【直前こそ基礎を大切に!】小塚壮人 | 東進ハイスクール千葉校|千葉県

ブログ

2020年 1月 6日 【直前こそ基礎を大切に!】小塚壮人

みなさんこんにちは!

担任助手の小塚壮人です!

2020年になって受験生にとっては勝負の年となりました。

センター試験までもあと12日となりました。

今の心境はどうですか?

”自信がある!”という人もいれば、

”不安だ”、”どうしよう、緊張する”と思う人もいるでしょう。

 

ただ、みなさんに忘れないでほしいことは

今まで頑張ってきたことは消えたりはしないということです。

僕は皆さんが東進に通って頑張る姿を見てきました。

今まで頑張ってきたこと、自分の力を信じてください。

 

ここからは自分がやっていた直前期の勉強について皆さんに伝えていきたいと思います。

大事にしてほしいことは直前こそ基礎を大切に!ということです

試験直前になると難しい問題に取り組もうとする人が多いですが、

チャレンジして解けないと、自信を無くしたり、焦ったりします。

基礎を見直してみると、意外と見落としている部分が多かったり、

勘違いしていた部分などに気づくこともあります。

そのような問題は、入試では点を落としてはいけない問題になるので

その問題を取れるようになれば合格率もグッと上がります

 

例えば、英語では、これから入試までの期間で急に長文の読むスピードは上がりませんが、

単語帳をもう一度読み直してみたり、文法書の復習をすることによって、

解答の正確性を上げたり、根拠を自信を持って取ることには役立つと思います。

 

日本史は直前期は資料集で勉強することをおススメします。

資料集は年表が乗っていたり、仏像や絵画など、視覚で覚えたほうがいい知識がたくさん載っています。

年表を使って、今まで習った知識をもう一度流れで確認し、文化史の知識を確かなものにするのに

資料集を使ってみてください!!

直前で資料集で見たものでも、試験本番で出ることあるので

最後の最後まで知識を増やし続けましょう!!

 

今から試験までできることは限られていますが、最後の最後まで

点数を上げられるようにもう一度自分の勉強を見直してみてください!

分からないことや悩みなどは担任助手・担任に相談し、

試験本番に不安が出来るだけない状態で臨めるようにしましょう!!

 

明日の担任助手は

用担任助手です!!

 

****************** 

下のバナーより資料請求・お問合せができます。

または校舎に直接お問い合わせください。

(0120-104-564)