フライングはない! 今井 | 東進ハイスクール千葉校|千葉県

ブログ

2017年 10月 30日 フライングはない! 今井

こんにちは!今井です。

最近、日中と夜の寒暖差が激しくて服装に困っています。

これから冬が本格化してくると思うので、皆さん体調管理をしっかりとしましょう!

 

さて、今日から新テーマです!

学校では4月が学年の切り替わり時期ですね。

しかし、東進では12月が新学年への進級となっています。

つまり学校より早く進級することになります。

それはなぜでしょうか?

その理由は、周りの受験生よりも早く受験を意識してほしいからです。

受験勉強にフライングはありません。

元水泳部なので競泳のレースで例えると、

競泳のレースは合図の前に飛び込んでスタートしてしまうと失格になります。

しかし、大学受験は早い人では高校入学と同時にスタートしている人もいます。

フライングがないということは、スタートが遅れれば遅れるほど条件は不利になってきます。

 

よく勉強では「量と質が大事だ!」と言われることが多いです。

単純な話、量=時間です。

時間は残念ながら全人類平等なので後から巻き戻して挽回はできません。

また、「質」というのは「量」を積む、つまり試行錯誤を重ねることで上がっていくものです。

時間は巻き戻せないということは、量を確保するためには早くスタートするしかないのです!

 

私自身は高2の2月終わりに東進に入学し、受験勉強を始めました。

きっかけは1月のセンター試験同日体験受験でした。

当時ほとんど勉強してこなかった私は、まったく太刀打ちできませんでした。

「ちょうど1年後にはこの試験を受験しているんだ・・・」ととても焦ったのを鮮明に覚えています。

そこからは周りの早くからスタートしていたライバルに追いつき追い越すために相当勉強しました。

結果としては無事第一志望に合格することができましたが、

もっと早くやっておけば良かったなあと今でも後悔が残っています。

 

受験勉強はゴールは全員同じですが、スタート・ルートは万人違います。

そして合格への近道というものはありません。地道に努力を続けていくことが必要です。

 

今現在、東進に入学しているけれどイマイチ頑張れていないなと思う人は、

是非この進級を機会に改めて

「自分がなぜ勉強しているのか」

「自分は残りの高校生活どうやって過ごしていくのか」

について真剣に考えてほしと思います。

そして、進級前にやり残したこと(受講・高速マスター・修了判定テストなどなど)

必ずやりきって進級しましょう!

そんな皆さんを千葉校スタッフは全力で応援します!

 

明日のブログは

学年2つ違いですが、実は東進歴はほぼ同じ?

我が母校、市立千葉の後輩!小林真冬香担任助手です!

 

 

****************

 

下のバナーより資料請求・お問合せができます。

または校舎に直接お問い合わせください。(0120-104-564)

↓↓校舎の様子はコチラから↓↓

 

*200以上ある講座からえらべます*