【理科は最初から最後まで伸ばす】谷口 | 東進ハイスクール千葉校|千葉県

ブログ

2019年 9月 19日 【理科は最初から最後まで伸ばす】谷口

 

 

こんにちは!

夏休みがラスト1週間に迫り、

秋学期の授業に震えている谷口です……

 

実は先日「進学選択」が終わり、

僕もようやく進学先が内定しました!

気になる方は校舎で僕にお訊きください笑

 

さて、今回は

理科の勉強法について

ですね

大学受験から早1年半、

もう高校理科の記憶は飛びかけていますが、

 

(だからあんまり僕に理科の

知識問題持ってこないでね!笑)

なんとか引っ張り出したいと思います

 

 

この時期に理科が伸び悩む原因は

「演習不足」

の1点にあると僕は思います

 

この時期に理科の点数が

取れていない人の多くは、

夏休みに初めて科目の勉強をしていたり

夏休み前にギリギリそれを終わらせたけど

復習に専念していたり

という

傾向があります

 

理科という教科は、

全体を通して暗記量が多く、

それが明らかな化学や生物は

いわずもがな、

暗記事項の少ない物理や地学も

原理自体が大学教養レベル

というものが少なくないので、

理解に時間がかかります

 

もっとも、秋は夏休みに比べ

自分の勉強時間が減るので、

理科に時間を割きすぎるのは

良い手とは言えません

 

他の科目の二次・一般試験の

対策を開始しつつ、

理科はまず、基礎レベルの演習に

しっかり取り組みましょう

 

ある程度簡単な問題が解けて、

現象などの原理を説明できるようになったら、

より難度の高い問題や大学の試験に

挑戦してみましょう!

 

ただ、センター試験の問題は

機械的に解く形式のもの

(知識や簡単な計算など)

が多く、理科の本質的な理解とは

直結していないので、

この時期に無理に解き切る

必要はありません

 

むしろ、問題集や大学の過去問に

じっくり取り組み、

復習まで徹底的にやる方が伸びます

 

十分な理解ができていなくて

心配かもしれませんが、

限られている残り時間を考えて

次のステップに進みましょう!

化学や生物の選択者は日々の知識確認も

忘れずに!

 

明日のブログは

小塚担任助手です!

日本史教えてくれるらしいです!

********************


下のバナーより資料請求・お問合せができます。

または校舎に直接お問い合わせください。(0120-104-564)