【一番のありがとう】 鈴木健悟 | 東進ハイスクール千葉校|千葉県

ブログ

2020年 10月 26日 【一番のありがとう】 鈴木健悟

 

 

みなさんこんにちは!

鈴木です!

 

多くの生徒から

「健悟さん最近ずっといないですか?」

と言われます。

 

はい、ずっといます。(笑)

 

本当に毎日のように東進に来ていて

気づけばもう13日連続です。

 

立派な東進生ですね!

 

このブログが公開される今日も

きっと東進にいることでしょう。

 

きっと東進が大好きなんですね!

(好きじゃなきゃ5年も続けてませんね!)

 

実は心の拠り所なのかも(笑)

 

 

そして、

全統受験者の皆さん

お疲れさまでした!!!

 

いま出せる全力を

ぶつけることはできましたか?

 

手応えが良い人も悪い人も

一喜一憂せずに、

次の一歩を確実に踏み出して行きましょう。

 

受験生の皆さんは

これからは二次・私大の演習

全ての時間を捧げることができます。

 

下を向かずに常に前だけを見て

頑張っていきましょう!

 

1,2年生の皆さんは

3か月後に同日試験を迎えます。

 

今回出た反省点を1月に繋げられるようにしっかり復習をして、

着実に力をつけていきましょう!

 

 

 

さてさて、

今回のブログのテーマは

自由選択ということで、

僕は

『感謝している人』

というテーマで書いていこうと思います。

 

僕が最も感謝している人は

両親

です。

 

受験を終えて5年が経ち、

改めて「一番感謝している人は誰かな?」

たくさん考えてみたのですが、
やっぱり両親以上に感謝をしている人は
いないかなと思います。

 

みなさん知っての通り
僕は2度大学に入学をしました。

 

 

高い入学金を払って入れてもらった立教大学

 

そして、

もう一度やり直すことを決めて入った千葉大学

 

それに加えて現役時代は、

大学受験を成功させるべく
高いお金を払って
東進にも通わせてもらいました。

 

でも、その金銭的な援助以上に
僕のわがままを受け入れてくれたことは
本当に感謝してもしきれません。

 

僕はいままで、

自分のやりたいことを
やらせてもらえる環境にいました。

 

1年間の仮面浪人を経て
それは普通のことではない
ということに気づかされました。

 

みんなやりたくてもできない、
やらせてもらえない、


それが普通なのかもしれません。

 

 

「僕はなんて恵まれた環境で
生活することができているのだろう」と、

このブログを書きながら考えています。

 

また、両親は一番の理解者でもあります。

 

今でこそ一人暮らしで親元を離れていますが、

長い間ずっと一緒に
暮らしているからこそ、
自分の考えていることは
両親にはすぐにわかります。

 

そして、自分の考えを理解してくれます。

 

教員になるために大学に入りなおしましたが、

ストレートで教員になるのではなく

一度一般企業で社会経験を積んでから

高校教員になるという僕の考えを

ちゃんと理解してくれています。

 

両親はいつでも僕の味方です。

 

それはきっと
どこの家庭でも同じことだと思います。

 

自分を認め、理解し、
サポートしてくれる両親を大切にして
これからも前に進んでいきたいと思います。

 

みなさんも両親、
そして家族を大切にして
目の前の受験勉強に
全力で取り組んでください!

 

合格を勝ち取って両親を泣かせるくらい
全力でやりきってください!

 

結果は必ず出るはずです。

 

 

明日のブロガーは

最近成長を見せている

岩田担任助手です!

 

クールに勉強をこなしていた

(ように見えていた)彼は、

いったいどんなブログを

書いてくれるのでしょうか。

 

お楽しみに~

 

 

****************************

下のバナーより資料請求・お問合せができます。

または校舎に直接お問い合わせください。

0120-104-564