経済学部は世界を救う! 鈴木 | 東進ハイスクール千葉校|千葉県

ブログ

2016年 8月 17日 経済学部は世界を救う! 鈴木

 

こんにちは!

どうも!

千葉校の犬こと、鈴木です!

愛くるしいだなんて、三田ちゃんすごくいいこと言ってくれてますね!笑

 

 

暑い夏といえば、やっぱ甲子園ですよね!!!

みなさん先日の東邦vs八戸学院光星の試合見ましたか?

東邦高校がとんでもない逆転劇を演じましたね!!

見ていてめちゃくちゃトリハダ立ちました!!

 

見ていて思ったですが、東邦高校の選手たちには1つ共通していることがありました。

 

それは笑顔です。

口では「諦めるな!!」と言っても、

「正直無理なんじゃないか。」と思う人いると思います。

 

でも、東邦高校の選手たちは

最後まで本当に諦めていませんでした。

 

がけっぷちに立たされても彼らは

笑顔でキラキラした目をして戦っていました。

 

TV越しに見ていた僕でもそれがわかったので

本当に諦めていなかったんだと思います。

 

 

勉強にも同じことが言えると思います。

 

受験生も、勉強の仕方がわからなくて困っていたりする1.2年生も、

最後の最後まで諦めない姿勢は本当に大切です。

 

「キラキラした目」←これ超重要です!!!

 

 

youtubeでもなんでもいいので、

ぜひ東邦vs八戸学院光星の試合(9回の東邦の攻撃のみで可)

を見てほしいです!

 

必ず勇気をもらえるはずです!!!

 

 

 結構熱く語ってしまいましたが、そろそろ本題の方に移りたいと思います。

 

○○学部は世界を救うシリーズ!!

 

これまで多くの担任助手がいろんなことを語ってくれましたね!

 

今回は僕が通う経済学部についてお話しようと思います!!

 

すでに何名かの担任助手が経済学部について

話してくれていますが、実に多くの大学に

経済系の学部は入っていますね!

 

それぐらい経済系の学部は志望者数も多いわけです!

 

 ではでは、「経済学部は世界を救う!」についてですが、

今日は実際に僕が勉強していることを

1つ紹介してみようと思います!

 

それは簿記です!

 

 

簿記がどういうものか皆さん知っていますか?

 

簿記とは、ある経済主体経済取引により

もたらされる資産・負債・純資産の増減を管理し、

併せて一定期間内の収益及び費用を記録することです。

 

もっと簡単にまとめると、

「お金やものの出入りを記録するための方法」が簿記です。

 

簿記は公認会計士などになるためには

なくてはならない資格の1つです!

 

公認会計士は、企業に雇われ、

その企業の財務を担当することになります。

(他にもあると思います)

 

いわば、企業のお金を管理するわけです。

 

みなさん、この仕事がどれだけ重要か想像つきますよね?

 

会社にお金を管理する人がいなければ

その会社は破綻に追い込まれてしまいます。

 

その会社が大きければ大きいほど

周りに与える影響も大きいわけです。

 

そう考えてみると、

経済学部は世界を救っているというか、

むしろなくてはならない存在なのです。

 

経済学部が世界を救うというより、

公認会計士が世界を救うみたいになっていますが、

会計系の仕事に努めるには経済学の知識は必須です。

 

その意味では、経済学部は世界を救っています!

 

 長々と話してきましたが、経済学に興味がある人は

ぜひ僕や経済学部に通っている他の担任助手に話を聞いてみてください!

 

 

 さてさて、明日のEditorは

いっつも絵ばっか描いている

おもしろいと言えばこの人!

 

 

 

 

このショットどういう状況なんでしょうね(笑)

 

お楽しみに!

 

 

 

******************************

 

お申込みは各種画像をクリック!

または校舎に直接お問い合わせください。(0120-104-564)

 

 

 

↓↓校舎の様子はコチラからも↓↓

校舎の様子