【やるなら1位を!!】 鈴木健悟 | 東進ハイスクール 千葉校 大学受験の予備校・塾|千葉県 東進ハイスクール千葉校|千葉県

ブログ

2020年 12月 21日 【やるなら1位を!!】 鈴木健悟

みなさんこんにちは!

鈴木です。

 

ウサギポーズしてる自分って

見るに耐えないですね。

 

自分で自分が嫌になります。

まだゴリラって言われた方がマシですね。

 

ちなみにあのウサギポーズは

それぞれに指定のポーズがあって

それに従っただけなんですけど

わざわざみんなに見せるものではなかったですね(笑)

 

 

さあ、そんなことは置いておいて

今回のテーマは

「千題テストについて」

ですね。

 

これまでに多くの担任助手が

千題テストの意義復習法などについて

たくさん話してくれたので

正直ネタ切れで困っています。。。

 

今回も毎度の如く、

(内容が被ることもあるかもしれませんが)

僕なりの考えをここに書き記していこうと思います。

 

千題テストは、

年内最後の一大イベントです。

(これ誰か言っていたような気がするな(笑))

 

これまでのブログを通して

このイベントの意義については

みんな一定の理解をしている

という前提で、話を進めていきましょう。

 

受験生のみなさん、

どのような心持で千題テストに

臨もうと思っていますか?

 

「とりあえず高マスを一通り復習してから当日をむかえよう」

とか

「本当は二次の過去問やりたいけどみんなも参加するからいいか」

もしくは

「全てをかけて千題テストで1位を取りに行く!」

と思っている人など、

三者三様、十人十色の考え方

千題テストに臨もうと考えていると思います。

 

僕から伝えたいのは

『やるなら1位をねらえ!!』

ということです。

 

「1位はさすがに無理だよ。」

と思っている人がいるとしたら、

「とにかく上位を目指す!」

という気持ちを持って臨んでほしいです。

 

気づいている人はいるかと思いますが、

グループミーティングスペースに

去年の千題テストのランキング

掲示されていますよね。

 

すでに見た人はわかると思いますが、

やはり千題テストで高得点を取っている人ほど

上位の大学に合格しています。

 

この結果からわかることって

なんだと思いますか?

 

そうです。

 

“基礎基本はどの大学でも通用する”

ということです。

 

もちろん基礎基本だけで合格できるほど

受験は甘くはありませんが、

基礎基本を応用・難関へと発展させていくことで

合格をもぎ取ることができるはずです。

 

千題テストで高得点を取ることは

志望校に合格することの絶対条件ではありませんが

必要条件ではあります。

 

「第一志望に絶対合格したい!」

そう思っている人は、

この千題テスト、死ぬ気で

1位を取りに行ってみてください。

 

前回のブログでも書きましたが、

求められるのは“結果”です。

 

千題テストは

長い長い1日になると思いますが、

心を折らず最後まで結果にこだわって

戦ってきてください。

 

みなさんの健闘を祈ります。

 

 

明日のブロガーは

高橋担任助手です!

 

明日からは新テーマとなります。

新テーマ1発目のブログ楽しみですね!

 

ではまた明日!!!

****************************

 

最終締め切り 12/25(金)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

下のバナーより資料請求・お問合せができます。

または校舎に直接お問い合わせください。

(0120-104-564)