【モチベーションのお話】齋藤亮太 | 東進ハイスクール 千葉校 大学受験の予備校・塾|千葉県 東進ハイスクール千葉校|千葉県

ブログ

2021年 10月 31日 【モチベーションのお話】齋藤亮太

こんにちは! 

なにかとブログテーマの締めになりがちな齋藤です。

生き物を飼っていそうと言われましたが、

一匹も飼ったことがないです。

実家だと中々飼えないんですよねー。

飼えるものなら、チンチラとか飼ってみたいです。

最近、齋藤には「癒し」がなく

疲れ気味の毎日を送っていましたが、

10/29に僕の大好きな

Ed sheeranのアルバムやらグッズが出て、

復活しました。

ちなみに、このブログが公開されるのはハロウィンですが、

特になんもないです笑  すいません。

 

 

今回はフリーテーマということで、モチベーションの話でもしようと思います。

自分は東進には高校生1年生の夏ごろから通っていたので、

通っていた期間が長い分、

他の受験生よりは基本的には

受験勉強へのモチベーションが下がり気味でした。

モチベーションがないと勉強する気はあんまり湧きません。

そんな、僕のモチベーションの保っていた考え方

を紹介させていただきます。

あんまり参考にならないかも知れないです。

 

まず。1つ目は

「面倒を減らしたい」

ということです。

何それ?と思う方も多いと思います。

簡単に説明すると、

自分の第一志望校の千葉大学に通えなかったら、

東京の大学に通っていたと思うのですが、

僕は電車が苦手だったので、

大学生活4年間、大学院にも進学したら6年間もの間、

電車通学することになることはすごく面倒でした。

(一人暮らしは考えてなかった)

受験勉強を本気で始めて入試まで、

人それぞれですが、

約1~2年間くらいあると思いますが、

先の大学生活のことを考えると、

約1~2年間の努力で4~6年間の間、

面倒を減らせると考えれば、

受験勉強に対してのモチベーションが少しは上がりました。

 

2つ目は、「親孝行のため」です。

もちろん、国立志望の方とかは

学費的に国立に受かることはとても親孝行ですが、

自身が第一志望校に合格すること

自体がとても親孝行なことだと思います。

皆さんも、当たり前ですが、

第一志望校に合格するのは、

自分の楽しい大学生活のためだと思いますが、

それは両親の方々のためにもすごくなると思うので、

勉強がきつくなったら

自分を応援してくれている人とかのことを

考えるといいと思います。

 

他にも、色々ありますが、

この2つは受験勉強をしてると、

意外と忘れがちかなと思うとこなので、

勉強がしんどくなったら思い出して、

自分を奮い立たせてほしいです。

特に受験生の方々は、10月、11月が

一番勉強がキツイ時期なのかなと思います。

ですが、この時期はほとんどの受験生が苦労しています。

逆に、この時期に苦労していない人は

努力できていない人が多いと思います。

キツイと思いますが、努力している証拠だと思うので、

これからも頑張ってほしいです。応援してます!

 

さて、明日からブログテーマが変わって、

担任助手の受験期の話になります!

トップバッターは…

 

渡辺担任助手です!

毎日多忙そうな彼は

どんな受験生だったのでしょうか?

東大ということもあって、気になりますね!

**********

下のバナーより資料請求・お問合せができます。

または校舎に直接お問い合わせください。