【プラスにしてこいや】 大塚稔生 | 東進ハイスクール 千葉校 大学受験の予備校・塾|千葉県 東進ハイスクール千葉校|千葉県

ブログ

2021年 12月 4日 【プラスにしてこいや】 大塚稔生

こんにちは!

ワタケンからの

パスはなかったですね、、、(笑)

地味にさみしい大塚です(笑)

気を取り直して

本日は

「最後の共通テスト模試」

に向けてのお話をしようと思います。

模試が多いことは

東進の強みでもありますね?

皆さん、模試が面倒くさいとか

まさか、、、

まさか、、、、、、

思っていませんよね?💦

今日のお話内容は

■模試はあなたの

点数の取り方の

指標になる

■模試はあなたから

何も奪わない

この2点です!

先ず1つ目の内容に入りましょう。

皆さんは、模試にむけて

目標というものを

立てますか?

立てましょう!

1週間前でも2週間前でも

余裕があるほどいいと思います。

それは目標点を決めることが

皆さんの勉強方法の確立に

関わるからです。

模試やテストが近づくと

やることの多さに

結局どう過ごしていいか

わからなくなる人はいませんか?

僕の周りの友達でも

案外そのような人はいました。

特に本番の受験前は

みんな不安を感じて

集中力が低下するものです。

その中で自信をもって

勉強を続けられるかどうかは

自分が

このやり方なら結果を出せる!

という方法を

知っているかどうかです。

取りたい点数のために

どういう勉強をするのか、

そしてやった結果

どうだったのか。

この繰り返しをすることで

自分の勉強方法というものは

確立していけます。

行き当たりばったりの勉強

ではなく

毎回の模試で積み重ねた

自分にとっての

成功の勉強方法だからこそ

実際の受験前の

過ごし方も自信を

持って考えられるものです。

そしてそのやり方は

どこで蓄積していくか

もうお分かりですね。

模試のたびに

■目標点を決める

■勉強方法を決める

■点数によって勉強方法の

フィードバックをもらう

■自分で分析する

このサイクルの蓄積で

自分の勉強方法、

さらには点数のあげ方

というものを理解することができます。

受験生はラストチャンス。

低学年の子はこの機会を

一回でも逃さないように!

大事に

前もって考えながら

模試を受けてきましょう!

模試は当日よりも

前にはじまっています

点数や、

自分の苦手分野

の把握

だけにとどまらず

自分の勉強方法を

確立してくれるものとして

模試をとらえることを

お勧めします。

2つ目です。

模試を受けて

すごく落ち込んでいる人を

よく見ることがあります。

その人に僕は

この言葉を送りたい。

何も奪われてはないんだ!

わかりますでしょうか?

模試前日のあなたと

模試後のあなた

変わったことは何ですか?

点数をつけられたことだけなのです。

ただただ現時点での

自分の実力を突き付けられた

だけであって、

模試で点数が取れなくて

あなたは今まで頑張って

覚えた何かを忘れましたか?

状況は何も変わりませんね?

模試で点数をとれなくとも

何か奪われるわけではありません。

しいて言うなら

自分がまだ頑張らなきゃ

いけなくて、

今までのやり方じゃ

目標を達成できない

かもしれない

ということを

知らせてくれて

自分にとっては

プラスなぐらいです

これぐらい前向きに捉えましょう。

昨日ワタケンが言ってました。

無知の知」だと。

本当にそうだと思います。

模試の点数が合否にかかわるなら、

模試で点数低いと

覚えたことを奪われるなら

へこむのもわかりますが

全くそういうわけではありませんね!

今の自分と向き合うために

結果は恐れず

後悔のないように、

最後の共通テスト模試を

受けてきてください!

模試を受けてマイナスは

一つもないのです

僕のこのお話が

皆さんの参考に少しでも

なることを

願っています

進級後の低学年の皆さん、

受験までもう少しの

受験生の皆さん、

見守っていますよ。

頑張れ~

明日のブログは鶴田さんです!

この先輩は

かわいい様相で

実はかなりの

パッション

お持ちになられています。

僕に近づいて

ちょっと熱い日は

多分鶴田さんと

話した日ですね(笑)

パッションもらっています。

お楽しみに!

 

**********

 

下のバナーより資料請求・お問合せができます。

または校舎に直接お問い合わせください。