【長期休みにやること】吉川悦司 | 東進ハイスクール千葉校|千葉県

ブログ

2019年 2月 23日 【長期休みにやること】吉川悦司

こんにちは

吉川です

 

昨日の紹介にもありましたが

現在、研究室に通っています

ようやく、配属されてから2週間経って

少し慣れて来ました

 

基本的に毎日あるので

待ちに待った週末!って感じです

 

他の担任助手は春休みを満喫しているみたいなので

とても悔しいです笑

 

何をやっているか詳しく知りたい人は

ぜひ受付まで聞きに来てください!

 

 

今日のブログのテーマは

昨日に引き続き

「休みを有効活用!」

です

 

昨日は東担任助手から

隙間時間の使い方

についてでしたね

 

まだ読んでないぞという人は

是非読んでみて下さい!

 

そこで、僕からは

まとまった休みの活用法

について話したいと思います

 

まとまった休みというと

春休み夏休みなどの長期休暇や

ゴールデンウィーク入試休みなどがありますね

特に今年はゴールデンウィークが10連休だったりもしますね

今から楽しみです

 

その他にも、部活生にとっては

定期テスト前は部活が休みになる人も多いはずです

 

 

普段からコツコツ続けて勉強することの大切さは

何度も聞いたことがあるかと思います

 

もちろん継続して勉強することは

志望校合格への一番の近道になると思います

 

ですが、それだけではなく

長期休暇などのまとまった時間が取れる時に

何をするかも同様に大切になります

 

というのも

まとまった時間が取れるのに

いつもと同じ努力量だと

とってももったいないです

 

ここから、僕が考える長期休暇のメリットを3つ紹介したいと思います

 

①単純に時間が沢山とれる

 

高校生は授業に部活動、学校行事などなど…

まとまった時間を取れるということ自体が貴重です

 

でも、時間がある時ほど

その時間の貴重さに気づくことができないように思います

 

夏休みの宿題がいい例ですね

気が付いたら残り3日で大慌てで宿題をやる

という人も多いと思います

 

まとまった時間が取れる時ほど

計画立てが重要になるので注意しましょう

 

②普段できないことができる

 

普段の生活では

毎日継続してやらなければいけないこと

(例えば受講や高速マスター、宿題など)

をやるだけで精一杯という人はいませんか?

 

時間がなくて出来ていなかった参考書や

理科や社会などの科目をやるチャンスです

今までやりたいと思っていても手を付けられていなかった

ことに挑戦してみましょう

 

③”受験生”化の準備

 

長い時間集中力を保って勉強することは

なかなか難しいと思います

 

長時間勉強する習慣がないひとは

長期休暇などにその練習をしてみましょう

 

①~③で話したことを次の休みから実践してみて下さい

 

例えば、次の春休みを受験生の夏休みと仮定して

朝から登校して1日東進で勉強してみることをオススメします

 

最初は集中力が続かない…と思うかもしれませんが

続けることが大切です

だんだん集中力の続く時間が長くなってくるはずなので

諦めずに頑張りましょう!

 

 

さて、明日のブログは戸田担任助手です!

この写真めっちゃ若いですね笑

明日もぜひご覧ください

 

****************

 

 

 

 

 

 

 

 

*200以上ある講座からえらべます*