【「忙しい」で終わらない】 渡辺明彩香 | 東進ハイスクール千葉校|千葉県

ブログ

2019年 5月 11日 【「忙しい」で終わらない】 渡辺明彩香

 

こんにちは!渡辺です!

 

大学生活が始まって1か月が経ちました。

 

私は通学に東京駅を使っているのですが、

1か月使ってやっと

東京駅の大体の構造を理解できるようになりました(笑)

 

私は重度の方向音痴なので、

大学生のうちにもっと駅と路線に詳しくなりたい思います。

 

 

 

さて、本題に入ります。

 

今回のテーマは、「部活・定期テスト・文化祭との両立」についてです。

 

この時期に多くの受験生の皆さんが悩むことだと思います。

 

 

私自身は高校ではバドミントン部に所属し、部長として活動していました。

 

この時期は最後の大会が近づいてきたり、

定期考査がせまってきたり、

文化祭の準備も始まってきたり、

 

大変だけど、どれも妥協できないな、と考えていたのを思い出します。

 

 

正直、両立するのは大変です。

 

 

その上で、今日は、私が大切にしていた

 

①やることの可視化

 

②時間に対する考え方

 

の2つについて伝えようと思います。

 

 

➀やることの可視化

この時期は、とにかくたくさんやることがあるのではないでしょうか?

 

勉強に限らずです。

 

 

そんなとき、私は、

「今やりたいこと・やらなくてはいけないこと」を

可視化するようにしていました。

 

受講はあとどれくらいあるのか

高マス毎日やらないとな

あ、学校の古単テストもあった…

 

このようなことはまず全部紙に書きだします。

 

そしてそれらをいつまでにやるのか考えます。

 

その中で、

 

毎日やるべきこと、

毎日ではなくともこまめにやりたいこと、

 

などに分類して、

今やることを目に見える形にしていきます。

 

頭の中だけで考えるよりも、明確になるはずです!

 

 

②時間に対する考え方

 

➀で、やることが明確になったら

次はそれをやるだけですが、

ここで立ちはだかるのが「時間」の問題です。

 

時間がないからできなさそう

忙しくて無理

 

そう考えてしまいそうになるのではないでしょうか?

 

もちろん部活動だって学校行事だって大切です。

 

簡単に譲れるものではないからこその悩みです。

 

しかし、本当に時間がありませんか

 

一度、自分の一日の行動を

バーチカルタイプのスケジュールなどに

書いてみるのがおすすめです。

 

学校の休み時間に暇なその時間

寝る前にスマホ触ってるその時間

気づいたら寝てたその時間

 

意外と時間はあるのではないかと思います。

その少しの時間でできることはたくさんあります!

 

「忙しい」

 

だからこそ、

「限られた時間の中で、どうやったらできるか?」

という視点に立つことが大事です。

 

大変な時期ですが、

 

「大変だ」で終わるのではなく、少し考え方を変えると、

部活動も学校行事も

もっと集中して楽しめるのではないかと思います!

 

長くなりましたが、私からは以上です!

 

 

 

明日のブロガーは、

 

浅野担任助手です!

 

 

 

*200以上ある講座からえらべます*