実写化 藤崎 | 東進ハイスクール千葉校|千葉県

ブログ

2017年 8月 19日 実写化 藤崎

こんにちは!

すでに投票されつつある藤崎です。

 

昔ブログで書いた好きな漫画の実写映画がこの夏公開になりました

そのブログはコチラから

ラーメン半チャーにはまってた時代ですね。懐かしい。

 

わりと当時は本気で血涙流してたんですが

何も実際に見ずに、

想像だけで否定するのは

いかがなものか。

 

『判断は

自分で見てから

やってから』

 

ということで僕が

人生の哲学書、参考書、いや聖書にしている漫画

実写映画を見てきました。

(何を隠そう藤崎はこの漫画の大ファンです。好きな人いたら教えてください。話しましょう。前回のブログの写真は51巻の表紙ですね)

 

期待値マイナスからのスタートだったのですが案外良くて、

確かに漫画独特の空気感や衣装は醸し出すのは難しかったようですが

CGがきれいで軽く想像を超えてきました。

終盤CGのミニチュア軍隊が暴れるシーンなんかめっちゃかっこよくて

見てよかったなって思ってます。

 

という感じで

僕は試してみる事を大切にしています。

つまりチャレンジですね。

 

ということで好きな言葉は

チャレンジ精神です

 

どこの美容外科クリニックだよって顔してそうなので

説明させてもらいますが

 

この根っこには

僕の人生の聖書にある、あるセリフから来ています。

そのセリフというのは

全然主人公でも何でもないただの人がいう言葉なのですが、

 

「失敗というのは……いいかよく聞けッ! 真の失敗とはッ!
開拓の心を忘れ! 困難に挑戦する事に、
無縁のところにいる者たちのことをいうのだッ!」

 

というもの。

このセリフは本当に好きです。

真の失敗、敗北とはできないことに非ず。

やらないことにあるのです。

常に開拓し、新しいものを取り入れ、だめなら考えて再トライ。です。

 

 

 

一見不可能なもの

やってみてダメだったもの

そのものに

やってみようと思えるか。

ダメなら分析して対策を練って、

もう一度頑張ろうと思えるか。

って受験だけでなく人生でも重要だと思います。

 

例えば

担任助手に言われた「毎日高マス1000トレやる」

①絶対無理と決めつけてやらないか

②どうやったら時間が確保できるかを考えるか

 

数学を勉強しているのに全然点数がとれない

①そこで数学は捨てて国立は諦め、私立文系を目指すのか

②何がいけなかったのか対策を考えて再度チャレンジしてみるのか

 

2次、私大の過去問を解いてみたけどまったく点が取れなかった

①志望校を落としてしまうか

②点数を落としたところを分析して対策を立て、再度解くか

打ち上げ花火①下から見るか②横から見るか

新しいことを始める開拓の心を忘れ、

困難に挑戦する事に無縁のところにいる者に

なってしまうかどうかは自分の考え方です。

 

まずはトライ、一歩を踏み出してみましょう

 

判断は自分で見てからやってから

 

そこからです

 

というわけで僕はこういう風に

自分でやってみる

考えて再トライしてみる

ってことを大事にしてます

 

担任助手二年目ですが

いろいろなことにチャレンジし続けたいと思ってます

 

皆さんも夏休み残り少ないですが普段やろうとしてなかったことにチャレンジしてみてください!

 

さて

明日のブログ担当者は

最近風邪をひいた

器も心のノートの文字も大きい

さくら担任助手です!笑顔がまぶしくて直視できないですね!

 

****************

高速マスターでライバルに差をつけよう!

下のバナーより資料請求・お問合せができます。

または校舎に直接お問い合わせください。(0120-104-564)

↓↓校舎の様子はコチラから↓↓

*学び、将来について考えてみよう*

*200以上ある講座からえらべます*

*大学入試について、ご説明します*