【「受かるため」を考える】松田理沙 | 東進ハイスクール千葉校|千葉県

ブログ

2020年 9月 2日 【「受かるため」を考える】松田理沙

こんにちは!松田です!

最近東進での午前中の勤務が続いていて、

早寝早起きの習慣がばっちりつきました(笑)

みなさん、夏休みはどうでしたか?

やろうと思っていたことは全部できたでしょうか?

自由な時間の多い夏休み、

わたしは正直もっとうまく時間を

使えればよかったなと反省しています……

でも千葉大の夏休みは9月末までなので、

9月はもっと夏休みぽいこと(曖昧)をしたいです!

あとは資格の勉強も!がんばります!!

夏休みあまりうまく活用できなかったなと思ってる方、

まだまだ巻き返せます。

9月からまた一緒に頑張りましょう!

 

前置きが長くなってしまいましたが……

わたしが併願校について考え始めたのも

ちょうど夏休み明けのこの時期でした。

わたしは考えに考え尽くして

第一志望にも併願校にも受かるため

受験校を選びました。

今日はわたしの体験をもとに選び方を

紹介していきたいと思います!

①受験科目

第一志望だった千葉大の二次試験では

化学が必須だったのですが、

わたしは化学がすごく苦手でした。

化学は千葉大の試験傾向にがっつり特化して

勉強しなければ間に合わないと思ったので、

私大は得意科目だった生物と国語を使った

受験ができるところを選びました!

私大対策に時間を取られすぎることなく

第一志望にたくさん時間を使えたので、

この選び方は本当に正解だったなと思います。

②受験日程

今までの担任助手もブログで何回か紹介していましたが、

試験慣れは本当に大切です。

わたしも志望度が高かった私大の受験日程が早く、

その前に試験慣れのために別の大学を受験しました。

そこが私大1発目の受験だったのですが、

栃木の大学だったので帰りに餃子を食べるのを楽しみに

試験をがんばれたのもいい思い出です(笑)

また、受験が連日続いてしまうとかなり疲れます……

対策も行わなければいけないため、受験した日の夜に

次の日の大学の対策!となってしまうこともあります。

できるだけ良いコンディションで受験を乗り切れるよう、

志望度の高い大学の受験日前日はできるだけ空ける

受験はなるべく3日以上連続しないように気を付ける

など、受験日程の面からの調節も大切です

 

併願校選びに迷っているときは

担任助手が相談に乗るので、

気軽に声をかけてください!!

 

明日のブロガーは…

用担任助手です!

この写真すごくかわいくてびっくりしました

最近お会いしてないので

夏休みの思い出を詳細に聞きたいです!!!

お楽しみに!

**************

下のバナーより資料請求・お問合せができます。

または校舎に直接お問い合わせください。

0120-104-564