の次はアウトプット(過去問演習)

徹底していきましょう!

さて、明日のブロガーは…?

同じ大学、同じ学部、そして、

同じ千葉校の担任助手!

なにかと共通点の多い、山田担任助手です!

明日から新テーマが始まります!

乞うご期待!

 

*******************

高3生向けに1講座を無料招待!

高1,2生向けに最大4講座を無料招待!

高速マスターでライバルに差をつけよう!

下のバナーより資料請求・お問合せができます。

または校舎に直接お問い合わせください。(0120-104-564)

↓↓校舎の様子はコチラから↓↓

*学び、将来について考えてみよう*

*200以上ある講座からえらべます*

*大学入試について、ご説明します*

過去の記事