【今のための大学生活】大塚稔生 | 東進ハイスクール 千葉校 大学受験の予備校・塾|千葉県

ブログ

2022年 10月 25日 【今のための大学生活】大塚稔生

皆さんこんにちは!

担任助手2年の

大塚としきです。

 

小塚さん

トライアスロンに

触れていただき

ありがとうございます笑

 

そうです。

私千葉大学トライアスロン部

部長なのです笑

今年1年でいろいろ大会に

出てきまして、

それはもうすごいいい経験が

できました。

 

今日は

大学生の1日

について話すわけですが、

難しいですねー笑

自分のことについて

話すのは思ってるよりも

難しいものです。

話過ぎると自慢みたいに

なってしまうし、

かといって言わなすぎると

何もしてない人みたいに

なってしまいます。

 

ということで私は

大学生活で一番印象深い

「3泊4日(1日じゃないけど)」

に絞ってお話しします!

 

私は今年の6月上旬に

稲毛区の自宅からはるばる

400km

の道のりを愛車である

ロードバイクに乗り

3泊4日かけて旅しました。

 

かの有名な国道1号線

(いわゆる東海道)

漕いでいったわけですが、

それは様々な思い出が

残っています。

 

大雨に打たれ

自分の雨男ぶりを憎み、

熱海の山越えでは意識朦朧で

上り続けやっと迎えた頂点で

疲れとともに大コケ、

驚くほどハンドルが曲がり

途方に暮れるのもつかの間

自力で直す、

ダウンヒルでは思わず声が

出るほどの爽快感、

静岡を漕ぎ続けても

曇りすぎてひとかけらの

富士山も見えず、

静岡県焼津市は町中鰹節の香り、

名古屋の運転の粗さを

実感、驚き。

挙げたらきりがありません。

 

400kmの道のりを

この目で見て、

自転車の音、鳥の声、

波の音を聞き、

海、自然、鰹節の

においを感じ、

1日で200km漕ぎ切った

最終日はカップラーメンでも

ごちそうでした。

こけた時はいたかった、、。

 

五感をフルに活用して

やり切った旅は今でも

大切な経験、思い出です。

 

就職率を見て大学を

決める人もいます。

大学に入ってからも

大学の勉強より就職活動を

熱心にやる風潮があります。

 

でも、そんな

「大学生活」

でなくて、まずは

今の自分と向き合い

経験を積む

「今のための大学生活」を

皆さんには

送ってほしいものです。

 

今しか送れない

大学生活だからこそ

思い切ってやれることが

あるはずです。

自分の興味と向き合って

志したその大学で、

その興味にとことん

向き合ってみましょう。

大学での勉強も真剣にやる、

それ以外の

意味はないかもしれないけど

面白そうだと思ったことに

勇気だして挑戦してみる。

結構大事です。

 

時間、期間とは目標があると

手段になりますが、

今を生きると目的になります。

(これ結構難しいこと

言ってます多分。伝われ。

 

今と向き合って

本気で取り組んだ先に

結果として

将来に役立つ

つながりがたくさん

生まれるのでは

ないでしょうか!?

 

大切な大学生活、

みんなが憧れる大学生活

だからこそ大事に向き合っても

いいんじゃないでしょうか!

 

柳澤3

明日のブログは

かいとです!

なんか優しい顔

してますよね彼笑

初々しい1年生の生活ぶりを

教えてもらいましょう!

 

**********************************

 

感想入力フォームがあります。

 

匿名でもかまいませんので、

ぜひ感想を入力してください!

↓ ↓ ↓

 

以下のバナーより資料請求・お問合せができます。

または校舎に直接お問い合わせください。