【音読の極意】松﨑広奈 | 東進ハイスクール千葉校|千葉県

ブログ

2019年 9月 8日 【音読の極意】松﨑広奈

こんにちは!

夏休みが長すぎてだらだらしてしまっている松﨑です。

この前、TOEFLのテストを受けてきました。

ギリギリに申し込んだので、会場が静岡県になってしまい、

新幹線に乗ってプチ旅行状態で受験をしてきました。

私の通っている明治大学国際日本学部では、

英語の授業のクラス分けや、留学にTOEFLの点数が

大きく関わってくるので、とても緊張しましたが、

それなりに満足のいく結果となりました!

高1・2の皆さんは特に、

これから検定試験を受験する機会が多くなると思います。

入試に使える検定は、早めに申し込んで、

沢山受験をして下さい!

 

さてさて、昨日までのブログは

国語の勉強方法についてでしたが、

今日からは

英語の勉強方法についてお話したいと思います。

私は、第一志望校が

東京外国語大学

という英語がとても重視される大学だったので、

英語の勉強には特に力を入れていました。

英語を勉強する上で、

大切にするべきことはやはり、

音読

であると思います。

安河内先生や今井先生を始め、

多くの東進の先生は音読を激推ししていますよね。

音読をすることにより、

・英語を英語のまま理解できる

・長期記憶として定着する

・リスニング力が向上する

など、様々なメリットがあるんです。

音読をすることに

越したことはありません!

実際、

私は高校2年生の夏休み、

高速基礎マスター毎日1000単語、

音読を毎日行うことによって

2ヵ月でセンター模試点数を

90点から160点に上げることが出来ました。

なので、身を持って音読は大切だ

と言うことが出来ます。

そして、音読をする上で大切な事は、

感情を入れて音読することです。

強い感情を伴って入れた記憶は、

強く定着すると言われています。

特に、会話文や自伝など、

感情の入りやすい文章は

登場人物になりきり、

イントネーションや発音、抑揚に

気をつけて読むことをお勧めします!

そうすることで、記憶が定着するだけでなく

英語のスピーキングの能力や

聞き取りにくいリスニングも聞こえるようになり

受験だけではなく

本物の英語

として身につくので、

ぜひやってみてください!

 

明日のブロガーは

鶴田担任助手です!

お楽しみに〜

 

********************

下のバナーより資料請求・お問合せができます。

または校舎に直接お問い合わせください。(0120-104-564)