受講は攻めの姿勢で! 坂本 | 東進ハイスクール千葉校|千葉県

ブログ

2017年 7月 8日 受講は攻めの姿勢で! 坂本

夏期招待講習4講座申込締切まで

【あと4日】

こんにちは!

最近髪の毛を10cm以上切ったのに

ほとんどの人に気づいてもらえなかった

坂本恵理子です!(´ω`)

もう少し思い切ってショートとかにすればよかったですかね笑

 

さてみなさん、そろそろ夏休みですね!✨

夏休みの過ごし方、イメージできていますか?

 

19日に受験生、21日に1,2年生向けのホームルームが両日とも20:00~21:00に開催されるので、ぜひぜひ参加してくださいね!

ここで気合を入れて充実した夏休みにするかだらだら過ごす夏休みにするかはあなた次第です!!

 

さて、今回のテーマである私のオススメの先生・講座は…

「全国の受験生の皆さん、こんにちは(×4)日本史の、金谷です。金谷俊一郎です。」

の挨拶で授業がスタートする

金谷俊一郎先生スタンダード日本史です!

良さについては、小林さくら担任助手が語ってくれたので(読んでない人はぜひ読んでくださいね!)

私は受験期に実際にあったこと、伝えておきたいことを話します!

 

私は日本史がとても苦手で、いつも低い点数ばかりとっていました。

なぜ日本史が苦手なのか。

それは、覚える量が多すぎるから。内容がごちゃごちゃになってしまうのです。

 

スタンダード日本史を受講していたのに、なぜなかなか覚えられなかったのか?

それはズバリ、受講がただの「作業」になってしまっていたからです。

部活を言い訳に受講から逃げていた私は、夏休みが終わっても受講が終わらず、その結果、受講を終わらせること重点を置いてしまいました。

 

まず伝えたいことの1つめ。受講は計画的に進めましょう!!

受講をためると本当に痛い目に合います…。

 

ですが、そんな私に転機が訪れます!

それは、日本史の千題テスト。

1日かけて日本史の問題を1000問解くというものです。

うわぁ。と思う人もいるでしょう。

でも、このきっかけが私を変えました!

 

千題テストでも悲惨な点数を取った私は、やっと覚悟を決めて、日本史を猛勉強し直しました。

その時に使ったのが、スタンダード日本史のテキストです!テキストの単語を書き、声に出し、前後の流れを確認する…。これを繰り返しました。

 

金谷先生は「なぜ」と「流れ」を大事にする先生なので、内容が多くてもスッキリ覚えられました!

その結果、センター本番では苦手だった日本史で、30点近く点を上げ、自己最高点を取ることが出来たのです!!

 

ここで、2つ目に伝えたいこと。

受講は、受ける人の積極性によって効果が大きく変わる

 

成績をのばしたい!大学に合格したい!という思いを持って受講すれば、きっと結果がついてくるはずです。

みなさんも、覚悟を決めて、受講を攻めの姿勢でしてみてください!!

 

明日の担当は…?

みんなの頼れる大先輩!

今井担任助手です!!

*******************

高1、2年生対象に安河内先生が特別公開授業!

*****************

高1,2生向けに最大4講座を無料招待!

高速マスターでライバルに差をつけよう!

下のバナーより資料請求・お問合せができます。

または校舎に直接お問い合わせください。(0120-104-564)

↓↓校舎の様子はコチラから↓↓

*学び、将来について考えてみよう*

*200以上ある講座からえらべます*

*大学入試について、ご説明します*

過去の記事