【ささえる人】大河原優希 | 東進ハイスクール千葉校|千葉県

ブログ

2018年 10月 2日 【ささえる人】大河原優希

こんにちは!

昨日のブログで藤木さんに私服を褒められ、

ニヤニヤしてる大河原です。(笑)

私は、実は洋服が大好きで、

先日も下北に行ってきました!

好きなことを褒めてもらえると

すごく嬉しいですね(^-^)

 

そんな話はさておき、

今回のブログテーマ「好きな言葉」

ラストスパートになってきましたね!

では、私の好きな言葉、、、

それは

「この足音を聞いている

誰かがきっといる」です!!

聞いたことのある方もいると思いますが、

これはMr.Childrenさんの

「足音〜Be Strong」という歌の

歌詞のワンフレーズです。

私は父親の影響で、よくMr.Childrenの

音楽を聴いていました。(今も聴きます)

どの曲も名曲ばかりですが、

お気に入りの曲の一つが

この「足音〜Be Strong」です。

では、

なぜこのフレーズなのかを説明します。

受験生の時の私は、

自分に足りていないこと、

やらなければならないこと、

自分に残された時間などについて

かなりシビアに考えていました。

その結果、ひたすら時間に追われ、

自分がやるべきことをこなし続ける毎日

送っていました。

また、仲の良い友達が

指定校推薦や公募推薦で合格したりと、

この時期辺りから周りのモチベーション

変わってきました。

自分は必死で勉強しているけれど、

推薦組のように

合格が確約された訳でもないし、

受験の結果は

発表の日になってみないとわからない。

そんな不安な気持ち焦り抱えていた私は、

このフレーズを聴き、

“自分の努力を見てくれている人がいる”

ということに改めて気づきました。

いつも応援してくれている家族、

たくさん笑いあって

ストレスを吹き飛ばしてくれる友人、

東進に来れば気にかけてくれる担任助手。

「多くの人に支えられて受験に臨めること」

はとても幸せなことです。

 

私は受験期に多くの演習を重ねました。

その演習を行う原動力となったのは

私を支えてくれる人たちのためにも合格したい

という気持ちからといっても過言ではありません。

“自分ひとりで戦っているのではないこと”

“自分の努力を見てくれている人がいること”

このことを忘れずに何事にも取り組んでほしいです。

 

センター試験まで残り3ヵ月半となりました。

受験生が最大限努力するのはもちろんのこと、

低学年の皆さんは、

受験生の頑張る姿を目に焼き付てくださいね!!!

 

それでは、明日のブロガーは

先日マザー牧場にお出かけしてきた

菊原担任助手です!

お楽しみに~~!

*********************

 

下のバナーより資料請求・お問合せができます。

または校舎に直接お問い合わせください。(0120-104-564)

 

↓↓校舎の様子はコチラから↓↓