根拠と行動 今井 | 東進ハイスクール千葉校|千葉県

ブログ

2018年 3月 10日 根拠と行動 今井

 

こんにちは!今井です!!

 

!!恒例となりつつある豆知識(雑学)コーナー!!

 

今日は歴史の豆知識です。

 

1853年、浦賀に来航した黒船には日本語を話せる人がいなかったらしいです。

 

当時鎖国していた日本人も当然英語を話すことができず、通訳を介してオランダ語で話し合ったそうです。

 

今も昔も共通言語って大事なんですね…

 

今の時代、共通言語は英語なので皆さん英語頑張りましょう!!

 

 

さて、本題の「受験生活で得たこと」に入ります!!

 

 

実は言おうとしていたこと…齋藤君に言われました!笑

 

価値観って本当に時代によって変わります。

 

その価値観の違いを理解した上で歴史を学ぶともっと歴史が楽しくなると思います!

 

 

はい、というわけで私の受験生活で得たことは

 

「根拠を持つ」です!

 

私が東進に入学した当初のセンター英語は87点。

 

そこから本番187点まで上げることができ、

 

第一志望に合格することもできました。

 

その理由を考えたとき

 

 

すべての勉強に根拠をもって取り組んでいたから

 

という結論に至りました。

 

時間と体力を削ってとにかく努力すればいいのであれば

 

予備校は不要ですし、みんな第一志望に合格できます。

 

しかし、そうではないですよね。

 

受験でもなんでもそうですが

 

結果を出すためには

 

「正しい努力」が必要です。

 

この正しさとは「行動の根拠」はあるのかで決まると思います。

 

例えば、慶應法学部の日本史は全問マークシート方式で

 

用語集にも載っていないような用語も出題されます。

 

これの対策に記述練習はしないですよね。

 

「この勉強はなぜするのか」

 

「なぜ今やるのか」

 

これを正しく自分で理解できていない人は残念ながら第一志望合格を勝ち取れません。

 

自分の受験、担任助手3年間でそういった人を多く見てきました。

 

皆さん

 

今やってることに「根拠」はありますか?

 

ただ頑張るのではなく

 

「〇〇力をつけるために△△をやる」

 

という根拠をもった勉強をしていきましょう!!

 

 

明日のブログは

 

昔は目も合わせてくれなかったのに今ではすっかり仲良しな

吉川担任助手です!

 

 

****************

 

下のバナーより資料請求・お問合せができます。

または校舎に直接お問い合わせください。(0120-104-564)

 

↓↓校舎の様子はコチラから↓↓

 

 

*200以上ある講座からえらべます*