【今のうちから頑張ろう】齋藤亮太 | 東進ハイスクール 千葉校 大学受験の予備校・塾|千葉県 東進ハイスクール千葉校|千葉県

ブログ

2021年 10月 4日 【今のうちから頑張ろう】齋藤亮太

こんにちは! 

長い大学の夏休みが終わってしまった

齋藤です。特に他に話すこともないので、

早速、本題に入りますね。

今回のブログテーマは前回に引き続き、

進級についてです。

自分は東進に高1の夏ごろに

入塾しているので、

東進での進級を2回経験しています。

進級を2回経験して感じたことについて、

書こうかなと思います。

まず、東進では12月1日から進級するわけですが、

そこまでに達成しておく必要がある

「進級条件」というものがあります。

自分は当時、この進級条件を達成することを

担当の方から

言われていたから、クリアしました。

つまり、なんとなく進級しようとしていたわけです。

ですが、皆さんはそれではいけません。

高2の方は東進での進級を完全に受験生になる

ということだという風に考えてほしいです。

進級条件というものは、

全て満たしていて当たり前

思ってみてほしいです。

高マスだったり、受講、修判など

しっかりと終わっている状態で、

新学年への一歩を踏み出した方が、

必ず後の自分の勉強に役立ちます。

また、これは高2生向けになるかもしれませんが、

受験生になると

過去問演習が大半を占めることになります。

ですが、進級条件を満たさずに進級して、

周りの受験生が過去問演習をしている間に、

自分は進級条件であった

高マスや受講の残りを

進めることになると、

非常に焦ると思います。

周りは過去問を解いたりして、

頑張っているのに、

自分はまだ通期の受講すら

終わっていないとなると、

精神的にも勉強に集中できなく

なることもあるかもしれません。

高1生の方は

まだ、受験なんて先のことだから関係ないや…」

と思っていませんか?

自分はそう思っていました。

高1生のころはまだ全然受験なんて湧かないと思うし、

遠いことに感じていると思います。

なかなかやる気もでないし、

モチベーションも湧きにくいと思います。

でも、必ず勉強をし続けていけば、

報われるし第一志望校に

合格できると思います。

自分は報われて第一志望に行けました。

大変な気持ちはすごくよくわかるのですが、

踏ん張りどころです。是非、頑張って下さい!

明日のブログは

 

小澤担任助手です!

いつも元気で明るい彼女は

進級をどのように考えていたのでしょうか?

必見ですね!

**********

下のバナーより資料請求・お問合せができます。

または校舎に直接お問い合わせください。