【自分だけの…】善場紘央 | 東進ハイスクール 千葉校 大学受験の予備校・塾|千葉県

ブログ

2022年 8月 24日 【自分だけの…】善場紘央

皆さんこんにちは!

善場です!

 

夏休みも半分が過ぎ、共通テストも終わりましたね~

手ごたえのほうはどうでしたでしょうか?

結果がどうであれ、前を向いて頑張っていきましょう!!

 

ところで僕の夏の思い出はですねー

サークルですね!!

(もちろん感染対策はしっかりしていましたよ)

夏休みということもあり、

普段の学校生活の頻度で友達と会うことができませんでした。

なので定期的に友達と会えるサークル活動はサイコーです!

また、この夏で3年生は引退になってしまうので、

最後に3年生といい思い出を作ることができてよかったです!

皆さんも大学生になったら

サークルに入って素晴らしい思い出を作ってください!

 

さてさてさーて!

今週のテーマが『単ジャン』ということで、

鈴木担任助手と小塚担任助手が

単ジャンの使い方

解くことの重要性について

説明してくれました!

ということで僕のほうからは

実際にやっていた復習方法

科目ごとに説明していきたいと思います!

自分は文系なので文系科目しか説明できませんが、

根底にあるものは同じなので理系の方も参考にしてみてください。

 

まず英語について。

もう一度読み直してみることはもちろん、自分がやっていたことはずばり

“自分だけの単語帳を作ること“

です!

なんだそれ?と思うかもしれませんが、文字通り自分のための単語帳を作るということです。

昨日の小塚担任助手も言っていたように、

単ジャンではいろいろな大学の問題が出てきます。

そしてそこでは、見たことのない、または単語帳には出てこない単語に出会えます。

おそらくその単語の意味は知らないことでしょう。

それを小さいノートに書いて、何度も見返すことで吸収してしまうのです!

ね!まさに自分だけの単語帳でしょ!

そのノートを、休憩時間やちょっと時間がある時に読むことで、

単語力がつきます!

つまり他の受験生にアドバンテージを取ることができるんです!

(ちなみにこれは明日のブロガーである柳澤担任助手もやっていました)

実際に見たい方は言ってください!

 

次に社会科目について。

受験生の方々がよくやっているのは、間違えた単語をその場で覚える。

これ、よくないです。

ただ覚えるだけではいけません。

その時だけ覚えて、後になって忘れてしまうのがオチでしょう。

そしてまた同じ問題で間違える。

なんかもったいなくないですか?

せっかく自分の弱点に出会ったのにそのまま放置しておくなんて

そんなの逃げてるだけですよ!

それをどこかに書き留めておいて、それを後で見返す、

たったそれだけで苦手が克服できるのです!

なんとなく僕がやっていたことがわかりましたか?

ということで自分がやっていたことは…ずばり

“自分だけの1問1答を作ること”

です!

少し英語の復習方法と似ていますが、若干違います!

これは、ただその単語とその意味を書くのではなく、

まずその単語についての問題文を自分なりに書いてみる。

そして自分が間違えたところを赤字で書いて、

赤シートで隠しながら勉強する。

まさに1問1答でしょ!

そうなんです、これが“自分だけの1問1答”なのです。

これがあれば二度と同じ問題で間違えることはありません。

(これは自分が担当していた生徒にもやらせていました)

しかし英語と同じく、何度も何度も見返すことで実力になるので

時間がある時には絶対に見てくださいね!

必ず力になります!

今日はこれまで!

では!

 

明日のブロガーは…

柳澤2

柳澤担任助手です!

彼は僕の担当でした!

早稲田大学に完全勝利した彼はどのように使っていたのでしょう!

(僕への日ごろの感謝を述べてもらっても構いません)

お楽しみに!!

**********************************************************

感想入力フォームがあります。

匿名でもかまいませんので、

ぜひ感想を入力してください!

↓ ↓ ↓

 

理系の下のバナーより資料請求・お問合せができます。

または校舎に直接お問い合わせください。