6月 | 2019 | 東進ハイスクール千葉校|千葉県

ブログ 2019年06月の記事一覧

2019年 6月 30日 【夏休み勉強】松﨑広奈

こんにちは!

文化祭が近い高校が多いですね~

青春いいなぁと思いながら

グループミーティングで文化祭準備の話を聞いています

東高校の文化祭、

少しだけ顔を出すので

もし見かけたら声をかけて下さい!

 

さてさて、

今回は、今年の夏休み、

皆さんに絶対に実行してほしいことを

2つお話しします。

 

まず1つ目が、

各担任助手から口酸っぱく

言われていることではあると思いますが、

朝登校

です。

 

朝登校を勧める1つ目の理由は、

単純に勉強時間の確保です

 

毎日きちんと8時半に朝登校をして

東進で閉館まで勉強している人と、

さぼってしまい、

9時半に登校して

勉強をする人とでは

1日1時間、

夏休みを通して

約30時間の差がついてしまう

という事です。

 

30時間あれば、

センター過去問、

2週以上はできますよね?

今は小さな差に見えるかもしれませんが、

後々、この差は大きな

アドバンテージ、

もしくはダメージになります。

 

そして、

朝登校を勧める

もう1つの大きな理由は、

朝に慣れてほしい

という事です。

 

これから皆さんは、

入試は朝早くから始まる

と言われる事が

増えると思いますが、

本当にそうなんです。

 

入試は、朝が勝負です。

その為、

早起きしても

入試の時間に

最大限の力を出せるよう、

脳をセットしておく

必要があります。

 

これは科学的に言われている事ですが、

人間の脳は

何かを習慣付けできるようになるまで

最低でも

2ヶ月は有するそうです。

 

つまり、

時間のゆとりが比較的ある

夏休みの今、

早起きをして脳を活性化させることに

慣れておかなければ

入試本番で

最大限の力が

出しにくくなってしまいます。

 

この夏休み、

朝登校をしっかりして

入試にむけて

力をつけましょう

 

そして次に実行してほしいことが、

8月模試で絶対に取りたい点数の目標をしっかり決める

ということです。

 

8月模試でB判定を取った人の中で

約75%以上の人が

合格している

と皆さん言われていると

思いますが、

B判定って

具体的に何点取れば

良いのか把握しているでしょうか?

 

把握していない人は

模試の帳票を見て

各教科何点づつあげればよいか

計算してみて下さい!

そして、その点数に沿って

具体的に夏休みやることを

決めてほしいです。

 

私は去年の夏休み、

このことを行わずに

勉強をしていました。

 

結果、

夏休みが終わりに近づくにつれ、

自分が何を勉強すればよいのか

どうしたらB判定以上が取れるのか

分からなくなってしまい、

苦手教科である数学ばかり勉強して

得意教科である英語の点数を

伸ばしきることが出来ませんでした。

 

私は国際系の学部に行きたかったので

配点も高く、比率も高い、

そして判定に大きく影響する

英語をもっと伸ばすべきであったと

夏休みが終わった後

とても後悔しました。

 

生徒の皆さんには

絶対そのような思いをしてほしくないので

しっかり自分が何を勉強するべきか

きちんと考えてほしいと

思います。

 

最後にまとめると

この夏休み、

朝登校と

8月模試の点数に拘る

夏にしてください

 

 

明日のブログは

東大生の夏休み、気になりますよね!

谷口担任助手です!

 

****************

*200以上ある講座からえらべます*

 

 

 

 

 

2019年 6月 29日 【夏休みにやること】鶴田佑介

 

皆さんこんにちは!!

担任助手の鶴田です!

自分が今楽しみにしているのは、

7/6と7/7の、母校である千葉東高校の東雲祭です!

自分も去年の今頃は頑張って練習していたのを思い出します!

千葉校の東高生や部活の後輩の活躍を自分も見たいと思うので

時間があれば是非行ってみてほしいです!

さて、今回のブログテーマは

夏休みの勉強の仕方についてです!

自分は去年の夏休みはというと、、、

まだまだ部活をやっていました!

部活生は、部活の後の学習は大変だと思います

そんな中でも自分が夏休みに絶対やると決めていたのは、

センターの過去問を10年分は終わらせる事

でした!

去年の年間の予定では、

夏休みまでに通期講座を終わらせ、

夏休みにはセンター過去問を10年分終わらせ、

秋からは二次・私大対策の過去問を解き、

それと並行して単元・ジャンル別演習を行う

ということになっていました

いくら部活が大変でも、

その予定通りに進められなかったら終わりだと思っていたので、

部活が終わった後は必ず閉館まで塾にいて、

ひたすらにセンター演習を行い、予定通りに進めました。

しかし、それでも秋以降には時間が足りないと感じました。

特に単元・ジャンル演習を行う時間です。

単元・ジャンル演習は、

受講の記録や過去問の演習の記録からAIが苦手な部分を判断してくれて、

そこに重点を置いて演習を行えるというものです。

その効果を十分に発揮するためには、

スタートの前までに多くの演習を行なっていることが必須です。

演習を早期に始め、十分に行わないと

どうしても単元・ジャンル演習のスタートが遅くなってしまい、

十分に活用できなくなってしまいます

だから、自分がオススメしたいのは

やれるときにどんどん予定前倒しでやっちゃうこと

です。

予定通りに進めていても復習等に時間がかかったりすると予定から遅れてしまいます。

これは、自分が実際に経験したことです。

この夏休みのまとまった時間がとれる期間には、

演習に時間をかけ、演習で解けなかったところは立ち戻って復習する

というのがオススメです!

夏休みに頑張ったことは

受験直前の辛い時期のための貯金です!

例年通りの予定で勉強したり、

周りのペースに合わせて勉強したりするのではなく、

常に周りよりも先手を取る意識で、

夏休みの時間を無駄にしないように頑張りましょう!

明日のブログは

松崎担任助手です!!

お楽しみに!

 

****************

*200以上ある講座からえらべます*

 

 

 

2019年 6月 28日 【計画を緻密に】稲田帆

こんにちは! 稲田です。

もうすぐ実験の発表と期末試験が

始まるので辛いです。

 

僕がテスト勉強をしている中、

家族がアメリカに10日間旅行に行ってしまうんです!

置いてかれてしまうんです!酷くないですか?

しかも、キャンピングカーで旅するらしいのでめちゃめちゃ楽しそう(笑)

 

みなさんには関係ないと思いますが、

僕も夏休みになったら海外旅行をしようと考えています!

お土産が欲しい!という方は声をかけてください。

 

高校生のみなさんはもうすぐ夏休みですね!

 

夏を制すものは受験を制す

とよく言われていますが

本当にその通りだと思います!

 

なぜだと思いますか?

 

僕は、勉強で一番時間を

かけなければいけないところは

 

基礎・基本を固める

 

ことだと思います!

現役生が一番勉強量を増やせるのは夏休みです。

ですので、夏休みに基礎・基本の徹底ができなければ

他の受験生にどんどん遅れを取ることになるのです。

 

具体的には

センター、大問別演習、苦手分野の克服の3つです。

プラスで僕が重要だと思うのは通期講座の復習です!

 

この4つを秋以降に持ち越すと

自分の志望校の赤本を解く時間がなくなり

合格が遠ざかってしまいます。

ですので、夏休み中に上記に述べた4つを

完璧にこなす必要があります!

 

しかし、長期間の夏休みに

ダラダラと勉強をしていても

先ほど挙げた4つを終わらせることはできないと思います。

ですので、

しっかりと計画通りに勉強することが重要になります!

 

みなさんグルミで週間予定シートを書いていると思いますが

ただただ残っている受講を適当に

書いている人が多いと思います!

ですが受講はただ受けるだけでは

意味がありません。

しっかりと復習をして初めて身につきます。

ですので、週間予定シートを書くときには

いつ受講をするのかはもちろん、

いつ復習をするのかまで書かなければ意味がありません!

 

もちろんそれをこなせなくても意味がありません。

 

計画は必ず達成しなければ意味がありません。

 

僕が去年担当していた生徒はこの時期に

ハイレベル物理やハイレベル化学、受験数難関など

重い受講ばかりが100講以上残っていました。

 

ですが自分で受講、復習の予定を細かく手帳に書き込み、

実際にそれをしっかりとやり遂げました。

秋以降も赤本を解く日復習する日を科目別に細かく

入試本番までの計画を立て、

計画通りに全てやり、

その結果第一志望に合格をしました。

 

計画は自分が目標とする点をとるために立てるもの。

ということはそれを達成できない人は

目標点を取れない!

ということです。

目標点を取れない人は

もちろん志望校に合格する

ことは難しいですよね?

ですので

自分が立てた計画は

必ずやり遂げるようにしましょう!

 

明日のブログは

鶴田担任助手です!

 

お楽しみに!!

****************

*200以上ある講座からえらべます*

 

 

 

 

2019年 6月 27日 【let’s 夏】秋葉昂大

皆さんこんにちは!

秋葉です。

最近ラーメン、油そばを食べすぎています。

数えたらなんと6日連続で

食べていました。

やばいですね。

 

早稲田周辺はラーメン、油そば激戦区

なのでおいしい店が多く

ついつい行ってしまうのですが

そろそろ腹の肉が気になりだしたので

控えようと思います。

 

さて前置きが長くなりましたが

本日は夏休みの勉強について

話していこうと思います。

まず受験生ですが

一日10時間以上は最低でも勉強しましょう。

大変だと思うかもしれませんが

それぐらいやらないと本当に間に合いません。

 

一日の中で

大問別や二次試験の演習に加えて

苦手分野や足りない部分のインプットを

各科目やらなければいけないと考えると

10時間でも足りないと感じませんか?

 

また10時間確保するには

昼まで寝ている場合ではありません。

校舎は夏の間朝8時から開いています。

必ず朝登校をしましょう!

 

しっかり勉強時間を確保して

成績を一気にあげましょう。

 

低学年は

夏休みがチャンスです!

夏休みしっかり勉強すれば

自分の志望校のレベルを引き上げることができます!

 

部活や文化祭準備があっても

午前中だけなど

時間をみつけて来ることは

十分可能だと思います!

 

高2生は毎日登校

高1生は週5日登校

を目標に頑張りましょう!

 

また低学年のみなさんに

夏休みの目標にしてほしいことがあります。

それは

8月末受講修了

8月末までに高速マスターを

高2は英文法750まで

高1は英熟語750まで

完全修得することです。

 

これを目標に頑張ってみましょう!

 

最後にみなさんに1つアドバイスです。

夏休みは長い時間校舎にいると思います。

ずっと室内にいると

だんだんと気が滅入ってくることも

あると思います。

 

そんな時は少し休憩して

外を歩いてみましょう!

 

日光を浴びると

それだけで気が晴れてくると思います。

 

少し体を動かすことで

良いリフレッシュになるので

 

疲れてきたらそのようにしてみるのも

いいと思います。

 

とにかく夏はみなさんにとって

とても大事!!!

無駄にしないように頑張りましょう!

 

明日のブログは

稲田担任助手です。

お楽しみに!

 

 

****************

*200以上ある講座からえらべます*

 

 

 

 

 

 

2019年 6月 26日 【大問別がすごかった】 渡辺明彩香

 

 

 

こんにちは!渡辺です。

 

最近、出かけた先のいろんな場所で

自動ドアに認識されなくて困ってます。

大学やコンビニで

閉まりかけの自動ドアに

ぶつかるのがとても恥ずかしいです。

どなたか、ちゃんと自動ドアに

認識される方法教えてください。。。

 

 

さて、今回のテーマは

『夏休みの過ごし方』

『夏休みにやって良かったこと、後悔したこと』

です。

 

結論から言うと、

私が夏休みの勉強で一番時間を割いた

かつ

やってよかったと思うのは、

大問別演習

です。

 

既にほとんどの受験生の皆さんが

取り組んでいると思いますが、

大問別演習というのは、

東進のセンター本番レベル模試の過去問

大問ごと、分野ごとに

ひたすら演習できるものです。

 

これのおかげで、

学校の授業で勉強してきた基礎

今までの受講でストックしてきた知識、考え方

を自分のものにできました。

 

 

ちなみに、

私の夏休みのスケジュールとしては

①7/21~7/31 センター過去問一日一年分

(7月中に10年分1周完了)

 

②8/1~8月中旬 大問別演習でセンター対策

(国語大問1~4、日本史1~6×2、リスニング大問2つ分、英語は分野別に適宜)

 

③8月中旬~

学校の前期期末考査の勉強

(指定校推薦対策)

 

大体このように進めていました。

 

私は夏休みが始まる7/21の前日

7/20まで受講をひたすらしていました。

 

夏休み前までほぼ受講しかしていなかったため

全体的にどの教科も得点が安定していなかった私は、

どの教科を、どの分野をどれくらい強化していったらいいのかも

よくわかりませんでした。

 

だから、

まずはとにかく

センター過去問

を解いてみました。

 

そして、過去問を解いて、強化するべき部分を

ある程度明確にしたうえで

大問別演習に入りました。

 

具体的にいうとこんなことです↓

 

国語→演習不足。漢文は基礎も危うい。

英語→長文はこのまま演習していけばOK。でも大問2が壊滅的。

日本史→全部できない。受講した内容が身についていない。ひたすら演習して出来なかったところを一つ一つ潰すしかない!!

 

本試の過去問をやって

上のようなことを自覚した上で

大問別演習

をしたことで、

何のために演習しているのかを

見失わず取り組めました。

 

大問別演習をするときは、

ただやるのではなく、

目的をもってやりましょう!

 

これは、山田担任助手も

昨日のブログで書いていたと思います。

それほど大事なことです。

毎日毎日勉強していると、

いつのまにか

演習を積むこと自体が

目的になってしまいます。

何のために、それをやるのか?

それをはっきりさせてから、

大問別演習なり、過去問なり

やるようにしましょう。

 

 

 

そしてまだ、

受講が終わっていない人

高マス完修していない人

修判残っている人

演習以前の段階ですよ!

今日も地道に進めましょう!

 

 

 

明日のブロガーは!

 

何を指さしているのでしょうか!?

 

秋葉担任助手です!

おたのしみに!

 

 

 

 

****************

*200以上ある講座からえらべます*