【志望校別単元ジャンル演習について】 横山陽人 | 東進ハイスクール 千葉校 大学受験の予備校・塾|千葉県 東進ハイスクール千葉校|千葉県

ブログ

2021年 9月 15日 【志望校別単元ジャンル演習について】 横山陽人

こんにちは!

ご紹介に預かりました横山陽人です。

沖田さんに似ているとは周りの担任助手や生徒からもよく言われたりするのですが、本当に全然嫌じゃ無いです!!むしろ嬉しいまである。

今後は雰囲気だけでなく、他の部分も沖田さんのようになれるように努力していきます!

さてさて、今回のブログのテーマは「志望校別単元ジャンル演習」ということなのですが…

前回沖田さんがおっしゃった通り、皆さんが沢山の素晴らしいお言葉を話してくださったおかげで話すことがないんですよね…(汗)

先に仰っておられるのですが、志望校別単元ジャンル演習は「効率的な苦手分野潰し」です。

なので、志望校別単元ジャンル演習には時間がかかって当然だし、初めのうちはできない問題がほとんどで当然です。苦手分野だけを集めた自分だけの問題集なのですから。

その苦手な分野をできるようになることこそが志望校別単元ジャンル演習の意義であり、それによって最終的に本番の点数を上げることが目標です。

そのためには、必勝必達セットを終わらせることが多くの人の当面の目標になることと思います。

先述の通り、必勝必達セットを終わらせるには膨大な時間と強靭な精神力
を要します。今まではそのための大量の過去問演習をしてきたのです。

ですが、過去問演習を進めた皆さんならきっときっと志望校別単元ジャンル演習の必勝必達セットを終わらせることができると信じています。

かく言う僕は、膨大な時間がかかりその上できない問題ばかりの志望校別単元ジャンル演習に心が折れかけて辞めかけてしまいました。

そこで当時僕の担当の担任助手だった用担任助手に相談しました。

その当時僕が志望校別単元ジャンル演習をやりたくなかった一番の理由は国語の存在でした。

僕はゴリゴリの理系だったので、国語が不必要に感じていました。(共通テストレベルすらできていなかったから上に出てきたのですが…)

そこで用担任助手がおっしゃったのは国語はやらずに理系科目と二次試験で使う英語の中心的な学習です。

皆さんは自分のようにならず、しっかりと必勝必達セットを全て終わらせて欲しいと思います。しかし、何かしらの事情があってできない生徒などは、やるものを絞ることが肝要だと思います。

 

志望校別単元ジャンル演習の最後の担当がこんな感じで申し訳ありませんが、次回からのテーマは…「併願校について」です!

最初の担当は、飯塚担任助手です!

トップバッターとしてよろしくお願いします!

 

**********

下のバナーより資料請求・お問合せができます。

または校舎に直接お問い合わせください。