5月 | 2019 | 東進ハイスクール千葉校|千葉県

ブログ 2019年05月の記事一覧

2019年 5月 11日 【「忙しい」で終わらない】 渡辺明彩香

 

こんにちは!渡辺です!

 

大学生活が始まって1か月が経ちました。

 

私は通学に東京駅を使っているのですが、

1か月使ってやっと

東京駅の大体の構造を理解できるようになりました(笑)

 

私は重度の方向音痴なので、

大学生のうちにもっと駅と路線に詳しくなりたい思います。

 

 

 

さて、本題に入ります。

 

今回のテーマは、「部活・定期テスト・文化祭との両立」についてです。

 

この時期に多くの受験生の皆さんが悩むことだと思います。

 

 

私自身は高校ではバドミントン部に所属し、部長として活動していました。

 

この時期は最後の大会が近づいてきたり、

定期考査がせまってきたり、

文化祭の準備も始まってきたり、

 

大変だけど、どれも妥協できないな、と考えていたのを思い出します。

 

 

正直、両立するのは大変です。

 

 

その上で、今日は、私が大切にしていた

 

①やることの可視化

 

②時間に対する考え方

 

の2つについて伝えようと思います。

 

 

➀やることの可視化

この時期は、とにかくたくさんやることがあるのではないでしょうか?

 

勉強に限らずです。

 

 

そんなとき、私は、

「今やりたいこと・やらなくてはいけないこと」を

可視化するようにしていました。

 

受講はあとどれくらいあるのか

高マス毎日やらないとな

あ、学校の古単テストもあった…

 

このようなことはまず全部紙に書きだします。

 

そしてそれらをいつまでにやるのか考えます。

 

その中で、

 

毎日やるべきこと、

毎日ではなくともこまめにやりたいこと、

 

などに分類して、

今やることを目に見える形にしていきます。

 

頭の中だけで考えるよりも、明確になるはずです!

 

 

②時間に対する考え方

 

➀で、やることが明確になったら

次はそれをやるだけですが、

ここで立ちはだかるのが「時間」の問題です。

 

時間がないからできなさそう

忙しくて無理

 

そう考えてしまいそうになるのではないでしょうか?

 

もちろん部活動だって学校行事だって大切です。

 

簡単に譲れるものではないからこその悩みです。

 

しかし、本当に時間がありませんか

 

一度、自分の一日の行動を

バーチカルタイプのスケジュールなどに

書いてみるのがおすすめです。

 

学校の休み時間に暇なその時間

寝る前にスマホ触ってるその時間

気づいたら寝てたその時間

 

意外と時間はあるのではないかと思います。

その少しの時間でできることはたくさんあります!

 

「忙しい」

 

だからこそ、

「限られた時間の中で、どうやったらできるか?」

という視点に立つことが大事です。

 

大変な時期ですが、

 

「大変だ」で終わるのではなく、少し考え方を変えると、

部活動も学校行事も

もっと集中して楽しめるのではないかと思います!

 

長くなりましたが、私からは以上です!

 

 

 

明日のブロガーは、

 

浅野担任助手です!

 

 

 

*200以上ある講座からえらべます*

 

 

2019年 5月 10日 【how to 両立?】山田樹央

こんにちはー!

 

ブログ2回目の山田です。

 

今回はですね〜

部活定期テスト文化祭をどうやって両立するのか?

について話したいと思います!

 

少しは参考になるかも知れません

 

僕は高校時代陸上をやってました。

 

今陸上部に入ってる人は

シーズン真っただ中なので

コンディション調整とか

ものすごく忙しいですよね。

 

そして、

三学期制の高校は、

もうすぐ定期テストもやってきますよね。

 

テスト勉強も部活をやりながら

少しずつ増やしていかないといけませんよね

 

さらにですよ、

 

早い学校では、

 

もう文化祭シーズンとなります!

 

楽しみが

とても増えていくと思いますが、

やらなきゃいけないことも

比例してついてくるんですよね。

 

とにかく大変なんですよね

 

いろいろやることが多い中、

うまく両立するために

最も大切になってくることは、

 

やることに優先順位をつけて

計画を立てることだと思います。

 

やらなければいけないことがたくさんあると、

何からやればいいのか

わからなくなってしまいますよね。

 

全部やろうとしてしまうと、

全部がないがしろになってしまう

ということが多々あると思います。

 

だからこそ、

 

何からやればいいのか、

やらなければいけないことに

順位づけすることが

とても大事なんですよ!

 

でもいきなりそんなこと言われたって

どうやって優先順位を決めればいいのかわかんないですよね。

 

今から僕が大先輩から教わった

優先順位のつけ方を紹介したいと思います!

 

肝心なことは、

 

重要性緊急性を決めることです。

 

それは本当に重要なのか、

急いでやらなければいけないことなのか、

決めることが大事なんですね。

 

これは将来皆さんが社会人になった後も

ずっと大事になることなんですよ!

 

この2つを決めたら

 

次はそれを基に計画を立てていきます。

 

計画を立てる際にもPOINTがあります!

 

最初から細かい計画を立てずに、

 

まずは大まかに

やることを決めちゃうんです。

 

そしてやることが決まって、

全体の目星がついたら

細かく時間単位で予定を組んでいきます。

 

こんな感じでやっていくと、

とても効率よく

進めていくことが出来ると思います!

 

ぜひ試してみて下さい!

 

それと

やることを全部覚えておくのも

なかなか大変かもしれませんので、

普段から

メモ帳を持っておくといいかもしれません!

 

僕も今、

メモ帳を持ち歩いて

細かいことをメモするように

心がけています。

 

まとめると、

 

両立をするためには

単純化明確化すること!

 

が大切ですね!

 

それでは頑張ってください!

 

 

次回のブロガーは

あさか担任助手です!

お楽しみに~

 

 ****************

 

 

*200以上ある講座からえらべます*

 

2019年 5月 9日 【部活と勉強の両立】船木隆道

皆さん、こんにちは。

鈴木担任助手に完成度の高いブログを期待されて、

 

2回目にしてプレッシャーのかかっている

船木です。

 

 

さてさて、先日のGW(ゴールデンウィーク)は充実した日々を過ごせましたか?

毎日登校毎日受講はできました?

 

毎日の積み重ねがとても大事ですよ!

 

 

これは心のノートにも書いたのですが、

僕のGWはすごく充実していました!

特に1番思い出深いのが、

日向坂46

というアイドルグループの

握手会に行ったことです!

 

元々、握手会に参加するほど

ハマるつもりはなく、

 

テレビで見てるくらいが一番いい

と思ったいたのですが

 

友達に誘われ行ってみると…

 

どハマりしてしまいました

とにかく

可愛い!!

顔小さい!!

綺麗!!

 

日向坂46はどのメンバーも可愛いので

是非みなさん勉強の合間にチェックしてみて下さい!

ぜひ日向坂46について話しましょう!

 

語り出すと止まらないので

ここから本題に入ります!

 

部活と勉強の両立

 

ということで

前回のブログでも言いましたが

(見てない人は要チェック!)

 

僕は高校時代に

ラグビー部に所属していました。

 

河内担任助手の一個下の代でしたよ!

 

ラグビー部は

最後の大会の時期が秋頃にあるため

引退するのが他の部活よりも遅いんです。

 

そのため

夏休みや秋頃の勉強量が

どうしても他の人たちより

少なくなってしまいます。

 

ですが受験ではそんなこと関係ありません。

 

そのことを考えて

春からセンターレベルの基礎

を固めていくことが大事なのです。

 

これはラグビー部に限らず

全ての部活生に言えることですね。

 

僕が部活と勉強を両立させるために気にしていたことは

 

切り替え

です。

 

部活をしているときは

勉強のことは一切考えず

集中して練習に取り組んでいました。

逆も同じですね。

勉強中は勉強以外のことを考えず

短い時間でも集中して取り組みました。

 

その甲斐あって

部活では県の選抜選手に選ばれたり、

成績も東進入学時のテストの点数の倍以上の点数を取れるようになったりしました。

 

それでも

どちらも同時に行うのはとても大変です。

3年生になったら

特に、チームを引っ張っていかなければならない責任

受験勉強のプレッシャー

とで苦しくなると思います。

 

そんなときは周りの人を頼ってください。

友達でもいいし家族でも、

もちろん担任助手も頼ってください!

僕も去年の担当の

青柳さん

には助けられました。

 

話しやすい方なので

勉強のことも部活のことも

相談に乗ってくれてすごく楽になりました。

 

なのでみなさんも

話をしたいなと思うときは

辛くなる前に

話しにきてくださいね!

いつでも待ってます!

 

明日のブロガーは

 

 

現役時代よくお昼を一緒に食べていた

山田担任助手です!

 

 

       ****************

 

 

*200以上ある講座からえらべます*

 

2019年 5月 8日 【お騒がせしました】 鈴木健悟

みなさんこんにちは!

 

えー、私鈴木ですがこの度

担任助手4年目となりました(笑)

 

 

担任助手のみんな、

そして生徒のみなさん、

「やめるやめる」と嘘をついてしまい

申し訳ありませんでした。

 

 

もちろんやめるつもりでいたので

嘘をついていたつもりはないんですが

結果として嘘をついていたことに

なってしまいました。

 

すみません(^^;;

 

 

急な決定だったので

このブログではじめて

僕が担任助手を続けるということを知る

生徒のみなさんも

たくさんいるかと思いますが、

これからも変わらず

元気に明るくそして

みんなにとって頼れる存在でいれるように

精一杯頑張っていこうと思うので

これからもよろしくお願いします。

 

 

ここまで話すと

「なんで続けることになったんですかあ〜?」

と聞いてくる人もいると思うので

続けることになった訳を話しておくと、

担任助手として成長できる部分が

まだたくさんある

そして、

人間として成長できる環境に身を置ける

と思ったからです。

 

 

僕はいま3年生になり、

将来の進路選択に迫られています。

 

最近では公務員になろうと思い、

予備校にも通いはじめました。

 

 

これまでも東進では

いろんなことを学び

成長させてもらいましたが、

これまで以上に

誰かのために

自分のために

何かのために

なるようなことがしたい

そう考えた末に、

4年目を続けよう」という

決意を固めるに至りました。

 

 

だからこそ

今年、令和1年目

僕にとって大きな成長ができる年

そんな年にしたいと思っています!!

 

 

だから、みなさん!

 

共に成長できるように頑張りましょう!

 

 

 

 

さてさて

前置きが長くなりましたが、

そろそろ本題に移りましょう

 

 

今回のテーマは

『部活や文化祭と勉強の両立について』

です!!

 

 

僕は高校時代野球部に所属していて

この時期から夏にかけてすごく忙しく

「部活一本!」

という感じだったので、

部活との両立をメインで

伝えていこうと思います。

 

 

結論からいうと

「やりたいことに集中しよう」

というのが、僕からの答えです。

 

高校生活は一度きりです。

 

部活でも3年生であればメインの代

 

野球部だったら最後の夏を

迎えることになります。

 

 

それなのに部活に一生懸命にならない人は

まずいないと思います。

 

 

そんな部活動には

高校3年間の全てをぶつけていい

と、僕は思います。

 

だから、

部活を一生懸命やりたい人は

後悔がないように最後までやりきりましょう。

 

 

ただ、そうは言っても

3年生は受験生な訳です。

 

勉強をやらなくていいわけではありません。

 

部活に集中するとは言っても

124時間ある中で

勉強できる時間はあるはずです。

 

自分がやるべきこと、やれることは

最大限必ずこなしておきましょう。

 

そうすれば、

後悔なく部活を引退した後

大きな困難を迎えることなく

受験生活を送れると思います。

 

 

いまは部活が1番だと思いますが

そのいまの過ごし方一つで

“1年後の大学生活が大きく変わることを

理解しておいてください。

 

 

時間は止まることなく進んでいきます。

 

いまだけを考えることなく、

後悔のない選択をしていきましょう!

 

 

長くなりましたが、

これからも変わらず

よろしくお願いします(^∀^)

 

 

明日のブロガーは

僕の元担当生徒

船木担任助手です!

 

完成度の高いブログを期待しましょう!

 

お楽しみに〜

 

****************

 

 

*200以上ある講座からえらべます*

2019年 5月 7日 【The last message】大塚

 

皆さんこんにちは!

大塚です

 

これが担任助手人生、最後のブログとなります

そして数日間続いた

卒業する担任助手のラストメッセージも自分で最後となります

 

最後のブログと言われると何書いていいか分からなくなるものですね(笑)

いつもより打つ手が止まってしまいます

 

まずは

自分が過去2年間で皆さんに書いたブログのリンクを全てここに載せます!

自分の思いが詰まっているもの達なので参考になる部分もあるかと思います

気になったものを気軽に見てみて下さい!

 

↓自己紹介・大学生活の紹介

新担任助手紹介 大塚遼平

大学での生活 大塚

読書大事です 大塚

英語 大塚

【2年目から見る明治大学 〜前編〜】大塚

【2年目から見る明治大学 〜後編〜】大塚

【英語が必要なワケ】大塚

【千葉東あるある】大塚

【自分から】大塚

【大塚の合格設計図】大塚

↓オススメの勉強法

東進千葉校活用法!! 大塚

きっとあなたも古文好きになります 大塚

資料集持参のススメ 大塚

Let’s上単 大塚

【合格報告会に参加しよう!】大塚

↓ちょっと心が疲れたときに・勉強でメンタルがやられそうなときに

好きな言葉 大塚

自信 大塚

やるからには前向きに 大塚

【water】 大塚遼平

【選択肢を広げよう】大塚

【ライバルを作ろう】大塚

↓志望校が決まっていない人へ

○○に行きたい!! 大塚

【現地訪問】 大塚

↓夏期合宿に参加する受験生へ

【行くからには、やるからには】大塚

↓受験期を見据えて

1日1日を大切に 大塚

最後まで皆さんの担当です 大塚

【基礎の反復】大塚

【自信と冷静さ】大塚

【最後まで校舎で】大塚

 

最初のほうはめっちゃテンションを上げて書いていることと

文章を書く能力がだんだん向上していることに

気づくと思います

担任助手を卒業したら一般人になるので

時間が経ったら全部消します!

お見逃しなく~

 

自分からは

最後の言葉として

皆さんへの感謝と

伝えたいことを添えて終わろうかと思っています

 

最初に、

元生徒も含め自分の担当だった39名の皆さん

多種多様な人たちだったのでこちら側も鍛えられました(笑)

みんなの頑張りを見ていると

自分も頑張らなきゃと思わせてくれたり、

みんなに何か有益になることができないかと

ますます思わせてくれました

現役で進学した生徒も浪人させてしまった生徒も

合格報告を聞いたときは毎回、自分の事のようにうれしかったです

そして今の受験生は

自分のアドバイスを最も率先して取り入れてくれ、

「東進生」へと急成長してくれました

(まだ毎日登校・受講できてない人もいます、しっかりやるんだよ笑)

第一志望校へ合格できるよう、新担当のもとでこれからも頑張ってください

 

担当以外だった皆とも本当に多くの人と関わることができました

質問の応対や受付での何気ない会話、英検準1級の面接の相手役(務まらなかったですね笑)などなど…

時には注意することも多くありました

何をするにしても、こちら側の考えを押し通すのではなく

皆さん側の立場になってモノを言うようにしていました

しっかり皆さんの”助手”ができていたらうれしいです

 

 

それでは最後にあと2点ほど

 

 

受験を迎えるうえで自分が思う大切なこと、それは

 

1点目

「志望校を早く固める」

ことです

やっぱり志望校ががっちり固まっているほうがストレートに対策ができますし、

つらい時でも心の拠り所になります

 

「志望校の決め方」にもポイントがあります

上記のブログ集をあさってもらうとわかるのですが、

以前は大学のブランドや知名度で選んでも悪くはないよといった考えを持っていました

今は180度変わっています

ぜひ自分が専門としたい興味のある分野・学部から選んでください

特に文系は

就職を考えたら経済系のほうがいいのかな

とか

とりあえず難関大のほうがいいかな

という生徒が多くいます(かつての自分もそうだった)が

大事なのは”どこで、何を”学んだかではなく”どれくらい”学んだかです

考えてみてください

就活の面接で、

「経済のこれを学びました!」とアピールしても

相手の企業のほうが言わば経済のプロです

そこまでアピールにはなりません

反対に経済とは程遠い文学部の学生が

「自身の論文で全国で賞をもらいました!」

とアピールしたほうが考え抜く力が長けているとみなされます

 

正直ある程度の学歴はいまだ必要ですが、

東大に受かったとしても自分の興味のない範囲だと途中でドロップアウトします

 

理系の場合は大学の学びが就職に直結することが多く

また話は変わってくるのであまり気にしないでください

 

 

2点目

 

先日、海外公演を控えるGACKTがテレビでこんなこと言ってました

「俺あんまり本番で緊張しないんだよね。死ぬほど練習したらさ、本番で緊張なんかしないじゃん。」

 

その通りだと思いました

死ぬほどという言葉はあまり好きではないですが

受験も何事も、大きなイベントに向けてはそのくらいやらないとだめだと思います

実際、自分も

「センター本番、早く来い、実力を試したい」

とどこかワクワクしていました

緊張があるということは不安を抱えているということです

本番では

もうやり残したことはないと胸を張って言えるくらいになりましょう

それでだめだったら仕方ないです

後悔することなんてありません

 

 

 

長々と書いてしまいましたが、これで終わりです

皆さんの受験がうまくいくよう

陰ながら応援しています!

 

今までありがとうございました!

 

さて、

明日のブログ担当は

鈴木担任助手です!

明日から新テーマです!

お楽しみに~

****************

 

 

*200以上ある講座からえらべます*