【1点でも多く】 谷口 | 東進ハイスクール千葉校|千葉県

ブログ

2019年 12月 17日 【1点でも多く】 谷口

こんにちは。谷口です。

最近ブログ書く日を忘れがちです。

連絡は来てるんですよ。

ただ書くのを忘れるんですよ。

3回連続でやってしまってるので、

そろそろ気を引き締めたいと思います。

さて、受験生の皆さんは

言うまでもなく気を引き締めていますね?

そう、いよいよ

センター試験

が迫ってきています。

明日で1ヶ月前ですね。

この直前期にやるべきことを

今日はお伝えしたいと思います。

皆さんがやるべきは

ずばり

……

計画的な演習

です。

「当たり前だろ」

と思ったあなたは、

たぶんこのブログは読まなくてもいいかもしれません。

「計画的な」

と言う表現には

僕なりのこだわりがあります。

例えば一昨日のセンター模試。

人によって結果はだいぶ違うと思います。

着々とセンターの仕上げが完成しつつある人。

未完だけど、あと少しの工夫で出来上がる人。

あるいは、

ボロボロで何から手をつければ

いいかわからない人。

人それぞれ、これからの1ヶ月で

やることは異なると思いますが、

大事な基本方針は一緒です。

それは

1点でも多く取るための勉強」

残り1ヶ月で出来ることは限られています。

でも現役生の皆さんにはまだまだやらなくちゃいけないことがたくさんあると思います。

なかなか満点を取れない英文法

どうしても時間が足りない数学

出来ると思い込んでいた古文

詰めが甘くてうまくいかない理科・社会

などなど。

でも、全部に手を出している余裕はありません。

ならば、

「最も効率的に得点をあげられる科目」

を集中的に勉強すべきなのです。

もちろん、それ「だけ」をやっていては

他の科目が衰えてしまいますから、

全体のバランスも考えますが、

特に力を入れるべき科目を、

担当の先生としっかり確認しましょうね。

そして、肝心なのは

「惰性でやらない」ことです。

この時期になると、目の前の

課題しか見えなくなって

惰性で勉強してしまう人がいますが、

全体のバランスを見ないと

勉強の内容が偏ったり、

どれも中途半端になってしまいます。

きちんと最後の11秒まで

得点を引き上げるためにも、

「計画的な演習」

を心がけましょう。

東進のスタッフは最後まで

皆さんを応援するつもりです。

時間のあるときにどんどん

相談に行きましょう。

(面談のアポイントは取った方がよいですが)

おまけ

2次私大の試験で数学を使う方は、

俗に言う「センターボケ」を

起こさないためにも、

センター数学の対策と併せて

大学の入試問題の演習も

定期的に行いましょう!

明日のブログは

僕よりも理系科目が得意な

森岡くんです。

勝てません。

明日もお楽しみに!

****************** 

下のバナーより資料請求・お問合せができます。

または校舎に直接お問い合わせください。(0120-104-564)