【千葉大学教育学部中学校家庭科 椿真由】 | 東進ハイスクール千葉校|千葉県

ブログ

2018年 7月 2日 【千葉大学教育学部中学校家庭科 椿真由】

 こんにちは!

千葉大学紹介3人目椿です!

 

そろそろネタ切れかと思われるので

今日は、誰とも被らない

中学校家庭科の話をします!

(家庭科じゃない人でも、国立の教育学部を目指している人は、どんな感じか参考になると思います。)

まずは時間割を分類して紹介します。

 

①家庭科の専門科目の授業

<食物学実験・現代社会と家族・家庭科教材研究・衣生活研究・食物栄養学・食生活研究・家庭科教育法・生活情報論演習>

気になった授業はありますか?

家庭科と聞くと、衣食住のことを学んでいるんだろうとイメージする人が多くいると思いますが、

それと別に”現代社会と家族”という授業では家庭に関する法律を学んだりもします。

以前鈴木担任助手も時間割を載せていましたが、体育科は実技が多いのと同様に、

家庭科は衣食住に関する実技がたくさんあります!

中でも大変なのが”食物学実験”という授業です!

この授業は化学の実験を行います。そして毎週大量のレポート課題が出されます。家庭科もそんなに甘くありません

 

②教育学の授業

<発達と学習の心理学>

教員としての授業ですね。

教員としてこどもの心理を学ぶものです。

 

③2種免許の授業

<英語学概論・言語習得と英語教育>

これは鈴木担任助手と同じ授業を取っています!

2種免許の説明については鈴木健悟担任助手のブログをチェック✓してください!

 

④英語の授業

<言語と文化・英語Ⅲ>

私は大学に入ったら家庭科とは別に、英語の能力を高めることを目標にしていました。必修ではない応用レベルの英語の授業を取っていて、人より多く英語の勉強をしています!

 

⑤教養科目の授業

<薬学への招待・心理学>

この教養科目とは、自分の好きな分野の授業を選べるものです。

なぜ教育学部である私が薬学の授業を取っているかというと、志望校選択の時に教育学部と薬学部で迷っていたからなんです。

ちなみに、この授業は松戸担任助手と同じ授業です!

 

これらの授業を取っているのですが、やはり家庭科の専門の授業が大半を占めています。

教員になりたい人にはとても専門的で恵まれている授業だと感じています!

 

 

明日のブログでは

千葉大の担任助手は教育学部と薬学部しかいないということなので、その学部以外を志望している人たちのために

教育学部と薬学部以外の学部紹介をします!

お楽しみに!

****************

 

下のバナーより資料請求・お問合せができます。

または校舎に直接お問い合わせください。(0120-104-564)

 

 

↓↓校舎の様子はコチラから↓↓

 

 

 

*200以上ある講座からえらべます*