【担任助手対談 小林×青柳】 | 東進ハイスクール千葉校|千葉県

2018年 12月 3日 【担任助手対談 小林×青柳】

忙しさこそ充実している証拠

青柳:こんにちは!千葉敬愛高校出身で法政大学の経営学部経営戦略学科に通っています、青柳美咲です。よろしくお願いします!!

小林:こんにちは!磯辺高校出身で東洋大学ライフデザイン学部に通っています、小林さくらです。よろしくお願いします😄

 

どうして担任助手になったんですか?

青柳:私は…さくらさんの影響ですかねえ。仕事つらそうだなって思ってたし、最初はやる気なかったんですよね。さくらさんが担当になって、自分のこと最後まで支えてくれて…それがきっかけで秋頃からやりたいなって思ってました。私すごい嬉しかったんですよ~

小林:どういうところが?(笑)

青柳:自分が悩んでるときに話聞いてくれたりして、そういうなんか…思ってなかったんですよね、担任助手ってこんなに頼れるんだって。だから自分もさくらさんみたいに生徒をしっかり見てあげたいというか、生徒の支えになりたくて、やることにしました。

小林:それはめっちゃ嬉しいわ(笑) やりがいあるよねやっぱり。生徒が点数伸びたりとかしてくるとすごく嬉しい。

青柳:さくらさんめっちゃ喜んでくれましたもん(笑)

小林:だって嬉しかったんだもん(笑) 自分のことのように喜んでくれると嬉しいよね。でも私も自分の担当だった担任助手が大好きででね。

自分のこと考えてくれてるし、しかも普通に担任助手かっこいいって思ってて。私は結構最初の方からやりたいなとは思ってたかなあ。

でも自分が担任助手やるってなった時にね、私第1志望受かったわけじゃなかったからさ、自分の担当になった生徒には絶対にMARCH以上はいかせたいなって思ってた。

自分の失敗例とかも沢山話したし…話したよね!?(笑)

青柳:話しましたね(笑) 受かってほしい!!みたいな。私も合格しましたし、さくらさん担当でもう一人MARCH受かった子もいたし、もう大成功ですよね~

小林:1年目の任務は果たした!!(笑) でも青柳ちゃん、ギリギリだったよね。

青柳:そうですね。第3次追加合格ですからね(笑)もう落ちたと思いましたもん。

小林:ね。びっくりしたあの時は。

青柳:第3次で追加で合格した時、さくらさんに報告するのが1番遅かったような(笑)

小林:合格してから久しぶりに会って、あ!そうなんですよ~みたいなね(笑)

青柳:言ってなかった~~~って感じでしたよね(笑)

小林:青柳ちゃんが1次で落ちたときは、あ~でもやっぱりだめだったかあって思って…。いやでもいけるかなとは思ったんだよね。過去問もできました!みたいな感じだったしさ。特に日本史とかもうほぼできますって言ってたし。

しかも結構上のランクの問題も結構解いてたから…法政もいけるかな~って思ってたけど1回目はだめでね

青柳:そうですね。國學院にいくんだなあって思ってました。

小林:でも國學院はセンター利用でとってたよね?

青柳:第三・四志望は…そうですねセンターでとれましたね。

小林:そうね、だから一般でMARCHいけるかなあとは思ってたよ。

青柳:本当に嬉しすぎましたね、追加でも合格した時は…努力って報われるんだな、と。

小林:やっとって感じだったよね、朝登校も1番だったし

周りに負けなかったところとか、あるでしょ

青柳:朝登校は絶対やろう!って思ってましたね(笑)

小林:量もね、質も高かったと思う青柳ちゃんは。

青柳:いや…でも質で悩みまくりましたよ。そのことについて沢山質問しましたもん。

どうしたらいいんだろうみたいな。それこそさくらさんもだし、けんごさん(現担任助手の方)とかも。

でもなんか全部自分のものにしようとかは思ってなくて、聞いたことから自分に合うやつを探してました。

小林:担任助手に聞くのは重要だよね。私も生徒時代そうしてればよかったって思うもん。1人しか相談しなかったから(笑) 

青柳:人が多いのもいいところだなあって思いますね。東進のいいところ!笑

 

お互いの担任助手・生徒の時の関係は?

青柳:実際本音を言うと、誰!?1年生の人!?みたいな感じでした(笑)

小林:そうだよね(笑)

青柳:でも話したらまさかの、部活の先輩の友達だったっていう(笑)

小林:そこで何話したっけ?

青柳:さくらさんが落ちゃったから、青柳ちゃんには絶対受かってほしい!みたいな

小林:あーそれ言ったなあ(笑)

青柳:さくらさんはなんか、ひまわりみたいですよね

小林:ひまわり?(笑)🌻

青柳:なんかこう、パッション!みたいな。暗い時ないですもん(笑)

小林:いやなんか9月とか10月あたり青柳ちゃんしんどそうだったよね。過去問もやらなきゃいけないし、文化祭もあるし…疲れてるんですよみたいな感じだった。

青柳:ありましたねえ(笑)

小林:なんか志望校を上智にあげたくらいの時期でもあったから、心配だった。

青柳:でもあげてよかったと思いますよ。さくらさんに止めた方がいいよ、とか言われたらやめようって思ってました(笑)

小林:それくらい影響力あるよね、担任助手って。

青柳:いっぱい見てきてくれてるからこそって感じでしたね。だってさくらさんに1番に相談しましたもん。

小林:あのとき有名大模試とかもB判定とかだしてたもんね。私ももっといけるんじゃないかなって思ってた。

ちゃんとやってれば成績は上がるよねえ。あと受験科目が自分と同じだと教えやすい。

青柳:そうですねえ。さくらさんに日本史のやり方色々聞いて…

小林:私も…聞くの遅かったからなあ。夏休みの中旬とかに聞いて笑 頑張ってる子は応援されるからね、どんな子も。

青柳:ほんとですね…みんな大好きですよ。担任助手やってよかったなあと思いますもん。自分の経験を生かせる場としては、他のバイトよりいい経験させてもらってるなって。

小林:人として成長できるしね。

青柳:しかもこの仕事してから今までそんなに関わったことない人達とも関わるようになりましたしね。

小林:でもみんなめっちゃ応援してたよ。青柳ちゃんが法政受かった時とかもみんな喜んでたし。

青柳:なんかそこも東進のいいところっていうか…こんなに喜んでくれるんだっていう。

小林:確かに。他にはないよね。しかも面談とかもさ、2人でやるときとか内容めっちゃ濃い!どのコンテンツ使うかとか参考書とかも。計画とかも念入りに見てたなあ、この時期にこれくらい過去問やるとかね。

青柳:まずはさくらさんに相談!が鉄則でしたね(笑)

まああとは東進に通うからにはやらないと、コンテンツとか活用しないと意味ないですからね。

小林:せっかく環境が整ってるのにもったいないもんね。

青柳:そうですね…まずは相談しに来てほしいですね、担任助手に何でも誰でもいいんで。

私志望校あげようって思った時、東進に言わないで突き通そうって思ってたんですよね(笑)

小林:それは無理(笑)というかだめ(笑)

青柳:あげたら反対されるかなあって思って(笑) でもむしろあげてくださいみたいな感じでびっくりでした。

小林:そこもいいところだよね、応援してくれるっていう。全然努力してない人が言っても、え?ってなるけど、努力してたし成果もでてたから全然応援するって思ったよ。

でもそんな苦戦してたときある?順調に伸びてた気がするけど。

青柳なんか…日本史とかはすごいやってたんで本番もまったく緊張しなかったですね。

なんか完全に文系の話になっちゃうんですけど、日本史は本当に早くから始めたほうがいいですよ。

小林:2年生からやってた?

青柳:もう日本史初めてからずっとやってましたね。クラスでも1位とかで。

3年生になってからでも間に合うって言うけど、自分が後でつらくなるだけだと思うので

志望校にもよりますけど、早くやってれば対策とかもしやすいと思います。

あ、そういえばさくらさんPOS美人ですからね(笑)

※POS美人とは受講はもちろん、確認テストも全て合格(もちろんSSで合格)した人におこる、POSが空きなく綺麗になることです。みんな目指そうね!

小林:そう、POS美人(笑)見せてあげたい(笑)合格してる人は受講とかも全部やってSSになってるよね。

青柳:結局いっぱいやった人が合格しますよ。

小林:あとは最後まで諦めないことが大事よね。

青柳:何度…潰されたことか(笑)もう落とそうかなあみたいな。

センターも失敗しましたしね。英語読み間違えて大問丸ごと落とすっていう(笑)日本史に救われましたね…

小林:ほんとだよね。それでセンター利用も何個かとれたもんね。東洋もとれたんだっけ?

青柳:とれましたね。でも般は落ちました普通に。

志望校もいっぱい相談しましたねえ。浪人のことばっかり考えてました(笑)

小林:その時励みになるのも担任助手の力だからねえ。志望校の相談は絶対にするべきだと思う。

青柳:全部相談しましたもん…私の全てを聞いて下さい!!!みたいな(笑)

小林:してたねえ(笑) 変わったらすぐ!って感じだった。

青柳:さくらさんからみた青柳ってどんな感じだったんですか?

小林:青柳ちゃん?なんかすごい…がむしゃらな子だなって思った。でも私が心配だったのは、1年生だし東洋だし全然頼ってくれないんじゃないかなあって。でもそんなことなくて、どうしたらいいですかって聞いてくれるのが嬉しかったなあ。

だいたい同じ志望校なら悩みも同じだと思うし。同じ失敗はさせたくないって思ったから察したらすぐ聞くようにしてたね

青柳:そうですね…

小林:自分がされて嬉しかったことを生徒にしてあげようって思ってた。細かくみるっていうか。どうやってやったら伸びるかなとかね。あと入試も作戦だと思うな。

青柳:確かに。

小林:自分が生徒だった時に全然相談しなくて勝手に決めてたから、今になって相談した方がいいって思う。

青柳:隠してることはなかったですねさくらさんに。さくらさんでよかったよね!!って話はめっちゃしてました(笑)

小林:それは本当に嬉しい(笑)

青柳:ほんと…大好き!!!って感じです(笑)

担任助手と生徒って、受付越を境にこっち側とあっち側の世界って感じで。あっち側は憧れの場所なんですよ(笑)

小林:わかる(笑)1才違うだけなのに担任助手だとキラキラして見えるよね。

青柳:担任助手に会えるから、東進行く!っていうのはありましたね(笑)本当第2の家って感じでしたもん

小林:わかる、アットホーム感(笑) 

青柳:家にいる時間より東進にいる時間長いみたいな(笑)

小林:あとなんか…私生徒時代に朝登校してたのね。しかもトップだったから、青柳ちゃんも朝登校毎日してるとこ見て、昔の私を見ているようだって思ってた(笑)

青柳:結構似てる部分多いですよね、私も国語苦手でしたし(笑)

さくらさんのやり方とかもすごい参考にしてましたよ。

小林:夏期合宿いったのも大きかったよね。英語6割行くか行かないかくらいの人が合宿言ったら絶対伸びるもんあれ。夏期合宿実際どうだった?

青柳:言われてみればですけど、確かに夏期合宿行った後の8月模試が1番点数高かったですね。

周りの影響めっちゃ受けました。自分より全然志望校高い人が集まってて、私は立教志望なのにみんな慶應みたいな…恥ずかしかったですもん。あとこれ行ってから志望校あげましたね。1つのきっかけになりました。

小林:受験勉強って成長できるよねやっぱり。

青柳:辛いけど受験はやった方がいいと思いますよ。

小林:担任助手やってる人達も結構ハイスペックだからね。影響されるよね、自分もやらないとというか。

青柳:しっかりやってきて、結果もだしてるから私達(同期)も選ばれてるんだなって思いますよ。そのへんのプライドもあります。

小林:とにかくね、担任助手の人には絶対相談したほうがいいね。

青柳:もっと頼ってほしい!何でもいいから。ただなめるのだけはやめてほしいですね(笑)

でも受験生のみんなと変わらないんですよね。同い年ですよね?とかいわれますもん(笑)

小林:いやいやいやいや待って。みたいなね(笑) 経験談はいくらでも話せるからなあ。あの頑張った期間が今財産だよ…

青柳:みんなつらいつらい言うけど私たちも去年つらかったんだよ!本当に!って思います(笑)

小林:わかるわかる(笑) 

青柳:あと合格したらどこでも嬉しいですよね。

小林:頑張ってきた証にもなるしね。

 

お互いの大学のいいところは?

小林:東洋は…私キャンパスが違うのよ。1学部なんだけど専門的な授業が多いし、自分の好きなこと学べるのがいいところかな。私スポーツ好きだからさ、トレーニング室とかあるし、体育館も開放してるし。

青柳:フィールドワークとかもあるんでしたっけ?

小林:あるある。結構実習的なのが多いね。人とのコミニュケーション能力もつくし、いろんな考えも知れるし。それこそ海外のスポーツ事情とかも学べるんだけど、今グローバルスポーツっていうのに興味持ってるんだ。それに発展して海外とかにも興味でてきて留学とかも考えてる!上下関係なく仲良くできるのも魅力かな。

青柳:さくらさんの学部ならではって感じですね!

うーん法政のいいところって…。あ、なんか来年度から新しい校舎増えるらしいですよ(笑)あと校舎関係でいうと青柳がおすすめなのは外濠校舎ってとこにあるスタディルームですかね。

小林:あ、あそこいいと思った。

青柳:本当なんか東進の受講室みたいですよ。各階に東進の受講室設置みたいな(笑)

小林:それめっちゃいいね。

青柳:授業ない時はそこいって課題とかテスト勉強とかしてますね。

小林:いいよねやっぱり。テストとか本当容赦ないからさ、そんな暇じゃないよね大学生(笑)

東進来たら生徒のことしか考えられないし(笑) 

青柳:時間の使い方大事ですよね。受験生の頃と一緒で、隙間時間大事にしてます。あと学生の人数多いので、サークルとかでも仲良くしてもらってますね。

やっぱり好きなこと学べるのは大学生のいいところですよね。時間もありますし、高校とはまた違った楽しさがある。

小林:本当…夢のキャンパスライフがまってるからね

青柳:今頑張らないとって感じですねみんな頑張れ!

小林:私達も頑張ろう(笑)

青柳:担任助手になったら先輩と仲良くなれるよ!笑あと東進入ると人生相談もできますしね。要はメリットがいっぱいってことです!

小林:何もやってないより忙しい人生の方がいいよ。みんな頑張ろう!

 

___仲の良さがうかがえる対談でしたね!ありがとうございました。