【本質を忘れてはいけない】 山田樹央 | 東進ハイスクール千葉校|千葉県

ブログ

2019年 6月 25日 【本質を忘れてはいけない】 山田樹央

こんにちは~

新テーマ第一号は山田です

 

そういえば結構前のことですけど、

ストロベリームーンみましたか?

 

すっごくきれいでしたよ!

 

携帯で写真撮ろうとしたんですけど、

僕のスマホ画質が悪すぎて

普通の街灯の光みたいになっちゃいました。

 

疲れたときは、気休めに

ふと空を見上げるのもいいかもしれませんよ

 

それでは今回の本題に入っていきます!

 

新テーマは・・・

 

 

夏休みの過ごし方!

夏休みにやってよかったこと

 

です!

 

受験生の夏休みは本当にその後を左右します。

 

では大まかに何をするかというと

 

演習です!

 

演習がどれだけ大切かということは、

後になってとても体で感じるようになります。

 

なぜ演習がそれほど大事なのか、

今からお話しします!

 

皆さんは東進で東進の講師による

わかりやすい授業を受けましたよね

多くの人が授業で

最大限に理解できたはずです

 

しかしそれだけでは足りないのです!

 

 

人間の脳はできるだけ

「考えたくない」

と思っています

 

だから他人から答えをもらうのって

ものすっごく楽ですよね

 

でもそれだと力はつきません

 

 

考えたがらない脳を

働かせて考えることによって

初めて理解し、得た知識や技術を

自分に応用することができるようになります

 

 

そのためにやるべきことが演習です

 

ずばり

受験生がやらなきゃいけないことは、

 

センター過去問10年分!

大問別!

そして目標は

二次試験の過去問演習に入ることです!

 

夏は時間が予想以上に足りません

 

だから効率のいい演習をしましょう!

 

皆さんが知りたいのは

効率のいい勉強方法ですよね

 

柱となるのは、

 

 

演習の本質を見失わないことです

 

 

どういうことかというと

 

皆さんは何のために演習するのか

考えてみてください

 

答え出ましたか?

もちろん、

 

できなかったものを

「できる」

に変えるために演習するんですよね

 

この本質を見失ってはいけません

 

センター演習をする上でも

たくさん演習していってほしいのですが

絶対にはき違えてはいけないことは、

 

たくさん演習するために演習するのではない

 

ということです

 

これは志田晶先生の言っていたことなのですが

 

数学のセンター試験はかなり独特な形式です

それでも出題者は

数学ができる人が

優位になるように作成してます

だから

センター数学ができるようになるためには

数学力を上げるための

勉強をしないといけないということなのです

 

というように

 

演習の本質を忘れないように

勉強して

できるを増やしていってください!

 

 

それから最後に!

夏休みにやっててよかったこととして

 

朝のルーティーン

を怠らずにやっていたことです

 

具体的には朝登校です

 

小さなことでも

絶対にやるってことを決めて

継続することは

自分自身の成長に直結します

 

実践してみてください!

 

明日のブログは渡辺担任助手!


絶対にためになること書いてあるので

見てくださいね!

 

****************

*200以上ある講座からえらべます*