【心の支え】畑公貴 | 東進ハイスクール千葉校|千葉県

ブログ

2020年 10月 25日 【心の支え】畑公貴

こんにちは!畑です!

昨日の松田さんのブログもそうですが

対面授業が始まった大学がふえてるんですね

めちゃくちゃうらやましい

僕はまだ全てオンラインなので

まだ毎日、パソコンと向き合ってます…

顔がわからない人と話すのはまだ慣れません

 

そんな感じで初めからテンション下がり気味ですが

ここから上げていきます!

今日は全国統一高校生テストですね!

どうですか、みなさん

模試前、心を落ち着けるために見てますか?

それとも

模試後、一喜一憂した後に見てますか?

 

今日、僕からは

「受験期、心のよりどころにしていたもの」

のを話していきます!

 

早速ですが一つ目は

GMTの友達

です!

といっても僕のGMTは同時期に入学した

同じ高校の仲間のみのグループでした

だからということもありますが

受験の話はもちろんですが

学校であったことや誰かのおもしろいエピソードなど

勉強で疲れたときは

受験とは少し離れた会話もしていました

そうすることで

心がリフレッシュされ、より

勉強を頑張ろう!

という気持ちになりました

学校が休みの時はほぼ毎日

佐藤担任助手と昼ご飯を食べていましたね(笑)

今となってはいい思い出です!

オンライン授業をしていると

より感じるんですが

人との縁ってやっぱり大切だと思います

 

そして2つ目

これも上のものと被るところはあるんですが

日々の学校生活

です!

受験勉強があるのに中間テストがある

受験科目じゃない授業がめんどくさい

などマイナスな面を感じる部分もあると思います。

確かに僕もこの時期、あまり大きい声で言えませんが

授業中、違う科目の参考書を広げていました

というかそれがクラスだと普通の光景だったと思います

その中で大事にしていたのは

メリハリ

です

やるときはやる、やらないときはやらない

例えば僕はルーティーンとして

朝礼の1時間前に学校に来て自習をする

授業合間の休み時間は単語などのちょっとした勉強

と決めていました

その代わり、昼休みは

図書室に勉強しに行くクラスメートが多い中、

そこには行かず、息抜きの時間として

残った人と一緒にご飯を食べる

いつも同じメンバーでしたが学校生活の後半は

この時間のために学校に行っているといっても

過言ではなかったと思います(笑)

僕にとって、この昼休みの時間は長い受験を

乗り切るためにも大切でした

 

結論!

受験は団体戦っていわれて当時は

「なんだそれ」

みたいに思いましたが

ここまで書いたように

人とのかかわりが僕にとって

受験勉強の支えでした

なので何か困ったことがあれば

誰でも担任助手に相談してみてください

全力でサポートします!

 

さて、明日のブログは

鈴木担任助手です!

どうでもいいですが

写真にあるセーターはかなりお気に入りらしいです

僕が受験生だったころからずっと使っています(笑)

6年前の記憶を振り絞って話してくれるでしょう!

お楽しみに~

 

****************************

下のバナーより資料請求・お問合せができます。

または校舎に直接お問い合わせください。

0120-104-564