【The last message】大塚 | 東進ハイスクール千葉校|千葉県

ブログ

2019年 5月 7日 【The last message】大塚

 

皆さんこんにちは!

大塚です

 

これが担任助手人生、最後のブログとなります

そして数日間続いた

卒業する担任助手のラストメッセージも自分で最後となります

 

最後のブログと言われると何書いていいか分からなくなるものですね(笑)

いつもより打つ手が止まってしまいます

 

まずは

自分が過去2年間で皆さんに書いたブログのリンクを全てここに載せます!

自分の思いが詰まっているもの達なので参考になる部分もあるかと思います

気になったものを気軽に見てみて下さい!

 

↓自己紹介・大学生活の紹介

新担任助手紹介 大塚遼平

大学での生活 大塚

読書大事です 大塚

英語 大塚

【2年目から見る明治大学 〜前編〜】大塚

【2年目から見る明治大学 〜後編〜】大塚

【英語が必要なワケ】大塚

【千葉東あるある】大塚

【自分から】大塚

【大塚の合格設計図】大塚

↓オススメの勉強法

東進千葉校活用法!! 大塚

きっとあなたも古文好きになります 大塚

資料集持参のススメ 大塚

Let’s上単 大塚

【合格報告会に参加しよう!】大塚

↓ちょっと心が疲れたときに・勉強でメンタルがやられそうなときに

好きな言葉 大塚

自信 大塚

やるからには前向きに 大塚

【water】 大塚遼平

【選択肢を広げよう】大塚

【ライバルを作ろう】大塚

↓志望校が決まっていない人へ

○○に行きたい!! 大塚

【現地訪問】 大塚

↓夏期合宿に参加する受験生へ

【行くからには、やるからには】大塚

↓受験期を見据えて

1日1日を大切に 大塚

最後まで皆さんの担当です 大塚

【基礎の反復】大塚

【自信と冷静さ】大塚

【最後まで校舎で】大塚

 

最初のほうはめっちゃテンションを上げて書いていることと

文章を書く能力がだんだん向上していることに

気づくと思います

担任助手を卒業したら一般人になるので

時間が経ったら全部消します!

お見逃しなく~

 

自分からは

最後の言葉として

皆さんへの感謝と

伝えたいことを添えて終わろうかと思っています

 

最初に、

元生徒も含め自分の担当だった39名の皆さん

多種多様な人たちだったのでこちら側も鍛えられました(笑)

みんなの頑張りを見ていると

自分も頑張らなきゃと思わせてくれたり、

みんなに何か有益になることができないかと

ますます思わせてくれました

現役で進学した生徒も浪人させてしまった生徒も

合格報告を聞いたときは毎回、自分の事のようにうれしかったです

そして今の受験生は

自分のアドバイスを最も率先して取り入れてくれ、

「東進生」へと急成長してくれました

(まだ毎日登校・受講できてない人もいます、しっかりやるんだよ笑)

第一志望校へ合格できるよう、新担当のもとでこれからも頑張ってください

 

担当以外だった皆とも本当に多くの人と関わることができました

質問の応対や受付での何気ない会話、英検準1級の面接の相手役(務まらなかったですね笑)などなど…

時には注意することも多くありました

何をするにしても、こちら側の考えを押し通すのではなく

皆さん側の立場になってモノを言うようにしていました

しっかり皆さんの”助手”ができていたらうれしいです

 

 

それでは最後にあと2点ほど

 

 

受験を迎えるうえで自分が思う大切なこと、それは

 

1点目

「志望校を早く固める」

ことです

やっぱり志望校ががっちり固まっているほうがストレートに対策ができますし、

つらい時でも心の拠り所になります

 

「志望校の決め方」にもポイントがあります

上記のブログ集をあさってもらうとわかるのですが、

以前は大学のブランドや知名度で選んでも悪くはないよといった考えを持っていました

今は180度変わっています

ぜひ自分が専門としたい興味のある分野・学部から選んでください

特に文系は

就職を考えたら経済系のほうがいいのかな

とか

とりあえず難関大のほうがいいかな

という生徒が多くいます(かつての自分もそうだった)が

大事なのは”どこで、何を”学んだかではなく”どれくらい”学んだかです

考えてみてください

就活の面接で、

「経済のこれを学びました!」とアピールしても

相手の企業のほうが言わば経済のプロです

そこまでアピールにはなりません

反対に経済とは程遠い文学部の学生が

「自身の論文で全国で賞をもらいました!」

とアピールしたほうが考え抜く力が長けているとみなされます

 

正直ある程度の学歴はいまだ必要ですが、

東大に受かったとしても自分の興味のない範囲だと途中でドロップアウトします

 

理系の場合は大学の学びが就職に直結することが多く

また話は変わってくるのであまり気にしないでください

 

 

2点目

 

先日、海外公演を控えるGACKTがテレビでこんなこと言ってました

「俺あんまり本番で緊張しないんだよね。死ぬほど練習したらさ、本番で緊張なんかしないじゃん。」

 

その通りだと思いました

死ぬほどという言葉はあまり好きではないですが

受験も何事も、大きなイベントに向けてはそのくらいやらないとだめだと思います

実際、自分も

「センター本番、早く来い、実力を試したい」

とどこかワクワクしていました

緊張があるということは不安を抱えているということです

本番では

もうやり残したことはないと胸を張って言えるくらいになりましょう

それでだめだったら仕方ないです

後悔することなんてありません

 

 

 

長々と書いてしまいましたが、これで終わりです

皆さんの受験がうまくいくよう

陰ながら応援しています!

 

今までありがとうございました!

 

さて、

明日のブログ担当は

鈴木担任助手です!

明日から新テーマです!

お楽しみに~

****************

 

 

*200以上ある講座からえらべます*