【今日だけを考える】 渡辺明彩香 | 東進ハイスクール千葉校|千葉県

ブログ

2020年 9月 14日 【今日だけを考える】 渡辺明彩香

 

こんにちは!お久しぶりの渡辺です!

 

昨日のブログで畑くんから衝撃の事実を言われてびっくりです(笑)

でもめちゃくちゃよくあることなので全然気にしないで、はたくん!!笑

 

私の名前は完全に当て字なので

初対面で「あさか」と読んでくれた人はいままでに一人しかいません

この機会に覚えてくれると嬉しいです!

 

 

さて、そろそろ本題に入りますね!

 

「モチベーションの保ち方」

 

 

このブログを書くにあたって、

改めて自分自身の高校時代を振り返ってみました(笑)

 

私の場合は高2の春の時点で、

「指定校推薦で早稲田大学法学部に合格して、法律の勉強をしたい」

という目標が定まっていました。

 

そのため、学校生活の「勉強面」に関しては、

すべてその目標のために行動していた気がします。

 

 

まずここから何を言いたいかというと、

「本当に達成したい」と思える目標がないのに、モチベーションは保てない

ということです。

 

この種の話をするときに、

「モチベの保ち方」

という話が先行してしまうことがよくありますが、

それは

「目標があるからやる気が出る」のであって、

目標がそんなにないのにやる気が出ることの方が珍しい

と私は思います。

 

ですから、今回の話は

「自分が本当に達成したいと思う目標」

が定まっていることが大前提だと私は考えます。

 

 

ところが、その「目標」があっても、

勉強のモチベーションを保つのが難しい時もあります。

 

私自身も、先ほどのように言っておきながらも、

バドミントン部の活動が週6であったので、

体力的にも精神的にも厳しい時期は何回もありました。

 

そのような状況でどのようにモチベーションを保つのか?

 

ということで、私が意識していた2つをお伝えしたいと思います。

 

1つ目

自動的に取り組める環境に自分でしてしまう

 

「家にいると集中できない」

「部活の後は疲れているし、お腹がすいているし、眠くなるから勉強が始められない」

 

みなさんが勉強に取り組もうとするとき、これらはよくあることだと思います。

 

しかし、このようなことは、繰り返していくうちに、

大体自分で予測できると思いませんか…?

 

もし、自分自身の勉強のモチベを保てない原因が、大体わかるのだとしたら、

その状態が起こることを前提として、

その上でどうしたら勉強ができるのかを考えて、

強制的にそれを乗り越えられる環境を作ってしまう

というのが1つの解決策だと思います。

 

例えば、

「部活の後は疲れているしお腹がすいているし眠くなるから勉強が始められない」

のなら、

「部活の後にとりあえず東進に来る」

とか。

「ついついスマホに手がいってしまう」

のなら、

「スマホを人に預けるorスマホの電源を切る」

とか。

 

本当に目標を達成したいのなら、いくらでも環境は変えられると思います。

 

 

 

2つ目

その日1日をやりきることだけ考える

 

もちろん1週間や1か月の計画を立てて、長期的な見通しを持つことが前提の話です。

 

その上で、勉強をするときの意識として、

その日1日は、昨日のことも明日のことも考えず、

今日1日やるべきことを確実にこなす

ことだけを考えるといいと思います。

 

勉強しながら

「この参考書あと〇〇ページも残ってる…

とか

「受講あと〇コマある…

など考えると、なんだかげんなりしてしまいますよね。

 

そこで、勉強を始めたら、

目の前の「今日やること」だけに集中する。

 

そうすることで、余計なことを考えずに、

無心で勉強することができると思います。

 

毎日毎日、そのように積み重ねていくことで初めて、

勉強の成果が点数に出てくるのではないかと思います。

 

 

高1、高2生の皆さんは特に、

勉強以外にもやらないといけないことや、楽しいことがたくさんありますよね

「モチベーションを保つ」ことに限らず、自分をうまくコントロールすることができれば、

すべて両立できると思います。

 

まずは東進に来るところから、頑張ってみましょう!!

 

明日のブロガーは…

 

最近、諸事情によりお金をたくさん使ってしまっている…!?

と噂の

入間田担任助手です!!

お楽しみに!!

 

**************

下のバナーより資料請求・お問合せができます。

または校舎に直接お問い合わせください。

0120-104-564