【素直になること】河内 亮太 | 東進ハイスクール千葉校|千葉県

ブログ

2018年 12月 2日 【素直になること】河内 亮太

こんにちは!

千葉校のダイエッターこと河内です

最近、気づいたことがありまして

胸筋はついてくるんですが

腹筋が割れません!(笑)

腹筋は、自分の中では

追い込んでいるので

おそらく脂肪が落ちてないんです

なんでですかね…ラーメンのせいですかね

 

ですが、もう冬です!

ラーメンの季節です!

寒い体にはあの食べ物がないと

僕は生きていけないので

ラーメンを食べつつ

痩せる方法を模索中です

ジムに通っていると

運動した分食べていいかとなってしまうのが

毎日?ガンガン坊主に

行ってしまう理由なのではと思います(笑)

 

あともう1つ報告があります

そうです

ゼミ試験です

前のブログで大塚担任助手が

書いていたと思うのですが

ついにその時がやってきてしまいました

試験は小論文と面接のみなのですが

とても緊張してます…

二年生以降の大学生活に

大きく関わるものなので

何としてでも受かるように頑張ります!

さてさて

今回のテーマは

受験生時代にお世話になった人ですね

受験生の頃の僕は、

勉強と部活に精一杯だった

記憶しかないですね

その時は、

学校の先生、担任助手、友達など

 

たくさんの人に支えてもらいました

ですが、やっぱり1番お世話になった人は

家族だと思います

両親は学費の面から考えて

国立大学に進学してほしいと

言っていましたが

僕が私立の明治大学

行きたいというワガママを

何回も話し合った末に承諾してくれました

また部活が10月まであった僕に

本当に間に合うのかと

両親はとても不安に思っていて

成績が上がらないのなら

部活を続けさせることはできない

と言われた時期があり、

自分は絶対やめないと決めていたので

必死で勉強したのも

両親のおかげだったと思います

受験期は自分に勝たないと

いけないというのは

みなさん分かっていると思いますが

成績が伸びなかったり

模試の結果が悪かったりすると

だんだんと楽な方へ逃げがちになります

その時期が僕もありましたが

両親がそれで本気でやっているのか、

自分に聞いて納得するまで

勉強したのかと言われ

自分にどれだけの

甘えがあったのか痛感し

終盤は自分に厳しく勉強する意識をもち

本番を迎えられました

恥ずかしくて

直接感謝の言葉を

言うことがあまりありませんが

みなさんは絶対伝えるようにしましょう!

言える時に言わないと

恥ずかしくなってしまいますからね(笑)

素直になることが大事ですよ!!

来週のブロガーは

 

エクセルなら何でもお任せ!

東大生谷口担任助手です!

お楽しみに!!

 
 
********************

下のバナーより資料請求・お問合せができます。

または校舎に直接お問い合わせください。(0120-104-564)