【リアル話】北島新 | 東進ハイスクール千葉校|千葉県

ブログ

2021年 2月 18日 【リアル話】北島新

こんにちは!

畑さん今度写真撮ってくださいよ(笑)

最近畑さんとは筋トレの話をします

彼はまだまだ甘いですネ

 

この頃担任助手の中でもう一人、

少しだけ大きくなってきたの気がつきましたか?

ほんとに少しだけだけど

 

まあ名前は伏せときましょう

褒めると調子に乗ってしまいますので

褒めなくて大丈夫です

知らんぷりしときましょう

 

さてさて今日から新テーマです!

「入試応援メッセージ」です!

 

ぼちぼち私立組が終わり始める頃ですね

国立を受験する人の中には

物事を少し敏感に受け取ってしまう人もいるのではないでしょうか

この一年間ブログなどで言ってきたとおり、

僕もそのうちの一人でした。

 

今までしゃべったことはないけど

いつも同じ席にいた人がいなくなり

後輩がその席で勉強し始め

あー、あの人終わったんだなぁ、

 

受講室の隣の席には見たこともない顔の新しい生徒が勉強しているのを見て

俺この席使ってていいのかな、

 

過去問の提出中、受付の電話で「… おめでとう!!!」

なんてのを聞いて

また誰か受かったんだな、もう遊び始めてるのかな、

あれ俺まだそんなこと言われたことないな、

 

僕は私立で抑えられていたところがなく、

校舎の友達は僕の状況を知っていたので

昼休み

「おまえめっちゃやってるから大丈夫だよ」

なんて言われても

でもみんな滑り止めあるから大学生にはなれるじゃん、

 

ありがたいことにたくさんの担任助手の人から

「今まで千葉大ばっかり対策してきてるから自信もって行けば大丈夫!」

なんて言われても

担任助手のみなさんはもう大学生だもんなぁ、

 

なんてすべてを負に考えていました。

これがほとんど鬱に近い状態の

一年前の僕です。

 

気づきましたか?

共感できること多くないですか?

これ僕だけですかね?(笑)

 

結果が出てなければ出ていないほど、

この時期はみんな同じことを考えるんです。

泣きそうになってくるんですよね。。

 

僕はこの時期関わりのなかった人も含め、

ほとんどすべての担任助手の人と会話をしました。

 

たくさん応援はしてもらえるんです。

たくさん持ち上げてくれるんです。

ただ今考えてみると

たくさん応援はされる

けれども

共感してくれる人がいない

自分と同じ状況の人がいない

 

孤独になって

仲間捜しをしていました

 

なので今日は全力で

共感

を目指しました

これが僕なりの応援です。

 

いつでも相談のります。

勉強が手につかなければ、会話をしましょう。

吐き出しましょう。

そしたら自然と勉強できます。

あと少しの辛抱です。

 

さて明日のブログは、、、

 

入間田担任助手です!

去年のこの時期たくさん相談乗ってくれました

ありがとうございました(笑)

 

明日のブログもお楽しみに!

 

 

下のバナーより資料請求・お問合せができます。

または校舎に直接お問い合わせください。

 

0120-104-564