【勉強における「剛」と「柔」】秋葉 昂大 | 東進ハイスクール千葉校|千葉県

ブログ

2018年 10月 16日 【勉強における「剛」と「柔」】秋葉 昂大

 

秋葉です。

 

今回はフリーテーマということで

勉強における「剛」と「柔」

という題名にさせて

いただきました。

 

キーワードは

題名通り

「剛」と「柔」

です。

 

 

 

まず「剛」とは

貫き通す力です。

 

具体的には

自分がやっている勉強法を

成績が上がらなくても

ずっと続けることです。

 

勉強して成績が上がらないと

特に受験生は

不安になるでしょう。

 

その時

勉強方法を変えよう!

思うことも少なくないと思います。

 

しかし

例えば参考書は二周以上して

初めて効果が出る場合もあります。

 

自分がやり方を

変えすぎてしまった例は

古文単語帳です。

 

なんと合計4冊

単語帳を持っていました。

 

そして結局使い込んだのは

学校でもらった最初の一冊だけ…

という金銭的にも

時間的にも無駄なことを

してしまいました。

 

不安になるとこのようなこと

をしてしまう方もいると思いますが

コロコロとすぐに勉強の仕方を

変えすぎないようにしてみましょう。

 

次は

「柔」です。

「柔」とは

意固地にならずに柔軟な思考を持つ

ということです。

 

先ほどコロコロやることを変えるな

と言ったばかりですが

 

時には変えたほうがいいこともあります。

 

自分の例でいうと

英文法です。

自分は

ずっと問題演習をし続けていましたが

成績が上がりませんでした。

 

そこで概念理解が足りないのかな?

と感じ、演習をやめて

英文法の概念を理解する勉強をしたら

驚くほど一瞬で成績が

上がりました。

 

柔よく剛を制す

という言葉があるように

勉強で詰まったら

視野を変えてみるのも手です。

 

ここまで見て

「剛」と「柔」

結局どっちが大事なの?

と思ったかもしれませんが

これはどっちも大事であり

うまくバランスをとることが

重要です。

 

勉強してていい感じだな

と感じられるなら「剛」

勉強しながら不安を感じるようなら

「柔」というように使い分けると

いいと思います。

 

もし「柔」を使おうと

思ったならば

大事なのは自己分析です。

 

自分には今どの力が足りてなくて

その力を養うためには

どのような勉強をするべきか

徹底的に考えましょう。

 

自分は勉強に関しては

超理論派

と言える程、分析を

徹底して行っていました。

 

その結果

勉強の質は

かなり高かったと自負しています。

 

「剛」と「柔」のバランスを

うまくとって、質を極限まで高めましょう。

 

 

担任助手に1問1答!!Part3(╹◡╹)

Q1,ファミマでおすすめの商品は?

爽健美茶の小さいやつ

↑サイズがちょうどいい

 

Q2,担任助手をやっていなかったら何をやっていた?

スーパーのレジ

「お箸は何膳お付けしますか」っていうのが言いたかった。

 

Q3,自分が入れ替わるならどの担任助手がいい?

谷口

↑数学ができるようになりたいから

Q4,受験期の時に聞いていた曲は?

ЯeaLの秒速エモーション

↑ライブめっちゃ行きたい

 

Q5,おすすめの休息法は?

お散歩

 

Q6,ブログ総選挙ということで生徒にメッセージをどうぞ!!

毎秒投票してください

 

さて

明日のブロガーは??

 

みんな大好き!!

大河原担任助手です!!

お楽しみにー

 

 

*********************

 

下のバナーより資料請求・お問合せができます。

または校舎に直接お問い合わせください。(0120-104-564)

 

 

↓↓校舎の様子はコチラから↓↓