【思いがあふれて止まらないブログ】鶴田佑介 | 東進ハイスクール千葉校|千葉県

ブログ

2021年 4月 21日 【思いがあふれて止まらないブログ】鶴田佑介

皆さんこんにちは!٩( ᐛ )و

千葉校担任助手の

鶴田佑介(つるたゆうすけ)です!🐸☀️

 

どうも!入間田の推しメンです!

ありがたいですねー。

普通に生きてるだけで応援してくれる人がいるというのは

ありがたいですねー。

貴重なファンはこれからも大切にしたいと思います。

 

推しメンといえば、

アイドルですね。

鶴田が坂道のアイドルを推しているのは

知っている人が多いかもしれないのですが、

先日乃木坂46の創成期を支えたメンバーの一人が

卒業を発表しました。

寂しいですねー。

青春が確実に過去のものになっていっているのをしみじみと感じます。

新たな旅立ちを、1ファンとしてこれからも応援したいですね!

 

卒業シーズンですね。

私にも、その時がやってきてしまいました。

 

私鶴田佑介は、

千葉校を離れる決断をしました。

 

これがラストブログになります。

今まで鶴田ブログを愛読してくださった皆さん。

ありがとうございました。

思いがあふれてしまったので長くなると思いますが、

何日かに分けてでもいいので是非読んでみてください笑

(まじで長いですごめんなさい)

 

私は、

これまで千葉校で生徒として1年半

担任助手として2年間

合わせて3年半ほどお世話になりました。

これまで千葉校でたくさんの経験をさせていただきました。

そして、本当に成長させてもらったと感じています。

 

千葉校で担任助手として過ごさせて頂き、

本当に良かったなと思うのは、

たくさんの人と話すことができたことです。

本当に色んな生徒がいました。

頑張ってないように見えて実はめちゃめちゃ努力してる子も、

「ブログ読みました!」って教えてくれる子も、

高マスやるって決めたら1週間で終わらせてくる子も、

ずっと良い判定が出てなくて泣きそうだったけど

合格の報告をうれしそうにしてくれた子も、

本当に色々です。

 

大学生としていろいろなところで働く選択肢がありましたが、

これほどいろんな人と関わって、

たくさん話せる仕事は他にないんじゃないかと思います。

 

担任助手をやるか迷っていた高校卒業後の三月。

人見知りの自分が生徒に明るく話しかけられるか、

面談やGMTできちんと話せるか不安で、

担任助手をやろうか迷っていました。

ずっと色んな人と話し続けることは、

とても大変で自分には無理じゃないかと思っていました。

 

しかし、

そんな心配は杞憂でした。

 

もちろん、大変なことは多くありました。

どんなに疲れていても、

生徒の前では無理に元気な様子を見せないといけなかったり、

コミュニケーションをとるのが難しい生徒もいたりして、

難しいな。この仕事向いてないな。

と感じることもたくさんありました。

 

それでも、

やっぱりこの2年で

鶴田は変われたなーと思います!

この仕事をやっていなければこんなに明るくなかったかもしれないし、

人と話すことはできなかったんじゃないかと思うんです。

人見知りの鶴田が、

大学で初めて会う人に自分から話しかけられるなんて驚きです!

もちろんまだまだ人見知りなので目が死んでいる時も多いですが。

きっとこんな変化は、他の仕事ではなかったと思います。

 

そして、生徒との面談や声かけを重ねる中で、

「自分の思いを人に伝えられる」ようにもなりました。

それも「熱を持って」です。

高校から大学にかけてのこの時期は、

人が一番大きく成長したり変化したりする時期だと思うんです。

この時期に出会う人とか、聞いた話とかが、

これからの人生のターニングポイントになるかもしれません。

高校生の時に学校や東進で経験したことが、

少しでも生徒のためになるように一生懸命、

熱を持ってたくさんの話をしてきました。

とてもやりがいのある経験だったと思います。

自分が少しでも、

受験という大きな試練に向かう

生徒たちの糧になっていれば嬉しいです。

 

鶴田自身もこの環境で大きく成長させてもらいました。

まずは社員さん。

「働く」とは、「結果を出す」とはどういうことなのか。

社会の厳しさを教えてもらったと思います。

ここでしか考えられないことを考えるきっかけをくださり、

ありがとうございました。

 

次に

色んなことを教えてくれた先輩たち。

真面目なところもはっちゃけるところも全部、

「大学生ってすごい」と思わせてくれました。

まさに「先輩」だという大きな背中でした。

中には、0.5年上の学年扱いという珍しい先輩もいましたが、

みんな尊敬しています。

(松戸さんと健悟さんは、一番長くお世話になったし、

それぞれ特にほんとにすごいと感じていた先輩たちです。)

ありがとうございました。

 

次に

一緒に頑張ってくれた後輩たち。

クセのすごいメンバーが多くて心配しましたが、

本当によく頑張ってくれました。

「指導する」ことで成長させてもらったし、

途中からは本当に頼りにしていました。

あまり話せなかったりもしたけど、一年間一緒に頑張ってくれてありがとう。

 

最後に

苦楽を共に過ごしてきた同期へ。

本当は一人ひとりに向けてたくさん書きたいけれど、ここでは簡単に。

本当にいい人しかいなくて、全員に心が許せて、

心から同期に恵まれたと感じてます。

頼れる仲間でした。

全員が、しっかりと考えて行動できるメンバーだったと思います。

何回助けられたかはわかりません。

馬鹿みたいなこと話してても楽しいけど、

真面目なことも真剣に話せるのが本当に貴重でした。

こんな仲間には、ここでしか出会えなかったと思います。

本当にありがとう。また落ち着いたらたくさん話そうね。

 

 

そして、東進の千葉校で頑張る生徒のみんなにも最後に一言送ります。

迷ったらとりあえずやれ!ということと

高校生活楽しんで!ということです。

ごめんなさい二言でした。

 

迷ったらとりあえずやれ!というのは本当にそう思います。

人生色んなことを経験した方が絶対にいいんです!

「やらない後悔よりやった後悔」

「若いうちの苦労は買ってでもしろ」

という言葉があります。

例えば自分は

大学1年生の春、とりあえずなんかしらサークル入っとこうと思って、

「有名ででかいから」という理由で入った、

早稲田三大サークルと呼ばれる放送研究会で友達ができて、

すごくよかったな!と思ってます。

 

高校時代のラグビーも

「こんなのつらいだけじゃん」

と思いながら練習していた毎日でしたが、

今思い出せるのは仲間と練習後に水道で体洗ったこととか、

練習試合のあと勝浦タンタン麺食べたこととか、

因縁の千葉日大一高に勝って泣いたこととか、

いい思い出ばかりです!

まあ結果論でしかないんですが笑

経験したことなので熱を持って伝えます!

後から考えると、その時期しかできないことってたくさんあります!

今しかない!と思ってぜひなんでもチャレンジしてみてほしいです!

鶴田も頑張ります!

 

それともう一つ!

高校生活楽しんで!ということです。

鶴田は高校生活ほんとに楽しかったなーって今思います!

高校生ってあっという間に終わります。

毎日忙しいし、勉強部活やるだけで精一杯だったりします。

鶴田も、部活がほんとにきつくて、毎日毎日苦しかったです。

三年生になると、受験勉強と両立させないといけなくて、ほんとに大変でした。

もうやめて逃げ出してしまいたいとも何度も思いました。

 

しかし今考えると、

頑張って良かったと心から思います。

部活動の経験や、部活でできた仲間は

今からやろうとかつくろうとか思ってもできないです。

勉強も、あの時頑張ったから今でも多くの選択肢があるし、

自分で考えて悩んで努力した経験は今にも活きています。

 

今しかない!と思って

今やれること、やるべき目の前のことを

とにかく全力でやってほしいです!

後からきっと「やって良かった!」と思うはずです!

これからもずっと応援しています!

 

鶴田のメッセージはこれで終わりです!

ご愛読ありがとうございました!

鶴田先生の次回作にご期待ください!

 

とはいっても鶴田も5月はまだまだ校舎に来るので沢山お話ししましょう!笑

 

さて、明日のブログは、

畑担任助手です!

この二年間で彼も変わってしまいました。

鶴田がぷにぷにしてきたお腹もなくなってしまって嬉しいような悲しいような、、、

なにやら彼からも重大発表があるようで、、、!?

お楽しみに!

**********

 

下のバナーより資料請求・お問合せができます。

または校舎に直接お問い合わせください。

(0120-104-564)