【緊張と感謝】今井実優 | 東進ハイスクール 千葉校 大学受験の予備校・塾|千葉県

ブログ

2022年 12月 15日 【緊張と感謝】今井実優

こんにちは!今井です。

 

前澤担任助手に今年の漢字1文字を、と言われたのでお答えしようと思います!

 

ズバリ・・・「」ですね!!!

 

今年は感染対策をしながら非常にいろいろな地方へ足を運びました!

 

北は北海道や仙台、南は沖縄や福岡など、各都市の楽しさをいろいろと味わえたのでよかったです!

 

千葉大は留学で有名な大学でもあるので、来年は海外へ行ってみたいなと思います!

 

 

今日からテーマが「試験本番のエピソード」です!

 

ということで、私の2年前の記憶を引っ張り出してきてお話しようと思います。

 

やはり特に印象に残っているのは、共通テスト本番と千葉大学の二次試験、

 

自分の第1志望校に直結する試験の日ですね。。。

 

その当時の様子や感情を事細かく述べるとすごく長くなってしまうので、

 

多く語りたい部分は割愛して、私からは試験本番の日に感じた「緊張」と「感謝」に

 

ついてお話しようかなと思います!

 

まず「緊張」について。

 

今これを読んでくださっている皆さんはどんな気持ちを抱いていますか?

 

特に受験生の皆さん。東進で行われる最後の共通テスト模試を終え、

 

本番までいよいよあと1か月です。

 

私は当時、正直何をやればいいのかわからなかったり、

 

残り1か月という少し先そうにみえて1日1日があっという間に過ぎていく毎日に、

 

焦りと不安の感情でいっぱいでした。

 

加えて私は高校生の時に共通テストの模試で1度も成功体験を積んだことがなく、

 

最後の模試も含めてすべてE判定しかとったことがなかったのです。

 

ただポジティブなところもあったので、謎にいけるという気持ちもあったなと思います。

 

そんなこんなでいろいろな感情を抱いて臨んだ共通テストでしたが、

 

心臓が飛び出るかと思うほど緊張しました。(個人的には国語が圧倒的でした。)

 

共通テスト本番は模試とは違って、休憩時間や問題を配布してから待機する時間が長いのですが、

 

その時間も余計に私の緊張を加速させました。。。(何もせずに待っている時間が長かったので)

 

あの時は走馬灯のように、勉強していた日々だったり、東進でやったことだったり、

 

家族担任助手友達、沢山の人の顔が思い浮かびました(笑)

 

いざ試験が始まってみて、あんなに文章が読めないとなったことも、

 

問題冊子を開くときに震えることも、経験したことがなかったなあと思います。

 

また、二次試験はマークシートではなく記述ばかりの試験方法だったのですが、

 

異常なまでに他の人の鉛筆を走らせる音が気になりました。(集中はしてました笑)

 

ある時は会場内が文字を書く音でいっぱいになったり、

 

一方で全員が記述に躓いてシーンとなる時間帯もありました。

 

周りの音がここまでよく聞こえてきたのも初めてだったなと思います。

 

それぐらいの思いだったんだなと思いますし、当時の自分は緊張するだろうと予想していたので、

 

何とかいつも通りの自分でいられたかなと思います。

 

皆さんもこれからも沢山言われると思いますが、「緊張するのは当たり前」です。

 

なので、緊張する自分とうまく付き合ってもらって、150%の力を発揮してきてくれたら、

 

私はすごく嬉しいなと思います。

 

次に「感謝」について。

 

これも試験本番に凄くすごく自分自身感じました。それも多方面の方々に。

 

共通テスト当日、自分が持って行ったお弁当やお菓子には、親からのメッセージが入っていました。

 

会場には当時私の担当をしてくださっていた方にもらったお守りを持っていきました。

 

朝、祖父母や先輩、友人から「頑張れ、頑張ろう」のメッセージが届いていました。

 

一緒に会場まで向かった友達と互いに励ましあったり、

 

試験後にたまたま、他会場で試験をしていた友達にあって抱き着いたり、

 

身の回りにいる沢山の人に感謝で胸がいっぱいになりました。

 

決して自分1人では乗り越えられなかったなと思います。

 

生徒の皆さんも、試験本番を1人で戦うわけではありません。

 

周りを見れば沢山の人がいると思います。少なくとも、千葉校の担任助手がいます!

 

本番も、それから共通テストまでの1か月も、色々な感情に捕らわれると思います。

 

ただ、そんな感情とうまく付き合いながら全力を尽くせるように、

 

私達が皆さんのそばにいます!!!

 

試験本番に笑えるエピソードが欲しいよっていう方は、千葉校の色々な担任助手に話しかけてみてください。

 

かなりユーモア溢れる人ばかりですよ(笑)

 

そんなこんなですごく長くなってしまいましたが、私からお伝えしたいことは、

 

本番で抱く感情とうまく付き合って全力を出してきてほしい」ということです。

 

ただしとはいってもまだあと1か月はありますし、やれるだけのことはやって、

 

本番に臨めるようにしましょう!!

 

明日のブログは・・・

 

江田3

 

 

江田担任助手です!!!

 

彼も非常に面白い担任助手です。

 

どんなブログを書いてくれるのでしょうか!おたのしみに!

 

**********************************

 

感想入力フォームがあります。

 

匿名でもかまいませんので、

ぜひ感想を入力してください!

↓ ↓ ↓

 

 

以下のバナーより資料請求・お問合せができます。

または校舎に直接お問い合わせください。