【あと10日間でできること】松田理沙 | 東進ハイスクール千葉校|千葉県

ブログ

2020年 8月 13日 【あと10日間でできること】松田理沙

こんにちは!松田です!

毎日暑いですが、体調は崩していませんか?

わたしは今埼玉の実家に帰省していて、夏休み前半は家族と一緒に過ごしています!

お盆には祖父の家に行きたかったのですがコロナウイルスの影響で断念し、

代わりにビデオ通話をすることになりました。

オンラインで繋がれる時代で本当によかったなあと思います…!

 

さて、共通テスト本番レベル模試まで

あと10日です!

わたしの入試本番10日前は、ひたすら焦りと緊張でいっぱいになっていました (笑)

本番までにやらなくてはいけないことが無限にあるような気がして、今までの模試の活用のしかたが下手だったなあと反省しました。

というのも、わたしは模試の「直前の過ごし方」を全く工夫していなかったんです。

模試は入試本番と同じように思え。

これは何度も言われたことがあると思います。

ということは、模試を10日後に控えた今、本番10日前と同じように過ごさなくてはいけないと思いませんか?

この模試は、秋以降の勉強の方針にも関わるとても大切な模試です。

この10日間、ぜひ本番直前同様にしっかりと対策をして、自信を持って模試に望んでほしいです!

模試までの10日間でできることを考えてみました!

①苦手範囲を10個克服する

毎日1つ、苦手範囲を徹底的に潰すのはどうでしょうか?

大問別演習で毎回得点率が低い範囲、もともと苦手意識が強い分野、などなど……

模試までに10個の苦手を克服できたら、得点もかなり変わってくると思いませんか?

この機会に思い切って苦手を潰しちゃいましょう!

②どうしても覚えられない内容に20回触れる

英語の紛らわしいイディオムや生物の複雑な機構など、毎回忘れてしまう内容はとにかくたくさん触れることがおすすめです。

例えば、1日2回。校舎に来たときと校舎から帰るとき、必ずそれを復習する!と決めてみてください。

単純計算で模試までに20回触れられることになります。

そして、多分模試の日の朝にはもう覚えられているはずです。

模試までの10日間、できることを全力でやりきりましょう!!

応援しています!

明日のブロガーは……

森担任助手です!

最近メガネ変えたよね!!!と話しかけたら変えてないよと言われました。

その節はごめんなさい (笑)

メガネの似合う森担任助手の明日のブログ、乞うご期待です!

 

**************

下のバナーより資料請求・お問合せができます。

または校舎に直接お問い合わせください。

0120-104-564