【大事なのは解いた後】白井陽大 | 東進ハイスクール千葉校|千葉県

ブログ

2019年 8月 9日 【大事なのは解いた後】白井陽大

みなさんこんにちわ!

やっと免許を取得し毎日運転の練習をしている白井です。

早く上手になって色々なところに行きたいと思っています!

 

さて夏休みも中盤になってきましたが

勉強の調子はどうですか?

毎日長時間勉強して

疲れているという人もいると思いますが

夏休み後半戦もしっかり朝登校して

頑張っていきましょう!

 

今回のテーマは

過去問の取り組み方です

 

僕は過去問が一番自分のためになる参考書だと思っています。

それは自分が

知らない問題解けない問題などを知ることができるからです。

それに、傾向や時間配分なども知ることができます。

そう考えると得るものがとても多いですよね!

 

そんな過去問を解くことにおいて

一番大事なのは

解いた後の解き直し、復習です

 

解いて、点数出して満足しては過去問を解いた意味がありません

 

間違った問題としっかり向き合い

なんで間違えたのか、これは知らなかった、とか

色々と間違えてしまった理由を考え、

 

次は絶対に間違えないと

自信をもって言えるように復習をしましょう!

そうすれば、点数はどんどん上がっていくと思います。

 

そこでおすすめなのが

解き直しノートを作ることです

あたりまえだろと思う人もいると思いますが

大事なことなので、改めて伝えたいと思います。

 

科目別に解き直しノートに間違えたところを書いていきます

 

ただ解説を書き写すだけではなく

理解した上でしっかりと自分の言葉で書いてみると、

あとで見たときにわかりやすく

自分で作った最高の勉強道具として使えます

 

自分が解けなかった問題が詰まっているので

模試前やテスト前にそのノートを見るといいと思います!

それだけでなく定期的に復習することで

次その問題が出題されても絶対に間違えないと思います

 

しかしここで注意点があります

ノートを作ることはいいですが

ノートを作ることに集中してしまって

時間だけかかって内容は全然頭に入っていないということが起きないように

しっかり考えながらノートに書いていきましょう!

 

さっき言ったように自分の言葉でノートに書くことで

ただ書いているだけという事態は防げるはずです

 

八月の模試は重要な模試です。

どんどん過去問を解いて、いい点数をとれるように

万全の準備をしていきましょう!

 

明日のブログは、、

三浦担任助手です!

 

***************