【市立千葉高校あるある】大河原優希 | 東進ハイスクール千葉校|千葉県

ブログ

2019年 2月 16日 【市立千葉高校あるある】大河原優希

どうも。大河原です。

青柳に信頼されているらしい、、、(笑)

きっと私がしっかりしてるんですね!うん!

 

そして、

大学は春休み入りました!嬉しい!!

今年は色々な場所に行きたいと考えていて、

2月は草津箱根に行きます!

とても楽しみです!!!

 

ということで、今回の私のブログテーマは、

「市立千葉高校あるある」

です!

もちろん市立千葉高生には見てほしいですが、

市立千葉高生以外の方にも、

是非私の母校がどういった高校なのか

知ってほしいので、

たくさん魅力を発信しますね!(笑)

 

ではでは、

市立千葉高校あるある始まり~!

 

まず、

①SSH(スーパーサイエンスハイスクール)である

これは市立千葉を語る上で外せないポイントですね。

名目上理系の学校を装いながら、

半数くらい文系に進む生徒がいるのも事実ですが、、、

しかし、この「SSH」が理由で、

文系科目と理系科目を掛け合わせた

ブリッジ科目

が存在するのも特徴ですね!

例えば、

源氏物語に出てくる月の描写は

実際どのように見えていたのか、

紫式部の描き方に嘘偽りは無かったのか等々を

“地学”の視点から見てみよう!

といった具合でしたね。懐かしい。

 

では、次!

②50分7限である

これは今となっては

緩和されたことでしょう。うん。

私たちの学年は

千葉県史上初

50分7限×5日間×3年間という苦行

乗り越えた代でした!!!

部活動が出来る時間も必然的に限られていて

なかなか思うように

練習時間が取れませんでしたね。。

ただ、

だからと言って

部活動が弱い訳では無かったです!

多くの部活動は県大会でも

勝ち上がっていました!!

 

そして

③”なんとなく”早稲田志望が多い

これは三年生になると

よくわかると思うのですが、

志望理由が明確で無いまま、

“なんとなく”、”とりあえず”

早稲田を志望している人が多いです。

特に、文系で

明治、青山学院、立教、法政、中央

以上の大学を志望している人は

志望理由が確定していない人が

たくさんいる気がします。

 

最後に

④”なんとなく”千葉大志望も多い

これも③と同様ですが、

特に理系に多く見られる傾向ですかね。

③と④については、

受験生になった時に学習のモチベーションが

無くなってしまったり、

何のために勉強をしているのかが

わからなくなってしまったりするので、

早めに志望理由を決めることをおすすめします!

先延ばしにせず、自分の将来と向き合うことは

とても大切なことだと常々感じているので、

もし、志望理由が定かではない

早大志望、千葉大志望の市立千葉生がいたら、

考えてみましょう!(市立千葉生じゃなくてもですね)

 

それでは、明日のブログの紹介に入りたいと思います。

明日のブログは~?

みなさん待ちに待った

市立稲毛高校あるある第二弾!!

担当するのは、我らが石橋担任助手です!

お楽しみに~~

****************

 

 

 

 

 

 

 

 

*200以上ある講座からえらべます*