【80%】大河原優希 | 東進ハイスクール千葉校|千葉県

ブログ

2020年 1月 24日 【80%】大河原優希

どうも。大河原です。

私って千葉校の番長なんですかね?

千葉校の主は藤木さんという話はよく聞くのですが、、

初耳ですね。

 

さてさて、今日は、

『二次・私大への切り替え方』

『センター同日体験受験を終えて』

という二本立てでお話ししていきたいと思います。

 

まず、『二次・私大への切り替え方』についてです。

これまでのブログを読んでみると、いろいろな担任助手の方々が

この話についてアドバイスをしてくれています。

是非参考にしてみてください。

 

私はこれまでの人とは少し違う視点から、

この切り替え方についてお話ししたいと思います。

それは、「試験では最大で自分の力の80%しかでない」という

仮定のもと学習を進めていくことです。

これは以前卒業した担任助手の方が、

私が受験生のときにアドバイスしてくださいました。

 

受験生はこれから多くの入試に挑みますね。

多くの受験生にとってその皮切りとなるセンター試験を受験して

感じた人もいると思いますが、

プレッシャー・緊張・不安な思いを抱えて挑む試験では

自分の力を100%発揮することは難しいです。

試験本番では今まで予想しなかった不測の事態に

遭遇することもあります。

そういったことも考慮した上で、

自分の持っている力の8割で合格できるように

これからの学習を進めてください。

現時点での100パーセントの力では合格最低点に届かない

という人もいると思います。

そういう人は、この時期にどれだけ頑張れるかに

自分の人生がかかっていると思って

たくさん努力してください!

そうすれば、

センター試験の結果に一喜一憂している場合ではなくなります。

たぶん、嫌でも気持ちを切り替えざるをえません。(笑)

 

その際、“戦略”を立てることを忘れずに。

自分が入試問題のどこの大問で点数を取る必要があって、

どこの大問はどこまで解けなくても良いのかという

緻密な戦略を立てることも重要です。

自分の80%の力で試験問題を100%解ける人は

そんなことしなくてもいいと思いますが、

なかなかそういう訳にはいかないので!!

自分の得意・不得意を把握し、自分の8割の力で

必ず得点できるところを見極めてください!

 

そして、『センター同日体験受験を終えて』ですね。

短くはなってしまいますが、お話しします。

せっかく受験した共通テスト一年前の模試です。

自分の弱点を把握し、今後の学習に大いに役立てましょう!

私は、自分が高校2年生の時のセンター試験同日模試を

全く活用せず、部活にばかり打ち込んでいました。

みなさんは「東進ハイスクール」という予備校に入り、

入試に向けてのスタートをすでに切っていることを自覚し、

ライバルたちと差をつけることを意識してみてください!

せっかく予備校に入っているのに、勉強しないのは

もったいないです!!!!!

この模試を区切りに、気持ちを新たに頑張りましょう!

 

それでは、明日のブロガーは〜?

最近よく見かける、鈴木担任助手です〜!!!

あんまり知られていないようですが、実は私の担当でした(笑)

お楽しみに〜〜

******************

下のバナーより資料請求・お問合せができます。

または校舎に直接お問い合わせください。

(0120-104-564)