【過去問は必ず10年分】宮原太一 | 東進ハイスクール 千葉校 大学受験の予備校・塾|千葉県

ブログ

2022年 5月 28日 【過去問は必ず10年分】宮原太一

こんにちは!

最近サウナで整いまくっていると紹介ありましたが

まさにその通りです!

 

そのおかげで最近は自己肯定感が爆上がりです🔥

みなさんも自分が嫌いなことをやり遂げたら

自己肯定感が上がっていくと思います!

 

そういった視点でいろいろなことに挑戦していくと

色々と自分の流れが良くなってきますよ!

 

 

さて、本題に入りますが

今回のテーマも共通テスト過去問演習講座です

なぜ今やるのか

復習の仕方

計画の立て方

色々なことをたくさんの人が説明してくれました!

まだ読んでない人も読んでみてください!

 

そして自分からは

なぜ10年分もやる必要があるのか

これについて説明したいと思います!

 

まずは当たり前の理由として

共通テストを完璧にするためです。

共通テストをできるようになるために

最も効果的なのが共通テストの演習です!

特に数学とか英語は共通テストらしい問題も

多いと思うので10年分の演習でそれに慣れていきましょう!

 

実際のデータとして

10年分やった人は6~9年とかで止まっている人と比べて

平均で15点ぐらいの差が生まれています!

最後までやり切るというのは本当に大切なことですね!

 

2つ目の理由は志望校別単元ジャンル演習です

HRなどでも何回も説明しているのでわかったよって

思っている生徒も多いと思いますが

このコンテンツをどれだけ使いこなせるかに

東進の受験勉強はかかっています!

 

このコンテンツはAIが皆さんの過去問の点数や

過去問の傾向、模試の成績など

全てを分析して、実際の入試問題から

自分だけの学習プログラムを提供してくれます!

実際にこれを全てやり遂げた生徒の第一志望校合格率は

6~7割

さらに第一志望校対策演習などもやれば

8割まで

合格率を上げることが出来ます!

これを聞けば皆さんもこれをやらざるを得ないと

感じると思います!

 

志望校別単元ジャンル演習を最大限活用するには

確実にデータが必要で

軸となるデータが

今皆さんが取り組んでいる

過去問演習のデータです!

 

このデータが多ければ多いほど

精度の高い分析をAIがしてくれて

より質の高い演習プログラムを

行うことが出来ます!

 

10年分のデータをしっかり集めて

志望校別単元ジャンル演習を

始めていくことを目標に頑張りましょう!

 

 

すごく長々と10年分ということをキーワードに

書いてきましたが、しっかり理解できましたでしょうか!

やることが多くて大変だと思いますが

そんな経験をするのも大学受験の良いことです。

みんなで困難を乗り越えていきましょう!!

明日のブログは小塚さんです!

東進4年目なので

すごく深いブログを書いてくれると思うので

皆さん必ず読みましょう!!

********************************************

感想入力フォームがあります。

匿名でもかまいませんので、

ぜひ感想を入力してください!

↓ ↓ ↓

下のバナーより資料請求・お問合せができます。

または校舎に直接お問い合わせください。