【担任助手対談 秋葉×大河原】 | 東進ハイスクール千葉校|千葉県

2018年 11月 19日 【担任助手対談 秋葉×大河原】

 

最後は自信気合い

大河原:こんにちは、市千葉から早稲田大学文化構想学部にいきました大河原です。

秋葉:いえいっ!成田高校から早稲田大学政治経済学部にいきました秋葉です。

 

なぜ早稲田大学を選びましたか?

大:やりたい学問があって、その学問を学べる大学の中で1番偏差値が高い大学が早稲田で…って感じかなあ。

秋:やりたい学問って何?

大:文化人類学がやりたかったんだよね。

秋:え、それなにするの?

大:なんか…人間の衣食住を調べたり、歴史調べたりとか。

でも最近メディア系も興味でてきたから、本当に文化人類学をやるかはまた別問題ですね。

秋:確かに早稲田はメディア系強いもんね。文構いまいち何やってるのかわからなかったけど、マスコミとかやるんだね。

大:文構はメディアに強いねえ。

秋:メディア学とか?その辺僕興味あるんだよね~。

大:ぜひとも授業に潜りにきてください(笑)

秋:それはぜひとも。いかせていただきます(笑)

大:じゃあ秋葉は何で早稲田にしたの

:経済とかマーケティングとかに興味ありまして…商品開発とかね。って感じなんだけど…(笑)

大:え~と…(笑)興味あっただけ?(笑)

秋:いやこれなんか夢っていうか野望に近いんだけど…(笑)

あの~日本の経済の中心部みたいなところまで行って、日本の経済を自分の手で動かしたいっていう。

大:野望だねそれは(笑)

秋:うん野望だね(笑)まあだからそれもあって、ある程度レベル高い大学じゃないと日本の経済を自分の手で動かせないし。

とりあえず最初に志望したのが一橋の経済学部で、でもそれは偏差値が高いぞってなって、

数学できなくて結果早稲田を志望したっていう。

大:でも今も数学やってるよね?大学で。辛い?

秋:うん…微分とかはちょっと辛い。けど数ⅡBは昔よりできる(笑)

大:じゃあ財務省とか日本銀行とかにいきたいの?

秋:ああそれはそうだね。日銀とか、あとは内閣府に社会経済研究所っていうのがあって、

そこはなんか四半期ごとにGDPとか計算してだしたりするんだけど、

そういうところにも行ってみたいなって思ってるし~だからまあそういう系かな。

1番興味あるのは日銀と内閣府って感じですね。

大:え、じゃあなんで慶應の商学部とかじゃなくて早稲田にしたの?

秋:えーと、もともと早稲田商学部志望だったんだけど、

大:商志望なの!?(笑)

秋:てかもう高38月までは商志望だったの。でも8月の模試で密かに政治経済もいきたいなって思ってて。

大:密かだよねそれ確かに(笑)

秋:それで第5志望くらいに書いておいたんですよ。そしたらC判定でてたからいけるぞって思って、

過去問演習講座決める面談の時に、親にも言ってなかったのに政治経済学部行きたいですって言い出したのね。

大:めっちゃ迷惑じゃんそれ(笑)

秋:でもいいよって言われたから、そのままって感じ。

慶應の商も目指してたけど、慶應って小論文あるじゃない?

まあ商学部だけはなかったんだけど、その代わりに論文テストがあってね。

まあ単純に落ちたから行けず…って感じです(笑)

大:へえ~。

秋:大河原は最初っから早稲田文構志望だった?

大:いや、なんか…2年生のころから考えたら様々な紆余曲折を経てたどり着いた(笑)でも第1志望は早稲田。

秋:あ~おれもそれはそう。確か千葉大、一橋、明治、慶應、早稲田っていった(笑)

大:は、最初筑波からの外大、東京外語ね。からの早稲田って感じ。

秋:それはどういう心境の変化?(笑)数学?

大:筑波から外大に移ったのは確かに数学。後は外大行ったほうがレベル高いって思って。

あと外大ってかっこよくね?って思って(笑)

秋:ちょっとノリだよね(笑)

大:でもなんか学校の先生に聞いたらなんかやりたいことと違くない?って言われて。

秋:まあたしかに文化人類学は外大じゃないよね。

大:外大行くと言語学とか、言葉の方に重きが置かれちゃうからね。それで結局早稲田の分構を選んだって感じです。

 

早稲田の特徴は?

大:ご飯屋さんが充実してるのと、あと本当にいろんな人がいる。

秋:ね~すごいわかるそれ!俺入学式の時に話しかけられた人がいて、めっちゃ喋ってきてさ。

ごい日本語で話してきたからもんだからところでお名前は?って聞いたらチンなんとか君っていって、

めっちゃ日本語ペラペラなのに外人だったんだ~って思って…

大:めっちゃ留学生いるよね。

秋:早稲田の留学生はその中でも日本語が本当にうまい。

大:留学生頭いいよね~。本当に進学してきてる子も頭いいんだけど、留学生は本当にすごいなって思う。

なんか必修の授業で留学生に突撃インタビューいこう!ってなって、やりにいったことがあってさ。

とりあえず通りかかった留学生に話しかけるみたいな感じでね。

フランス人の人とかめっちゃ日本語ペラペラだし、すごい愛想いいし、話しかけるか迷ってたらもう自分からきてくれるみたいな…神か!っいう(笑)

秋:そう。積極性あるよね。俺弓道サークルに入ってるんだけど、なんか留学生はやっぱりみんなそういうの興味あるみたいでいっぱいいた。

食べ物の話に戻ると、早稲田近辺は丼ものか油そばかラーメンかって感じだよね。

濃い濃い濃いみたいな(笑)美味しいし安いし、量も多いから確かに学生にはありがたいよね。

ただ女子っぽいモノってなるとなかなか…

 

大:そう。西早稲田まで歩くか、高田馬場までいくか…。本キャン周りはほんとに油そばしかないからね(笑)

あと少し話ずれるけど、なんかフィールドワークの時に先生が自由にいきたいところいってきな~みたいなのもあったから

文構はほんとに自由。いろんなところいける。

秋:わ~キラキラしてるわめっちゃ文構キラキラしてるわ。ちょっとやだなつら(笑)

大:次いこう次。(笑)

 

早稲田に合格するには?

大:難しいね~

秋:うーんやっぱり気合いと根性?(笑)

:まあやっぱり絶対ここに行くんだ!っていう気持ちは大切だよね。

秋:あと各科目の勉強法とかはね…俺達に聞きに来てほしいかな。アドバイスできると思うし。

大河原は何が必要だと思う?合格するには。

大:自信。

秋:わかるめっちゃわかるほんとにわかるそれ。

大:勝手に合格すると思ってた。自分は。

秋:おお~かっこいいそれ

大:なんか実際志望校をどこに決めても、受かると思ってた。

早稲田いけるってどこかで自信はあったから、そこに向かって勉強して…。

まあやっぱり毎日積み重ねて勉強していくことが1番大事かなと思う。

あと自分のやり方を貫くこととかね。

秋:あ~それは本当にそう。俺もコロコロやり方変えてたけど、最終的に1つのものに落ち着いたし…1本決めてバシッとやるのが大事。

あとは大河原すごいなって思っテたんだけど、朝登校して閉館ギリギリまでいるっていう。

俺自習室で大河原の存在は知っててさ。

大:やった笑

秋:本当にすごい勉強してるなって思って。あと黄色のセーターいつも着てるな、みたいな(笑)

大:いつもじゃない(笑)(笑)

秋:あ~こういう子は受かるんだなあって思って、しかも赤本置いてあるじゃん?

早稲田だったから勝手に親近感もわいてて、この子が早稲田いくんだろうなって思ってみてたよ(笑)

大:ありがとう。(笑)

私は秋葉が、スナックスペースに友達といたときに

この参考書めっちゃ歯ごたえあるね~っていってて、いや手応えだろ。って心の中でめっちゃ思った時あった(笑)

この子は普段めっちゃ頭がいいのに、やばいやつなんだろうなっていう印象(笑)

秋:歯ごたえ違うのかな?(笑)でもね大河原は本当に勉強してたから、

も~なんか勉強の話とか聞きにいくべきだと思う!

でもね実際にこんなに明るいと思ってなかったな。(笑)

大:まあまとめると早稲田に合格するには、自信とそれに対する努力だね。

秋:俺は受かるだろうって気持ちと、気合い。

1月とかになってくると本当に勉強のやる気なくなってきちゃうんだよね~。

センター試験越えてからが1番きついと思うけど、そこで頑張れば絶対合格は見えてくるはずだから。

やっぱ気合いで頑張ってほしいと思います!

 

_早稲田生のお二人の貴重な対談でしたね!ありがとうございました。