【ピンチの時の心の拠り所】松田理沙 | 東進ハイスクール千葉校|千葉県

ブログ

2020年 10月 24日 【ピンチの時の心の拠り所】松田理沙

こんにちは!松田です。

 

わたしの通う看護学部棟の隣が薬学部棟なので、

いつも前を通るたびに勝手に

「松戸さんいるのかな~」と思っていたのですが

薬学部はまだ対面授業なかったんですね……

 

ちょっと恥ずかしいです(笑)

 

でもいつかキャンパスで会ってみたいですね!

 

会ったところで挨拶だけで終わっちゃいそうですけど(笑)

 

 

はい、ということで今日のテーマは

受験期の心の拠り所

です!

 

学校で友達と喋ったり夜ごはんにおいしいものを食べたり

ちょっとした気分転換は割とこまめにしていましたが、

ピンチの時の「心の拠り所」にしていたのは

2つありました。

 

ピンチの時っていうのはたとえば

本番までに間に合わないんじゃないかっていう

不安でいっぱいになってしまった時とか、

本番の日の朝にすごく緊張してしまった時とか、

そういうときです。

 

何とか気持ちを切り替えなきゃ!っていうとき。

 

 

① 手帳

わたしは手帳に「その日やること」を書き込んで、

終わったら線で消す、という進捗管理をしていました。

 

その日に終わらなかったことは赤ペンで

翌日の欄に繰り越したりしていたので

手帳はなかなかぐちゃぐちゃな感じだったのですが、

そのぐちゃぐちゃ加減を見返すといつも

「これだけやってきたんだから何とかなる!」

という気持ちになれました。

 

特に秋~冬は自分の勉強量が不安でしかたなかったので、

その日やった単語帳のページ数まで

手帳に書き込んでました。

 

途中からは予定というよりやったことリスト

化していたわたしの手帳ですが、

最後まで心の支えになってくれたと思います。

 

② 受験が終わったあとの予定

これはおすすめするわけではないんですけど(笑)、

わたしは国立の前期が終わった翌日から

朝6時のバスに乗って

富士急に旅行に行く計画を立てていました!

 

国立の合格発表までの期間を

落ち着いて過ごせる自信がなかったのと、

とにかく終わったらパ――っと遊ぶぞ!!!

という思いが溢れたゆえの旅行でした。

 

受験期の最後のほうは、この旅行を楽しみに

乗り切ったといっても過言ではないです。

 

受験のあとの予定を1つでも具体的に

決めておくと、本当にやる気が出ると思います。

 

そして、旅行の準備やチケットの手配などなど

わたしの分まで全部やってくれた友達には

本当に感謝しかないです……

 

 

出発のバスの中で1回も起きなくてごめんなさい

いつかちゃんとお返ししなきゃと思ってます

 

長々と書いてしまいましたが、

わたしの場合はこんな感じでした!

 

心の拠り所って難しいですが、

気持ちを切り替えられる何かを

持っておくとピンチの時に役立ちますよ

 

さて、明日のブロガーは……

すっごくいい笑顔の

畑担任助手です!!!

どんな受験生だったのでしょうか??

明日もお楽しみに!

****************************

下のバナーより資料請求・お問合せができます。

または校舎に直接お問い合わせください。

0120-104-564