彼を知り己を知れば百戦殆うからず 齋藤 | 東進ハイスクール千葉校|千葉県

ブログ

2017年 9月 4日 彼を知り己を知れば百戦殆うからず 齋藤

こんにちは! 齋藤です!

さて、熱い盛り上がりを見せ、感動のドラマもあった、

担任助手ブログ総選挙が終わっていしまいました。

激闘を制したベスト・ブロガーは誰なのか、、、

結果発表に参りましょう!

1位 藤崎担任助手(上から3列目 左から3番目)

2位 鈴木担任助手(上から2列目 左から2番目)

3位 和田担任助手(上から2列目 左から1番目)

です!!

票数については、写真のように複雑になっており

正確に数えるのが困難と判断しました!

 

それではここで見事1位を獲得した藤崎担任助手より

喜びのコメントをいただいております

「大変嬉しいです。去年も実は総選挙やったのですが、

その時は悔しい思いをしたのでリベンジすることができました。

強敵スズキ担任助手の出現、中盤のワダ担任助手の猛追等

ライバルにも恵まれ、多くの票を頂くことができました。

応援して下さった皆さんのおかげです。

ありがとうございます。

 

人気のブログを書くコツですか。

そうですね、自分が書いてて楽しいを大切にする事ですかね。

総選挙の時のブログも誰にも気づかれないであろう仕掛けをコッソリ

しかけました。気づいた方は藤崎まで。

答え合わせを。」

以上です!

投票してくれた生徒の皆さん、ありがとうございました!!

それでは本題に入りましょう。

夏真っ盛りの8月も終わり、

肌寒さが少し寂しい、そんな9月がやってきました。

それとは対照的に、受験勉強はここから

一番アツい季節に突入していきます!!!

ということで、今回から新テーマとなります!

「二次私大対策で力を入れたこと&高0・1・2生の勉強法」

の2本立てです!

まずは二次私大対策で力を入れたことについて。

僕は現役時代、現在通っている早稲田大学を第一志望としていました。

絶対に早稲田に行きたい

絶対に早稲田に行きたい

絶対に早稲田に行きたい

このように早稲田大学への愛を抑えきれなかった

18歳の齋藤少年は、次のような行動をとりました。

それは、早稲田大学の過去問をひたすら解く!!!

ということです。

これでもか!というくらいに過去問を解きました。

第一志望・第二志望の学部は10年分×3周、

第三志望・第四志望の学部も10年分×2周をやりきりました。

ですが、過去問演習はそれだけにはとどまりませんでした。

というのも、僕は自分が受けない学部の問題まで解いたのです。

なぜなら、早稲田の入試問題には特徴的なものが多くあり、

その問題を確実に得点するには自分が受ける学部の過去問のみを解いていては

演習量が足りないからなんです!

入試の傾向を知るためには、

その大学の過去問を解くのが一番の方法です。

中国の兵法家である孫子の言葉に、

「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」

というものがあります。

「彼」は、志望大学の傾向、

「己」は、自分の弱点に当てはまりますね。

これまでは「己」を知る学習が中心だったと思います。

これからは、過去問をどんどん解いて「彼」を知っていきましょう!

続いて、高0・1・2生の勉強法について。

まず、学校の勉強を大切にしてください。

その理由は主に2つ。

①全ての学習の基本だから

高1の学習内容があって高2の学習内容、

高2の学習内容があって高3の学習内容、

といったように、高校の学習には体系的なカリキュラムが組まれています。

もし高1の内容が抜けていたら、どんなに必死に高2の内容を勉強しても、

確実にそれをモノにできた、とは言えませんよね。

②「勉強グセ」がつく

学校の定期テスト対策をしっかりやることによって、

目標に向かって勉強する、という習慣がつきます。

低学年のうちにその習慣をつけられたらしめたもの、

受験生になった時に、集中力で周りの受験生と差をつけられます。

a

受験生だろうがそうでなかろうが、

この涼しい季節に、いかにアツくなれるかが合格の鍵を握りそうですね!

季節の変わり目ですが、しっかりと気持ちを切り替えて

勉強を進めていきましょう!

明日のブロガーは、

1年中夏真っ盛りな男、

鈴木健悟担任助手です!

お楽しみに!

****************

高速マスターでライバルに差をつけよう!

下のバナーより資料請求・お問合せができます。

または校舎に直接お問い合わせください。(0120-104-564)

↓↓校舎の様子はコチラから↓↓

*学び、将来について考えてみよう*

*200以上ある講座からえらべます*

*大学入試について、ご説明します*