【大変ですよ、!】 水貝圭佑 | 東進ハイスクール 千葉校 大学受験の予備校・塾|千葉県

ブログ

2022年 11月 29日 【大変ですよ、!】 水貝圭佑

こんにちは!水貝です!!

 

皆さん、最近の調子はいかかですか??

 

最近の僕は、建築設計製図という課題の中間発表がありました。

 

今、何を考えて家の設計をしているのか

 

教授含めみんなの前で話し、

 

自分のアイデアをさらによくして行こう!

 

というものです!

 

1グループ40人程度に分かれ、発表をします。

 

その中から、4人!選抜者として選ばれ、

 

学年全員の前で発表をしていくという形となります。

 

なんと!!

 

水貝はその4人に選ばれ学年全員の前で発表してきました!

 

いやー、緊張しましたね~

 

最終発表でも選ばれるよう、頑張っていくので

 

受験生も受験勉強頑張っていきましょう!!

 

 

 

 

さて、今日の本題に入っていきましょう!!

 

今回のブログテーマは昨日に引き続き

 

推薦入試についてです!!

 

実は水貝も推薦系入試合格者なんですよ!!

 

今通っている大学に、公募推薦で合格しています!!

 

志望理由書・面接・数学の学科試験を使いました。

 

そんな、僕が今回話そうと思っていることは

 

推薦入試を受けるにあたっての心構えです

 

僕が受験生時代に考えていたことを話していきます!

 

 

 

まず、一つ目は

 

決して楽ではない!!

 

はい、これが一番言いたいことです。

 

もちろん、一般試験を受ける人よりは大変というわけではありませんが

 

大変です。学力が高い大学になればなるほど大変になっていきます。

 

まず、面接がありますね。

 

昨日近藤担任助手が言っていたように、たくさんの練習が必要です。

 

志望理由書もあります。

 

何度も何度も書き直してより良いものにしていきます。

 

僕も何回も書き直しました。

 

いろんな先生に見てもらいました、何回も面接の練習をしました。

 

さらに、学科試験もあるのでそれの勉強もしなくてはいけません。

 

はい、やることが多いです。

 

場所によっては、小論文グループディスカッションなどもあります。

 

本気でやろうと思えばやることも多く、それなりに時間もかかります。

 

 

 

続いて、二つ目

 

点数の勝負ではない!!

 

です。

 

これが、一番あいまい一番難しいことです。

 

面接や小論文・志望理由書には答えがありません

 

一人ひとり違います。だからこそ、試験後にある

 

合格したかもという自信がありません。

 

試験官が自分のことをどう感じたかにすべてがゆだねられます。

 

合格発表まで、ほんとに結果がわからなかったです。

 

 

 

 

かなり厳しめのことを言いましたが、

 

推薦系の入試を受けるのであれば全力でサポートをします!!

 

大変だからこそ困ったことがあればたくさん聞いてください!!

 

 

 

少しアドバイスがするとしたら

 

自分の行きたい、学校・学部・学科についてめちゃめちゃ調べましょう!!

 

これやると、受験する大学にめちゃめちゃ行きたくなります!!

 

 

 

今回は、この辺で終わりますかね!!

 

受験前のことを中心に話を進めていきました!

 

今は推薦系入試の季節ですね、受ける人は頑張っていきましょう!!

 

推薦系入試の合格者は担任助手で文系理系に一人ずづいます!!

 

困ったことがあればどんどん聞いてください!!

 

こんな感じで終わりにします!!

 

明日のブログは、、、

 

崇さんです!!

 

明日はどんな話をしてくれるのでしょう!!

テーマは変わります!

お楽しみに!!

 

 

**********************************

 

感想入力フォームがあります。

 

匿名でもかまいませんので、

ぜひ感想を入力してください!

↓ ↓ ↓

 

以下のバナーより資料請求・お問合せができます。

または校舎に直接お問い合わせください。