【得点に直結させよう】 鈴木健悟 | 東進ハイスクール千葉校|千葉県

ブログ

2019年 8月 22日 【得点に直結させよう】 鈴木健悟

みなさんこんにちは!

鈴木です!

 

昨日の松戸担任助手のブログにありましたが

昔の自分の写真は

あまり見られたくないので見ないでください(笑)

 

 

毎年あまり思わないのですが

今年ばかりは

「日焼けしたくないいいい」

って本気で思ってしまいました。

 

その一心で部活の時も長袖のアンダーシャツを着て

暑いのを我慢しながら野球をやっています。

 

いやー、きつい。

 

しかも首周りと顔だけ異様に黒くなっていくんですよね。

 

どうにかなりませんかねこれ。

 

あ、日焼け止めはすぐに

汗で流れてしまうので塗ってません。

 

何かいい日焼け対策を知っている人がいたら

是非教えてください!!

 

 

 

さてさて本題ですが、

今回のテーマは

『センター模試前にやること』

ですね。

 

これまで何名かの担任助手が

模試前にやることを紹介してくれましたが

センター模試まであと3日しかないので

僕からは

『直前にやるべきこと』

を紹介しようと思います。

 

以前に畑担任助手が言っていたように

模試の直前に新しい知識を入れる

ということはナンセンスです。

 

もちろん知識を入れちゃダメとか

そういう話ではなく、

あくまで模試で高得点を取るためには

これまでやってきた範囲を徹底的に復習する

方が無難ということです。

 

知識は定着するまでに時間がかかり

曖昧な知識では問題は解けないどころか

既に定着していた知識と混同し

逆に混乱を招く恐れがあります。

 

そのため、模試前は

新しい知識を入れる

のではなく

これまでやってきたことの総復習

をするようにしましょう。

 

そして、僕が最も伝えたいのが

得点に直接繋げるための復習の仕方

です。

 

一番良いのは

単語や文法などの知識レベル問題の確認

です。

 

単語などの確認は模試の際に最も効力を発揮します。

 

単語や文法などの知識を使って解く問題は

「知っているか」「しらないか」の話なので

知っている部分を増やすことは得点に直結します。

 

具体的に挙げるならば

センター英語大問1の発音・アクセント

大問2の文法問題は、復習をすることで

最後の最後まで得点が伸びる可能性が高いです。

 

特に発音・アクセントなんかは

模試前などにしか復習する機会がないと思うので

時間を作って復習することはとても大切です。

 

 

各科目の知識があれば解ける問題は

確実に得点できるように

しっかりと復習するようにしましょう!

 

みんなが8月模試で良い成績を取ることを期待して

千葉校で待ってます!!

 

 

頑張りましょう!!!

 

 

 

明日のブロガーは

一昨日ちょっとやらかしてしまった

浅野担任助手です!

 

お楽しみに~

 

 

***************