【全力を注げるラストチャンス】 金井花桜里 | 東進ハイスクール千葉校|千葉県

ブログ

2020年 8月 18日 【全力を注げるラストチャンス】 金井花桜里

 

こんにちは!

『弱虫ペダル』の実写版の映画が素敵すぎて

あと何回観に行こうか考えている金井です!

好きな人が出るからという理由で

観に行きましたが

(原作ファンの方ごめんなさい)

大号泣でした。

素敵すぎました。

 

ネタバレしてしまいそうなので

雑談はここまでにして本題に入りましょう!

昨日に引き続きテーマは

『共通テスト本番レベル模試に向けて』

です!

 

突然ではありますが、

皆さんはこの8月の模試をどのように捉えていますか?

いつもの模試と捉えている人

受験本番に向けた練習と捉えている人

色々いると思います。

私自身この8月模試を

『受験前ラストの本気で取り組める模試』

と捉えていました。

どういうことかというと

共通テスト(当時のセンター試験)に向けて

全力で対策ができるのは受験本番前を除いて

夏休みだけであるということです。

10月の模試の前は、

国公立志望の人は二次試験の過去問

私立志望の人は第一志望の過去問

に本気で取り組んでいる時期であるし

12月のラストの模試前は

併願校となる私大の過去問

に本気で取り組んでいる時期であると思います。

実際に自分もそうでしたが、

センター試験だけの勉強だけにシフトしたのは

冬休みに入ってからでした。

このように考えると

共通テスト対策に全力を注ぐことができるのは

夏休みがラストチャンスであり

8月の模試が全力を注げることができる

受験前の最後の共通テスト本番レベル模試

となると思います。

しかし、

プレッシャーを感じすぎないでほしいです。

そのような意識を持って

本気で取り組んでほしい!

ということです。

この夏休みを本気で頑張っている人ほど

プレッシャーを感じていると思います。

ですが、プレッシャーは努力の成果です。

だからこそ、そのプレッシャーを

自信に変えてほしいと思います!

自分は頑張ってきたんだ

と自信を持ってください!

自信を持てないとか

失敗したらどうしようとか

思っている人がいるかもしれません。

しかし、模試では

失敗を恐れないでください。

ここで失敗したからといって

人生が終わるわけでも

受験に落ちるわけでもありません!

強い気持ちがあれば、

どんな逆境でも跳ね返せます。

だから

失敗を恐れず、自分を信じて、全力で

頑張ってください!!

 

いろんな担任助手にいいことを書かれすぎて

よくわからない矛盾した内容になってしまいました。

許してください!

 

明日のブログは…

 

岩田担任助手です!

私が東進にいる日にいることが多くて

1週間会ってないと久しぶりに感じます(笑)

どんな夏休みを過ごしていたのか気になりますね!

明日のブログもお楽しみに!

 

**************

下のバナーより資料請求・お問合せができます。

または校舎に直接お問い合わせください。

0120-104-564