【あらゆることをし尽くす】 渡辺明彩香 | 東進ハイスクール千葉校|千葉県

ブログ

2019年 10月 30日 【あらゆることをし尽くす】 渡辺明彩香

 

みなさんこんにちは!渡辺です。

 

最近やっと肌寒くなってきましたね!

私は、暑い夏よりも冬の方が好きなので、嬉しいです(笑)

ただ、体調を崩している人が目に見えて多くなってきたので、

体調管理には気を付けてください

 

 

今回は、「受験期に心の拠り所にしていたもの

というテーマで書いていきます。

 

私が心の拠り所にしていたものは色々とあるのですが、

1番、心の拠り所にしていたのは、「言葉」です。

 

世の中には「名言」や「格言」というものがたくさんあります。

そういったものや、あるいは受講しているときに東進の先生が言っていた言葉の中で、

やる気が出たり励まされるような言葉を大切にしていました!

 

その中でも特に印象に残っているのは、

 

「人事を尽くして天命を待つ」

という言葉です。

これは

人としてできる限りのことをして結果は天の意思に任せる」という意味で、

古代中国で書かれたものを基にした言葉だそうです。

 

私はこの言葉を、東進の担任だった方に教えてもらいました。

私は去年のこの時期に、

指定校推薦の対策と一般入試の勉強、どちらもやらなければならなく、

精神的に一番きつい時期でした。

 

もし、指定校で受からなかったら、切り替えて一般入試の勉強をすればいい、と、

頭ではわかっていても、

心は不安で埋め尽くされていました。

ここまで3年間やってきた結果を指定校推薦で出したい

とか

前々から一般入試用の勉強もしてきたつもりだけど、やはり遅れをとっているのではないか、、、

などなど。。。

そんなときにこの言葉を教えてもらいました。

「不安になるのもわかるし、結果は誰にもわからない。

だからこそ、今やるべきことをしっかりやることが、あなたが今、一番やらないといけないことなんじゃないかな」

と言われたのは今でも覚えています。

 

「結果は天の意思にまかせる」という部分が、

「運」なのかと受け取る人もいるかもしれません。

 

しかし、私は、この言葉で一番大切なのは

「できる限りのあらゆることをし尽くす」

ということだと思います。

 

なぜなら、「できる限りのことをし尽くす」には、

それに向かってたくさん努力する必要があるからです。

そしてその過程をひたすら踏んでいくことが、「自信」に繋がるからです。

 

 

今、受験生の皆さんがやっている過去問演習は、

自分の実力が数値として目に見える勉強でもあります。

入試本番も近づいてきて、本番のことを具体的に想像して不安になる時期でもあると思います。

 

しかし、

できる限りのことをする」ことは、

目標さえあればできることでもあります。

まずは、今日やることをしっかりとやる。

一日一日を大切に勉強していきましょう!

 

 

 

 

明日のブロガーは…

 

 

稲田担任助手です!

 

 

 

 

********************
 
 

下のバナーより資料請求・お問合せができます。

または校舎に直接お問い合わせください。(0120-104-564)