【好きな言葉は◯◯です】谷口 | 東進ハイスクール千葉校|千葉県

ブログ

2018年 9月 18日 【好きな言葉は◯◯です】谷口

こんにちは!

一年担任助手のエース???

谷口です!

最近よく数学や理科の質問対応をするのですが、

受験から半年も経つと知識事項がごっそり抜けていて

狼狽えることが何度も…

文系科目はなおさら駄目になったので、

お困りの方は

秋葉担任助手へ!

 

さて、今回のブログテーマは

「好きな言葉」ですが、

僕の好きな言葉は

天才は1%のひらめきと99%の努力

です。

かのトーマス・エジソンの名言ですね。

この名言の解釈の仕方はいくつかありますが、

そのうち僕は

仮に天才であっても、彼のひらめきは

無限の努力の上に成り立つ

という考えが気に入っています。

 

僕の通う東大には天才が多くいるといわれますが、

そんな彼らも本当に天才的な頭脳そのものだけで

東大入試に合格できたわけではないと思います。

 

実際、授業期間の東大の図書館を覗くと、

閲覧室という、実質的な自習室はいつも満席

もっと広い・席数の多い自習室があればいいのに

という愚痴も聞くほどです。

 

僕が思うに、彼らの多くは

勉強が元来よくできるから天才

なのではなく、

勉強が好きで何時間でもやっていられる。

だから勉強で身に付く能力が高く、天才

なのではないかなと。

勉強が大好きな彼らにとっては

勉強に努力を重ねることへのハードル

他の人より低いのだと思います。

逆に、仮に彼らが他人より天才的だとしても

努力なくしてその才能は開花できないのかも。

 

もっとも、そう考える理由に

僕自身が勉強が比較的好きで

長らく勉強というものを続けて来れたから

というのもあるのですが…

 

それでも、この言葉は皆さんにも通ずるものがあると思います。

大学入試で結果を残してきた先輩たちは、

その裏で相当な努力をしてきました。つまり、

皆さんが天才であろうとなかろうと、

努力なくして良い結果は得られません

 

受験生は夏休みが終わって、

高1・2生はこれから学校行事が待つ秋を迎えて、

勉強量が減ってきていませんか?

 

世の中には東大生のような、

大の勉強好きもいるのです。

差をつけられないように、

追いつけ追い越せ!!

 

さて、明日のブログ担当は…….

誰よりも早く大学の授業が始まり、

ツンデレ度が激増し中の

稲田帆担任助手です!

明日もお楽しみに!!!

 

*********************

 

下のバナーより資料請求・お問合せができます。

または校舎に直接お問い合わせください。(0120-104-564)

 

↓↓校舎の様子はコチラから↓↓

 

 

 

*200以上ある講座からえらべます